アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

偽物語

偽物語 最終話 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

プラチナ面白かった! あれ? これじゃあんま褒めてないみたいだな(笑) 字面は豪華なのに。

さて、やはり生まれつきで自覚なしの怪異そのものだった月火。
そんな彼女に対して阿良々木が出した答は、ですよねーというか、それしかない、というものだった。

問題は、正義を執行しようとする影縫をどう退かせるか、という一点に収束されたわけだ。
やはりというかなんというか、バトルシーンってこの作品においてオマケでしかないよね。結局は舌戦でどうにかするしかないんだし。なんでこの作品のバトルにやたら期待してる人が多いんだろう。後々のシリーズにバトルメインのがあるのかな?

影縫が思ったよりもずっと一本筋が通っててカッコいいキャラ造形だったなぁ。
阿良々木が月火を怪異と知った上でなお、妹として守り通すことを一つの信念として認める。ここまではいい。
しかし、本来月火をどう扱うかの結論は彼一人の問題ではないはずだと影縫は指摘する。

要約すると、お前の勝手なイメージを押し付けるな! ですね、分かります。

対する阿良々木は、家族だから迷惑かけても、押し付けてもいいのだ、と反駁する。

ふむ、一見影縫の方が筋が通っていて、正論に見えるこの対立。
だが、ある観点からすると阿良々木にも正当性があるように思える。

怪異だから悪、阿良々木以外の家族は月火の存在を容認できないかもしれない。
そう、あくまで「かもしれない」である。そこに確信はなく、結局は彼女のそれも「正論」の押し付けではないのだろうか。

一方の阿良々木は、少なくとも火憐に関しては彼女が月火の正体を知っても妹として扱い続けるだろうことを核心している。それが彼の主観でしかないとしても、だ。
月火自身に関しても、決戦前に彼女の部屋を訪ね、「お前は生まれた時から僕と火憐の妹だった」と声をかけることで、予防的に彼女の不安を相殺している。
両親については語りようがないから置いとくとして、少なくとも彼の中では月火が怪異だろうが彼の家族は月火を受け入れるのだ。


影縫の言う通り、これは阿良々木家全体の問題である。しかしだからこそ、家族の事を、少なくとも影縫よりはよく知っている阿良々木の言葉に一定の説得力が宿るのだ。

「家族を知らない他人の客観的な正義」と、「家族を知る者の主観的な偽善」、どちらもそれなりに正当性があり、また弱みもある。

一見影縫に利がありそうな論戦だが、実はわりと拮抗した議論だったんじゃないかな。

影縫が退いた理由は、阿良々木の言葉に忍野や貝木のイマジナリーを思いだし、自分の理屈がそれほど絶対的ではないことに気付いたからではないかな。彼らとの論戦に決着が付いていないのなら、ここで一方的に阿良々木を否定するのは反則行為になるわけだ。
押し付けがましい正義を掲げる影縫だが、ちゃんと義理のなんたるかも分かってる。いいキャラだった。
今後旧知の三人が一堂に会する機会があるのなら是非見てみたいな。


・シリーズ総評のようなもの


ぶっちゃけこのシリーズの味であるキャラとの掛け合いメインの回は何を感想に書けばいいのか分からずかなり困っていたのだけど(苦笑)、さすがに物語のテーマの根幹に関わるエピソードは非常に興味深く、面白かった。

「偽物」の話は、結局は個々の相対的な価値観の話にシフトし、そこで問われるのは信念の強さである。
この考え方は個人的にぼんやり考えてたこととマッチしていて、自分の中でわりと輪郭がくっきりしてきたという印象。

なにが本物で、なにが偽物か、そもそもそんな問い自体がナンセンスなのかもしれない。
人それぞれはあくまで前提で、その上で意見を交わし、妥協点を探っていくことが必要になるのだろう。
まとめおわり。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

お前やっぱり僕の妹だよ 例え偽物でも本物以上に価値のある偽物は確かに存在するんですね。 興がそがれたという二人の言葉通り予想より静かな幕引きとなりました。

偽物語 第11話・最終回 感想「つきひフェニックス 其ノ肆」

偽物語ですが、月火はホトトギスがどうのこうので、不死身で生まれ変わるなど何かと複雑です。 玄関先が大破されているので火憐は驚きますが、阿良々木暦の勉強も心配してくれま

偽物語 第11話 『つきひフェニックス 其ノ肆』

えいっ。軽いノリで月火にチューした暦。蝋燭沢くんとはまだだったらしくファーストキスを奪われたと怒髪天状態の月火。兄弟のキスなんて気にすんなと冗談めかす暦。当然月火は収ま...

