アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 5話 「Aviation ; 飛翔」 感想

チユリはやはり魔性の女。見込んだとおりだったぜ……。


自分の彼女と親友がベッドで直結してたらそりゃキレるわ。余談だけど直結ってフレーズのいかがわしさは絶対確信犯(誤用)だよね。
というかそっち方面で考えるとタクムのパイルって……うん、ここは思考を止めるべきだな。

いや、でもネタでなく男性の象徴みたいなあのパイルがタクムのコンプレックスっぽいんだよなぁ。ようは男としての自分に自信がないから、加速世界で得た力で学業成績とか剣道の実績とかのステータスを欲しがってたわけだ。
それも全てはチユリに振り向いて欲しいため。
彼は潜在的にどこかハルユキを見下しているから、そんな彼をチユリがまるで自分と対等であるかのように接することに耐えられなかった。
彼がチユリの気を惹く為にバーストリンクを使って虚飾すればするほど、変わらないチユリの態度に惨めさを感じたのでしょう。恋人関係になっても、唯一の男として見てもらえない。それがコンプレックスになって、あのアバターになったんじゃないかな。

ハルユキがタクムにいつも劣等感を抱いていたように、タクムもハルユキに、ステータスでは勝ってるはずなのに欲しいものが手に入らない、という意味で劣等感を抱いていたんだろう。

ここでハルユキが決定的な形で勝利してみせることで、彼に対等と認めさせたのは強引ながら上手かった。こじれてしまった幼馴染三人に必要なのは、一度本音をぶつけあうこと。
中学生になって、なんとなく本音も話せなくなった彼らだからこそ、醜い感情をさらけ出すことまでしないとリセットできない。本格的な関係の修復は次回以降でしょうが、手法自体は今回ですでに提示されているので実質的にもう解決してるようなもんかな。

ハルユキの飛翔シーンは中々のカタルシスでしたね。いつも地面ばかり、下ばかり向いてきて地べたに這い蹲る気の弱い少年だったからこそ、誰よりも空を飛ぶ渇望が強かった。
「勝つことだけが強さじゃない」

この強さが、相手に打ち勝つ強さじゃなく自分で作った壁を乗り越える強さとして描かれていますね。先へ加速するための意志こそが真の強さであると。

そこから考えると、タクムがバーストリンクで求めたのは実績という名の「結果」ばかりですね。そこに至る過程をすっ飛ばして、安易な方法に逃げようとした。物語構造的にはこれが彼がハルユキに勝てなかった理由かな。

このブレインバーストというゲームは、本質的には黒雪姫の言う様に人間の可能性を追求する為の装置として設定されていると思うんだけど、その一方で反則行為で用意に結果を得られることができるという、強い堕落の要素も有しているんですよね。というか大抵の人間はそうなるように仕組まれている。
だからこそ、その欲望を振り切ることができる強さが求められるという意図があるんじゃないかな。物語全体の方向性が徹底的に「加速」で定められているのがいいですね。

何はともあれ、お下げの黒雪姫はパジャマ姿も相まって反則的な可愛さでした。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

『アクセル・ワールド』#5「Aviation;飛翔」

「行きたかった…あなたのいる場所へ。 あなたと一緒に飛びたかった!!」 強さの証。 タクムの歪んだ笑みを見てその正体に気づき、 すぐさまシアン・パイルに対戦を申し込んだ

アクセル・ワールド:5話感想

アクセル・ワールドの感想です。 こぶしで語る友情(?)

アクセル・ワールド 第5話 『Aviation;飛翔』

拓武はダメダメだった。・勉強でトップ取ったのも剣道で優勝したのもブレインバーストの力。・千百合が春雪のことを考えるたびに嫉妬。・ゲーム世界ではイマイチ強くなれず追い詰め...

アクセル・ワールド #5

【Aviation;飛翔】 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]出演:三澤紗千香ワーナー・ホーム・ビデオ(2012-07-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 強さは勝つだけじゃない! 

