アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?16」に参加します 前編

今期もゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様の企画に乗っかって私が視聴したアニメを主観的に評価してみました。

企画についてはこちらを参照してください。
私が視聴した今期終了アニメは

新テニスの王子様
戦姫絶唱シンフォギア
偽物語
Another
あの夏で待ってる
妖狐×僕SS(いぬ×ぼく シークレットサービス)
ちはやふる
persona4 the ANIMATION
未来日記
ギルティクラウン
銀魂'(アニメ第2期)
カードファイト!! ヴァンガード(無印)

の12作です。
前期は5作でしたが、内半分が継続ですので視聴本数自体はほとんど変わってないですね。これくらいが限界かな。
なお、中には辛口評価もありますのでご了承下さい。


戦姫絶唱シンフォギア

ストーリー 5点
キャラクター 5点
画 3点
演出 5点
音楽 5点
総合的な評価 5点

合計 28点


点数が高すぎる気がしないでもないが、心から熱くなれる作品に出会える機会はそうそうないので私にはこれが妥当なのです。

とにかく楽しかったし、見れば見るほど深みが増して好きになる。
金子氏のセンスが爆発し過ぎてる強烈なセリフの数々。
ネタかと思いきや、キャラの心情や成長を見事に表現した楽曲の数々。
時にぶつかり、傷付け合いながらもその手を繋いでいくキャラクター達が紡ぐシンフォニー。
過去のエピソード、些細なやり取りまでさえも最大限利用して構成される熱い人間ドラマ。

作画面に関しては、かなり酷い時もあったので点数は低め。ただ、毎回挟まれる戦闘シーンにリソースを割いているためかえってメリハリが付いていたりもする。

むしろ、枚数を掛けられないからこそ1シーンを印象的に見せるための絵コンテ・演出の上手さが際立っていた。
特に挿入歌が掛かる場面での、曲の展開に合わせたコンテの切り方は作り手の情熱をビンビン感じさせるもので本当に頭が下がる。

個人的に、今期最高のエンターテインメントでした。


ちはやふる

ストーリー 5点
キャラクター 5点
画 4点
演出 5点
音楽 4点
総合的な評価 5点

合計 28点


もともと質の高い原作を優秀なスタッフがアニメ化した本作、面白くないわけがないですね。

かるたという競技の一挙一動をアニメーションに起こすために結構な研究をしたと思われます。やっぱりこういうのって、動きで見たほうが分かりやすいしね。
また、百人一首を扱った競技ということで歌の情景、情念をイメージ映像として提示する演出もハマッていたという印象。

また、1話のエピソード内できっちりとキャラクターの挫折と成長を盛り込むための原作圧縮力もかなりのもので、その構成力には毎回唸らされた。
原作ファン冥利に尽きる最高のアニメでした。2期カモン!


Another

ストーリー 4点
キャラクター 4点
画 5点
演出 4点
音楽 4点
総合的な評価 5点

合計 26点


美麗な作画と雰囲気バツグンの音響、そして油断できないストーリー展開で魅せる本格的なホラーミステリー。

作品全体に漂う不穏な空気感が素晴らしいアニメでした。理不尽極まりない『現象』に振り回される人々を描いた作劇が魅力。
中盤までは単純に『わからない』恐怖といつ誰がどのように死ぬかの恐怖を演出し、終盤では極限状態で狂気に走る人間の恐ろしさを描きました。

ただ、終盤のカタストロフはやり過ぎた感が否めないので少し減点しました。
忘れてはならないのがヒロインの魅力ですね。鳴ちゃんの可愛さは今期トップクラスでしたし、赤沢さんも壮絶な破滅っぷりと感情の持て余しっぷりが印象的で良かったです。


妖狐×僕SS

ストーリー 4点
キャラクター 4点
画 4点
演出 4点
音楽 4点
総合的な評価 5点

合計 25点


11話が秀逸でした!
正直途中までは普通のキャラ萌えラブコメで、何度も繰り返される凛々蝶様と御狐神のテンプレなやり取りにやきもきさせられていたのですが、完全に術中に嵌まってましたね。

御狐神によって作られた偽物の人格が、凛々蝶の繊細な感情に触れることで徐々に輪郭が浮き上がってくる様子。季節の移り変わりや、部屋の中の小物が増えていく描写で御狐神の感情の芽生えを表現する描写が叙情的で美しかった。

そして凛々蝶と御狐神は本当の意味で『出会う』。サブタイトルの陽炎といい、EDにOPを使う演出といい、すさまじい破壊力を持った回でした。

ちょっと失速するとすぐに「中弛み」だとか「グダグダ」だとか言われてしまう状況の中で、後のカタルシスのためにあえて『溜め』を作る構成にしたことは評価したいです。

あと、凛々蝶様のキャラ作画がすごくフェティッシュで良かった。あの下半身の性的さはただ事じゃないですよ。


偽物語

ストーリー 3点
キャラクター 5点
画 4点
演出 4点
音楽 5点
総合的な評価 4点

合計 25点


「化物語」の続編。
どうにも評価しづらい作品でした。やたらとエロ描写に走ったり、雑談が話の7割を占めたり(もともとそういう作品だった気がしないでもない)。

原作は読んでませんが、会話劇がメインなのであまりアニメには向かない作品だんたんじゃないでしょうか。キャラクター同士のセリフの応酬を、どう映像化して魅せるか、という点でシャフトが好き放題やってた作品でした。

