アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム

ピンドラ雑感

ちょっとした思い付き


某匿名掲示板とかで「桃果は聖人に見えるけど胡散臭い、こどもブロイラーでも多蕗以外は見捨ててるし」みたいな意見が結構あって、ずっと気になってた。

晶馬が陽鞠を救った時もそう、こどもブロイラーがどういう存在であれ、少なくともビジュアル的にはたくさんの子供たちが透明にされている。

それで、気付いたのはおそらくあの場の全員を救うのは不可能だっただろうということ。

こどもブロイラーに行くのは皆捨てられるか必要とされなくなった子供たち。そんな彼らを救うにはどうすればいいのか。そう、彼らを選んであげればいいのだ。

桃果は多蕗を必要としていて、自分のために生きろと彼を選んだ。晶馬も陽鞠を家族に選んだ。
しかしここで例えば桃果があの場の全員に自分のために生きろと言ったとしたらどうだろう。それは選ばれたと言えるのか。個性を認められたわけでも、特別な存在になった訳でもない。皆一緒くたにされては結局何者にもなれないではないか。

大勢いる中で一人選ばれたからこそ、他でもない自分が必要とされたと感じて、アイデンティティを確立することができたのだ。

そう考えると、桃果が日記の力でこどもブロイラーを消し去ったとしても、本来そこに行くはずだった子供たちは救われたことにはならない。元の自分を必要としない場所に戻るだけだからだ。
まあ、全ての子供たちが必要とされる運命に乗り換えることができればその限りではないが、そんな都合のいい運命の世界はないだろう。

ということで、こどもブロイラーで救えるのは一人の人間だけだと思います。

しかし普通なら選ばれた時点でめでたしめでたし、となるのにこのアニメはそれだけじゃダメだという。とことん容赦がない。どんな境地を見せてくれるのか楽しみにしてるぞコノヤロー!


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。