アクセル・ワールド 第5話

アクセル・ワールド 第5話 『Aviation ; 飛翔』 ≪あらすじ≫ 自分のコンプレックス故に、先輩(黒雪姫)の好意を素直に受け切れないハルユキ。しかし、彼女が文字通り命を賭けて

アクセル・ワールド 第5話 感想「Aviation;飛翔」

アクセル・ワールドですが、有田春雪と拓武の友人対決となります。拓は千百合がいつも春雪のことを心配しているのも気に食わなかったそうです。 軽量級の春雪は片腕をとられ苦戦し

まとめtyaiました【アクセル・ワールド 5話 「Aviation ; 飛翔」 感想】

チユリはやはり魔性の女。見込んだとおりだったぜ……。

アクセル・ワールド 第5話 「Aviation;飛翔」 感想

自分の「可能性」を信じて―

アクセル・ワールド 第5話「Aviation;飛翔」

「恐れるな、僕は やるしかないんだ!」 シルバー・クロウvsシアン・パイル! 想いをぶつけるハルユキ、ボロボロになった所で思い出した黒雪姫の言葉    病院へ現れたタクム、

アクセル・ワールド #5 Aviation;飛翔

アクセル・ワールド 第5話。 シアン・パイルとの激闘とシルバー・クロウの覚醒。 以下感想

アクセル・ワールド 第5話 Aviation;飛翔

シアン・パイルがブラック・ロータスに挑む前に勝負を挑む事が間に合うか否かというのは、先週の次回予告でバレバレでしたが、成功。 拓武は内心では春雪を見下していたよう。 学 ...

アクセル・ワールド 第5話

第5話『Aviation;飛翔』アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]今回は・・・タクムとの対決です。

アクセル・ワールド 第5話「Aviation;飛翔」

今回の5話、原作1巻でも一番のクライマックスな部分だったんですけど、その最たるところはバトルで敗北寸前にまで追い込まれたシルバー・クロウがデュエルアバター史上初の飛行アビ

アクセル・ワールド 第05章 「Aviation;飛翔」

GWのせいで仕事13連勤務中orz でもアニメを見る仕事もある、大門ダヨ あれがタク・・・シアンパイル 千百合のニューロリンカーにバックドア仕込んだのも・・・ というか仮面ラ

アクセル・ワールド #05 Aviation;飛翔  レビュー

事故で重体の黒雪姫を守る為に病院に留まっていたハルユキ。 今、黒雪姫は院内ネットに繋がれ脳波モニタリング中なので ネットに繋がったままだが意識不明、今の状態の時に院内に バ...

(アニメ感想) アクセル・ワールド 第5話 「Aviation;飛翔」

投稿者・鳴沢楓 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray](2012/07/25)三澤紗千香、梶裕貴 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時か

タクムのシアンパイルvs.ハルユキのシルバークロウの親友対決!!そしてついに、あの人の真の姿が露わに晒される!!! アクセルワールド 第5話『Aviation:飛翔』

 バーストリンク!  間に合えェーーーー!!!  ハルユキの必死の願いを込めた、デュエルスイッチ。  そのかいもあって、なんとかシアンパイルがブラックロータスに迫る前に、シア...

アクセル・ワールド 第5話

 アクセルワールドは、torneに撮りためて、GWにまず、第5話のAパートだけ視聴。  なんやら、主人公とライバルの熱いバトルが繰り広げられる展開で、主人公がボコられる展開で、これ

2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第05話 雑感

[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第05話 「Aviation;飛翔」 #AccelWorld2012 #ep05 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム化

◎アクセル・ワールド#5Aviation;飛翔

タクムが敵だった。 タクム:まさかキミがバーストリンカーになるなんて驚いたよ。 :どうだった、チイちゃんとベッドで直結した感想は。ハル:お前が勝手にのぞいていたのかタク...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。