アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティクラウン

ギルティクラウン 20話 「追想:a diary」 感想

集さんが悟りを啓きおったで……。


今回の過去話でこの物語の舞台裏があらかた説明されたわけだが、全く興味のなかったはずの大人たちの過去が結構面白かった。

茎道とクロス、かつては同じ志を持った仲間であり互いに切磋琢磨するライバルだった二人。
しかしダアトの使者により黙示録が迫っていることを聞かされた二人は袂を分かつことになる。

完璧な整備で非人道的な実験までしていた茎道と、さびれた研究室で一人地道に研究を進めていたクロス。
しかし、劣っているはずの環境で真実にたどり着いたのはクロスだった。

歴然とした才能の差を目の当たりにして、茎道は真っ黒な感情に塗りつぶされていく。
醜い嫉妬心をぶつける茎道にクロスが言い放った言葉がいいね。
「周りに人がいると考えが薄まる」
「君の何を妬むんだ」
天才であるがゆえの悪意のない傲慢さ。
持つ者には持たざる者の気持ちは分からない、分かる資格などない。

だからお前たちは、皆平然と……人を踏みつけにできるんだああああああああああ!!

ついに親友の気持ちを理解することが出来なかったクロス。
集の名前に込められた願いから、他人の感情に疎いことを自覚していたことが分かる。だから天才は孤高なのね。



※ここからスーパー苦言タイムです。ご注意を。



一言で言うと、「桜満さんに謝れよ! 謝れ!」ですね。
仲直りするのは既定路線だからそれをどう描くのか期待してたわけだけど、ただひたすら集が寛容なだけにしか見えなかったのが残念だった。
一緒に戦うとまでは言わなくていいけど、谷尋たちが自分で歩み寄っていく必要があった場面だと私には思えたわけですよ。
なんだか「優しい王様」を演出するための小道具みたいな扱いにされている脇役たちになんの感慨も湧かず、ちょっと気持ち悪かったです。

愛も罪も全て分け合ったあのアニメとは真逆の、罪も命も全て背負いこもうとする集が行き着く道には破滅しか待っていない。そんな中で、どんな救済が彼にもたらされるのか、そこだけはきっちり描ききってほしいなあ。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

ギルティクラウン 20 追想:a diary

 集の父親はなんだかんだでリア充?

ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」

4度目の黙示録へ――。  真名がいのりの体を乗っ取るのも時間の問題。 涯は世界に 最終通告をつきつける…。 12月25日、今ある世界は終了し、新たな世界が始まるだろう。  ▼

ギルティクラウン phase20「追想:a diary」

ギルティクラウンの第20話を見ました。 The Everlasting Guilty Crown 【【初回生産限定盤】 【CD Maxi】価格:1,575円(税込、送料別) phase20 追想:a diary 「どうだ?真名」 「窮屈ね。この...

ギルティクラウン第20話あらすじ感想「追...

戦いの根源-----------!!真名の目覚め。いのりの身体を支配するその存在。もうすぐ完全にいのりの身体は真名の支配下に置かれるよう。「そうしたら、楽しいこといっぱいしましょうね...

ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 感想

確執。 色々考えてはみたんですけど、要するにクロスと茎道の仲違いが原因っていうか 単純に言えば嫉妬・・・ですよね。クロスの「君の何を妬むんだ」ってセリフが印象的で 確か

「ギルティクラウン」第20話

“集”と名付けた、理由… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203090000/ ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) ギルテ

ギルティクラウン 第20話 追想:a diary

いのりは既に真名に体を乗っ取られるのは時間の問題。 涯は、34回の物理侵入工作と4万2千回のハッキング工作があった事で、世界に最終通告を突きつけます。 今ある世界は12月25日に ...

ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」

「あの日 俺は運命から逃れようとして  より大きな運命に絡め取られたんだ  そうだろう? 集――…」 クロスと茎道、そして涯の過去が明らかに――! 今ある世界は終わり新たな世界...

ギルティクラウン第20話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/03/post-29b5.html

ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 感想

あらすじ 2039年12月25日。今ある世界は終わり、新たな世界が始まる。 ガイから全世界に向かって宣告される淘汰の時、“四度目の黙示録”。 供奉院家の後ろ盾を受け、戦いの準備が進め...

ギルティクラウン phase20 「追想:a diary」

ブシロード デッキホルダーコレクション Vol.59 ギルティクラウン 『ツグミ』(2012/03/31)ブシロード商品詳細を見る  全ては、茎道修一郎の嫉妬によることが原因だった。 そして今

ギルティクラウン phase 20『追想:a diary』

集がヴォイドゲノムを獲得して王の力を回復、さらに自分のヴォイドを出現させた。涯はそのことを既にわかっており、それよりもいのりんの身に宿った真名に声をかける。 もう少しで

ギルティクラウン GUILTY CROWN 第20話 感想「追想:a diary」

ギルティクラウンですが、涯と桜満集たちの戦いも白熱していきます。 桜満クロス博士の日記により過去が明らかとなります。(以下に続きます)

ギルティクラウン 20話「追想:a diary」

集の名前に込められた意味。 The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)(DVD付)(2012/03/07)EGOIST商品詳細を見る

ギルティクラウン 第20話 『追想:a diary.』 感想

設定についての謎は、ほとんど明らかになりましたね。 あとは、ここからどう解決するかです。 ギルティクラウン 第18話 『追想:a diary.』 のレビュー。

アニメ感想 ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」

「僕らはこのまま別れちゃいけない、そう思うんだ」

ノイタミナ つまみ食い感想

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 何でこうも、2本続けて人間不信に陥るようなアニメを放送するんだ…! まぁ、ギルクラの方は少しずつ...

ギルティクラウン 第20話 「追想 -a Diary-」 感想

「ギルティクラウン」  第20話 「追想 -a Diary-」 の感想記事です。   さぁ、いよいよクライマックスですネー!   今週は予想どおりの、過去の回想回。   タイトルが 「追想...

ギルティクラウン 20 追想:a diary  レビュー

窮屈ね… この子偽物のくせに頑固なんだもの… でももう少しで全部私になるわ。 そうしたら楽しい事いっぱいしましょうね… トリトン 涯がいのりを真名って呼んでいるし… いのりが...

ギルティクラウン 20話

関俊彦と井上和彦の愛憎劇! やだっ、濃ゆい、濃すぎるぅぅ~。 どんだけ科学が進歩し続けようと、 どんだけ技術が進化に近づいても、 結局人を突き動かすのは嫉妬と劣等感なのよ

◎ギルティクラウン第20話「追想:adiary」

*:オウマシュウが王の力を復活。自分のボイドもとりだしました。ガイ:わかっている。マナ:もうすぐこのこは全部わたしになるわ。そしたら楽しいことしましょうね。=船上ヤヒロ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。