アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

氷菓

氷菓 3話 「事情ある古典部の末裔」

壁新聞部部長の無駄な努力っぷりが十代っぽくて笑える。

えるの告白の中身がただの頼み事だったと知って「え?」となる奉太郎が意外だった。お前期待してたのかよ!?
彼女の叔父にまつわる一身上の都合が明かされたわけだが、えるの回想の立体絵本のような映像演出が面白かった。ヨッシーストーリーを思い出す。子供のころの回想だから、絵本を模すのも一応意味があるんだよね。

大好きな叔父との思い出で、ただ一つ抜け落ちた記憶。あるのは泣いたという事実だけ。
話だけ聞いていると解き明かしようがない気がしないでもないが、全然別の理由で断る奉太郎はブレないなあ。

普通は他の人に話すようなことではない、家族との思い出に関わるプライベートな問題。
それを奉太郎に明かすことが、えるが頼み事をする上で負ったリスクですね。それは自分の領域に土足で足を踏み入れることを許したということ。天然ながら、その辺のことはちゃんと分かった上で行動してる辺り彼女の貞操観念の一端がうかがえる……かな?

その意味を理解して、深入りしすぎないように一定以上の距離を取ろうとする奉太郎も賢いというかなんというか……。人のプライベートに踏み込むということは、それだけ後の面倒に繋がるということで、ここでも省エネ主義が表れている。相変わらず拒絶はしないんだけどね(笑)


さて、姉の手紙から文集のありかのヒントを得た奉太郎たちは、古典部の前の部室であった生物準備室へ。
そこでの謎解きはまあいつも通りです。セリフや前情報だけでなく、画面に配置された小物にヒントを紛れさせていくのが面白い。まあ机の上のアンテナとか普通に気付かねーので、あんまり推理する気はおきないが。

奉太郎が推理を始める前に必ず一段落、彼が方便を得るための理由付けがされるんですね。今回は、放っておけばえるに学校中を連れ回されると知って、それなら先輩の隠し事を暴いた方が楽だと判断した。必ず仕方なく、というポーズを取る面倒な探偵役で、それが魅力でもある。

毎回推理シーンの映像演出も凝ってていいなー。今回は時が止まったかのような過去の映像を奉太郎と摩耶花が見てまわる、というものでした。背景や色がブレてたりと、異空間みたいな画作りが良かったです。いい意味で実験的なアニメだ。

先輩を脅迫してゲッツした文集のタイトル「氷菓」が見えた時にはおおっとなりました。
そしてそこに描かれた謎の文言。えるの叔父が過去に行ったという秘密。
何やら不穏な空気が流れてましたが、生易しい謎じゃなさそうですね。私、気になります。

そして誰にも格好をツッコまれない里志ェ……。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

氷菓 第3話 感想「事情ある古典部の末裔」

氷菓ですが、喫茶店で千反田えるは折木奉太郎に子供の頃の謎を相談します。オジの秘密に触れてしまい怒らせてしまったようですが、それが何だったのか思い出せないそうです。奉太郎...

氷菓 #3

【事情ある古典部の末裔】 氷菓 限定版 第1巻 [DVD]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る すこんぶ?古典部? 

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」

 きっと十年後、この毎日のことを惜しまない。

氷菓〜3話感想〜

「事情ある古典部の末裔」 喫茶店で話すことになった奉太郎とえる。 えるは頼みがあるという。 それは、叔父が自分に何を隠していたのか教えて欲しいというもの。 氷

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

氷菓の第3話を見ました 第3話 事情ある古典部の末裔 日曜に寝ていた奉太郎はえるからの電話で起こされて呼び出され、頼みがあると言われる。 「頼み?」 「はい。本当ならこ...

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

嫌煙家なら大憤怒のエピソード、だったよね?

アニメ感想 氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

「全ては歴史的遠近法の彼方で古典になっていく」

氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔

思わせぶりな態度のえるですが、告白というのは自身の問題でお願い出来る筋合いの事ではないが、まずは話だけでも聞いてくれというもの。 当然のように、愛の告白などではな ...

『氷菓』#3「事情ある古典部の末裔」

「私がその伯父から何を聞いたのか、 思い出させて欲しいんです!」 奉太郎を呼び出した千反田は、告白… ではなく頼みごとがあると話を切り出す。 それは彼女が幼い頃に懐いて

氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」

氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」です。 はいはい、今週も待っていました『氷菓

氷菓 第3話

「事情ある古典部の末裔」 全ては歴史的遠近法の彼方で古典になっていく… =時効… 奉太郎のえるへの励まし方がよいですね えるの告白…  彼女の諸事情… 古典部絡

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

遠垣内が何を隠しているのかと思いきや、あんなことだったとは……。 拍子抜けしましたよ。 イケメン先輩、遠垣内将司、登場。 遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるため

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

ED「まどろみの約束」『すべては歴史的遠近法の彼方で古典になっていく』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える

氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔

氷菓 第3話。 えるの頼みと文集のバックナンバーの在処。 以下感想

まとめtyaiました【氷菓 3話 「事情ある古典部の末裔」】

壁新聞部部長の無駄な努力っぷりが十代っぽくて笑える。

氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」

氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 <あらすじ>  イケメン先輩、遠垣内将司、登場。遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。 後がない遠 ...

【感想】氷菓 3話 愛想が悪くて悪かったな

氷菓 3話「事情ある古典部の末裔」 の感想を 遠い日の悲しい思い出を抱えて、遠くい言ってしまった人を思う その言葉を胸に留めて別れを迎えたい純粋すぎる心 その輝く幼い瞳に

氷菓 第3話 【事情ある古典部の末裔】 感想

告白したいことは? 「折木さんに頼みがあるんです!」 私の彼氏になってください!って続くんじゃないの? ところで彼は省エネを好んでいるってことは恋愛にも興味はないってこ

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」感想

この作品は これからもこんな感じでお話が続くのでしょうか? それはそうと、今回も 折木くんの名推理が光りましたね。 細かい所に気が付いて、人の気持ちにも敏感だからこそ あの...

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

この週末に『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠まわりする雛』『ふたりの距離の概算』と徹夜で一気読みして未だフラフラ気味という情けない管理人です、おばんどすぅ...

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

えるちゃんからのお願い (p*>ω<q) 好きだった叔父から聞いた古典部のことを思い出させて欲しい 話を聞き泣いてしまったえるを あやしもしなかった理由とは? 奉太郎も さす

氷菓 第三話 事情ある古典部の末裔 レビュー 

ただならぬ雰囲気…  えるが何を言い出すかと思ったら… 私、折木さんに頼みがあるんです! まあ、そんな事だとは思ったよw 若干、拍子抜けの様子の奉太郎。 まずは話を聞いてく
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