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

性悪説の意味。 『つきひフェニックス』編最終回。まぁ、良い終わり方であった。

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

偽物であることが悪だと言うなら――。 月火の正体は しでの鳥という怪異だった。 それと知っても 暦には 月火が妹であることには変わりは無い。 妹のためなら死ねる って言え...

偽物語 第拾壹話 つきひフェニックス 其ノ肆

偽物語 最終話。 つきひフェニックスクライマックス。 以下感想

【総評】 化物語(&偽物語)

 ≪評価には以下の作品も対象に含めます≫    放送開始:2009年07月◆化物語(~12話) ◆化物語 未放送分(第13~15話) ◆偽物語

偽物語 11話(最終回)

すべて世はこともなし。 というわけで、 「偽物語」11話(最終回) 風雲スーパータッグバトルの巻。 偽は、果たして悪たるや? うりょっちのありがたいお説教も、所詮はレトリ...

偽物語(終) 『つきひフェニックス 其ノ肆』

偽物語(終) 『つきひフェニックス 其ノ肆』 ≪あらすじ≫ 阿良々木月火。彼女の正体は怪異“しでの鳥”。ホトトギスの怪異で、現実にいるホトトギスが托卵と言う別の鳥の卵と

偽物語:11話感想&総括

偽物語の感想です。 本物と偽物の価値とは。

偽物語 第十一話 「つきひフェニックス 其ノ肆」

 限りなく本物に近い偽者と本物はどちらが価値があるのか。

アニメ感想 偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

「好感度なんかいらねぇよ、僕は最低の人間でいい」

偽物語~第十一話 「つきひフェニックス其...

 2人の中学生姉妹、阿良々木火憐と月火による冒険と、それを救う兄阿良々木暦の物語、第11話、最終回?忍「しでのどり、つまりはホトトギスの怪異、じゃな。目には青葉山ほとと...

偽物語 第11話 つきひフェニックス 其ノ肆

月火の正体はしでの鳥という怪異。 ホトトギスの生態の托卵のように、人間の母体に憑依し、その子供として転生するもののようで、怪異としては無害なよう。 まぁ、それにしても自 ...

偽物語 第十一話 感想

義理の妹なんざ萌えるだけだろうがー! 「偽物語」第十一話感想です。 偽物語(下) (講談社BOX)(2009/06/11)西尾 維新商品詳細を見る

(アニメ感想) 偽物語 第11話 「つきひフェニックス 其ノ肆」

きゃらスリーブコレクション 偽物語 阿良々木月火 (No.74)(2012/04/25)エンスカイ商品詳細を見る 阿良々木月火の秘密を知った阿良々木暦。 暦は、忍野忍と共に妹を守るための戦いに赴く

偽物語 第11話(最終回)

「つきひフェニックス 其ノ肆」 エイッ!!!! 最後になるかもしれないというのは分かるけど…  せめでオデコくらいにして欲しかったww 妹の唇を奪う兄ってどうよ?(笑 

偽物語 第11話(終)「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

偽物語もついに最終回! 妹を守るため、頑張れ阿良々木さん!!

偽物語 第11話(最終回) 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

家族を守ろうとする阿良々木暦の姿が格好良かったですよ。 阿良々木月火の秘密を知った阿良々木暦。 暦は、忍野忍と共に妹を守るための戦いに赴く。  偽物語 公式サイト

偽物語 第11話(最終話)「つきひフェニックス 其ノ肆」

ノイタミナみたいな話数の使い方するのね。でもとっても面白かった。ちょっとホロっときたましたよ。

偽物語 最終回「つきひフェニックス 其ノ肆」

かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]今期一番の人気作が早くも最終回となりました! 本物と偽者、はたしてどちらが正しいのか・・・

偽物語 第拾壹話 つきひフェニックス 其ノ肆  レビュー

しでの鳥 つまりはホトトギスの怪異じゃな 目には青葉山ほととぎす初鰹の、ホトトギスじゃ。 連中はフェニックスなどと嘯いておったが、このホトトギスには 托卵という性質があるそ

偽物語 第十一話(最終回)「つきひフェニックス 其ノ肆」

しでの鳥、杜鵑の怪異。それが月火の怪異。托卵という習性を持つこの鳥は、他の鳥の巣から親鳥が離れた隙を狙って卵を落とし、変わりに自分の卵を産み付けて親鳥に育てさせる。フェ...

◎偽物語第十一話つきひフェニックス其ノ肆

ホトトギスと同じだとシノブが説明。シノブ:子を孕んだ母のなかに転生する。:カイイとしては無害だよ。ただ偽物で不死身なだけだ。寿命まで生ききって、また転生する。カレンちゃ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