シャフトの演出はぶっちゃけ良いのか悪いのかよく分かりません(笑)
なんとなく意図が分かる時もあれば、ただ画面を飾りたいだけなんじゃないかと思うような時もあったり。

物語の骨子たる「偽物」の話はさすがに面白かったです。
異なる価値観をぶつけ合うのかと思いきや、あっさりと引き下がる貝木のキャラクターが印象的でした。確かに潰しあうより妥協する方が建設的ですよね。
偽物が本物になろうとする意志こそ最も価値がある。バームクーヘン食べよう。

なんだかんだで楽しめましたが、羽川さんのマイナーチェンジだけは看過し難い暴挙だと思います。


未来日記

ストーリー 4点
キャラクター 4点
画 4点
演出 4点
音楽 4点
総合的な評価 4点

合計 24点


あ、あれ? 未来日記ってこんな面白かったっけ……?
原作を読んだ当初は微妙過ぎるラストだという感想を持ったはずなのに、このアニメ版では不思議とすんなり受け入れられた。いや、さすがにラストシーンは中途半端だと思いましたが。

原作がダメでアニメが優秀だから、という訳ではなく多分受け手の自分に何らかの変化があったからだろうな。
物語的な展開や描写には数多のツッコミどころがある本作だが、メインである雪輝と由乃の関係性の構造は意外とよく練られていることが分かった。

原作の調理法も良好。
作画も全体的に安定してましたね、ラスト前ではまさかの竹内哲哉作監回で驚かされました。


ペルソナ4

ストーリー 4点
キャラクター 5点
画 3点
演出 4点
音楽 4点
総合的な評価 4点

合計 24点

伝奇系ジュブナイルの良作でした。
主人公鳴神悠が転校先で出会った奇妙な事件を通じて、心の闇と向き合い仲間たちと絆を紡いでいく、正統派のストーリーが魅力。

見たくもない真実に目を向け、一歩ずつ確実に霧の奥(そして肉丼の底)の真実に近付いていくというミステリー要素もありました。

コメディとしても良質で、キャラクターの魅力も相まって非常に見易い作品だったんじゃないかと。

ただ、シャドウを受け入れる流れがまんまイベント臭かったり、大抵は闇を引きずらずに受け入れて終りだったりと、テーマにするにはちょっとパンチが足りなかったんじゃないかと思ったりもします。元がゲームだから仕方ないのかも。

アトラスではおなじみの目黒さんのBGMもナイス。ポップ路線よりはメガテン3やアバチュのようなゴリゴリのロック系の方が好みなのですが、この作品にはマッチしてたと思います。


あの夏で待ってる。

ストーリー 3点
キャラクター 3点
画 5点
演出 5点
音楽 4点
総合的な評価 3点

合計 23

恋愛モノは、自分の中で評価が低くなりがちなんですよねー。というのも、主人公カップルに応援する気が持てないと「もうお前ら勝手にやってろよ」と冷めた気持ちになってしまうのですよ。このアニメでも、海人とイチカの恋愛に大して興味が持てなかったのでイマイチ盛り上がれないまま終わってしまった。ひねくれた見方ですけど、二人が周りの気遣いや好意の上に胡座をかいているように見えたのが原因かなー。好みの問題のような気もしますが。

友人達の恋愛模様は結構楽しめました。特に裸族ちゃんの変化の描き方は良かったと思う。

美しい風景を見せる作画と感情の発露を魅せる演出はさすがの一言。
特にラストの夏の思い出を綴った8ミリの映像のシーンは情感に溢れていて良かった。あれだけで見る価値はあったと思えたので、この評価です。



記事が長くなるので分割します。
後編へ続く!

関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

こんばんは、ピッコロでございます。

このたびはお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂いて本当にありがとうございました。集計に加えさせていただきました。

なお、今回の企画の集計結果の発表については、6月29日(金)夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございますので聞いて頂けるとうれしいです。

詳しくはこちら→http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5616.html

どうか次の企画も参加して頂けると幸いです。それではこれからもよろしくお願いいたします。

No title

>ピッコロさん

お疲れ様です。
ラジオも楽しみにしています。
次回も是非参加させていただきますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback

まとめtyaiました【「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?16」に参加します 前編】

今期もゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様の企画に乗っかって私が視聴したアニメを主観的に評価してみました。

今期(2012年3月終了)アニメ評価in星屑の流星群

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!

今期(2012年3月終了)アニメ評価ベスト賞編、通称「ベストキャラ賞決定大戦」in星屑の流星群

さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表す

今期(2012年3月終了)アニメ評価ベストOP賞編、通称「ベストOP賞決定大戦」in星屑の流星群

さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表す

今期(2012年3月終了)アニメ評価ベストED賞編、通称「ベストED賞決定大戦」in星屑の流星群

さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表す

「アニメの評価をしてみないかい?16」2012年3...

  「おや、また雨ですか。傘が手放せないですね。」 アニメブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさん から今回もアニメ評価のおさそいをいただきました...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。