アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓

氷菓 6話 「大罪を犯す」 感想

千反田えるは何故怒ったのか? 奉太郎よ、その問いは心理の迷路なるぞ。

今回はまた見てる側にはどうでもいい謎を解き明かす『氷菓』のスタイルが帰ってきた、という感じかな。
普通の人なら考えもしないような点に疑問を見つけてみんなに報告するえる。それをみんなで考える。ああ、これが古典部の日常なのだろうな、というようなお話だった。

大天使チタンダエルは言いえて妙にもほどがある。
特にメガテンをやってて天使が必ずしも善なる者ではないというイメージがあると、好奇心の鬼とでも言う様な強烈なプレッシャーを奉太郎が感じているのもしっくりくるな。
机に身を乗り出して下から覗き込んでくるシーンなんて、あれが美少女じゃなかったら殴られても文句は言えないと思う。
平気で顔を近づけてくる無防備さと、大きな瞳でじっと見つめてくる目力は確かに天使のごとき力を有してるのかもしれない。


さて、七つの大罪の話が出たが、サブタイトル的にもこれが今度のテーマになるんだろうな。
今回は「怒り」について。
一口に怒りと言ってもそこには様々なパターンがあると思う。
大別すると、感情による怒りと、義務による怒りの二つかな。
たとえば「上手く怒れる」と評された摩耶花なんかは、今回何があったか知らないけど里志の失敗に対して感情が昂ぶったから怒っていたわけだ。
逆に、気持ち的には抑えられないほど怒ってはいないけれど、その場の「間違い」を正す為に必要だから怒る怒りもある。個人的には今回のえるの怒りはこれじゃないかと思うんだけど、また後で。

もちろんどっちの怒りが良い悪いという話ではない。「憤怒」が大罪とされるのだって、奉太郎が言う様に程度問題でしかなく。TPOに加えて怒り方、その内容まで斟酌して初めて是非が問われる問題だろう。
摩耶花の怒りだって、感情に訴えたものであっても里志がなんらかのミスをして、しかも反省してない様子だから「叱る」という意味で怒るのは正しい行為である。まあその行為が身を結んだかは別として。

逆に悪い怒り方は何かと言うと、今回で言えば数学教師オミチの癇癪ですね。
これは実際には生徒たちに落ち度はなく、彼自身の勘違いによる「間違い」があるがゆえの、理不尽な怒りとなるわけです。

そう、その場には確かに間違いがありました。
えるがその時怒ったのは、オミチの勘違いに怒りを覚えたわけでも指された生徒を哀れに思ったからでもないとすれば「義」による怒りでしかないと思います。
ある意味でのノブレスオブリージュに近いかもしれない。彼女はそこでその場の間違いを正すために怒るべきだと思ったから怒った。
できれば怒りたくないと普段から考えているえるが怒るのは、両家の娘として「義」を重んずる性質を持っていたからではないでしょうか? 必要な時に怒ることができる、これは大罪などではなく「正しい資質」だと私は思います。


とまあ私はこう解釈したわけですが、あくまで私個人からみた千反田える像でしかないわけで。
これでえるのことを分かった気になるのは奉太郎の言う様に傲慢かもしれません。
「何度意外と思ったのか分からない」
奉太郎が言うように、分かりやすい性格だと思われたえるにもまだまだ隠された一面があると言えます。
ただ、共に時を過ごすことで新たな一面を見ることができるのも人間関係の醍醐味であって、それを奉太郎が理解し始めたというのは彼の中で確実に変化が起こっているということですね。
何より、些細な謎と違って人間心理の謎に自然と頭が行っているあたり、彼が千反田えるという人間そのものに興味を惹かれ始めているのは間違いないと思います。

うーむ、最近演出について全然触れてないなー。語ることが多すぎるぜよ。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

氷菓 第6話「大罪を犯す」

えるちゃんが授業中に怒った!?  どんなことも気になるのは困った子だけどw 怒るようには見えない えるが何故怒ったのか気になります! 気になると言えば 古典部はいつも...

氷菓〜6話感想〜

「大罪を犯す」 授業中にえるのクラスの教室から教師の怒り声が聞こえた。 えるが数学の授業中に怒ったという話になり、 なぜ、先生が数学の授業内容を間違えたのか?と。...

氷菓 第6話

「大罪を犯す」 ウリエル、ガブリエル、チタンダエルって

氷菓 第6話 「大罪を犯す」 感想

えるちゃんも人の子―

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第06話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第06話 「大罪を犯す」 #kotenbu2012 #ep06 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか

アニメ感想 氷菓 第6話「大罪を犯す」

灰色の折木奉太郎、対をなす千反田える

まとめtyaiました【氷菓 6話 「大罪を犯す」 感想】

千反田えるは何故怒ったのか? 奉太郎よ、その問いは心理の迷路なるぞ。

氷菓 第6話「大罪を犯す」

天使チタンダエルか・・・。やっぱり自分にゃ、この子は第六天魔王に見えるなぁw

氷菓 第六話「大罪を犯す」

氷菓 第六話「大罪を犯す」です。 アニメ版『氷菓』も、原作の『氷菓』をすべて消化

『氷菓』#6「大罪を犯す」

「何が起こって怒らなければならなかったのか、 分からないんです」 5時間目の授業を退屈そうに受ける奉太郎。 だが、突然隣のA組から尾道という先生の怒鳴り声が響き、 一時

氷菓 第6話 「大罪を犯す」

この題名を見たら、人のものを盗む。 人を騙す。 人を付け回して、嫌がらせをする。 悪戯電話を掛けて、嫌がらせをするなどが 思い浮かびますが、天使のような千反田えるの

氷菓 第6話「大罪を犯す」

ED「まどろみの約束」『俺が犯す大罪は、 怠惰だけで十分に過ぎるというものだ』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千

『氷菓』 第6話 観ました

今回は…タイトルを『這い寄るえる子』に変えてお送りいたしま〜す。 ってな具合にえるちゃんが奉太郎に這い寄っていた気がします。 それはともかく、今回は小ネタで話が終始しま

【感想】氷菓 6話 覗けるなら苦労はしません

氷菓 6話「大罪を犯す」 の感想を 「える」の興味が迸る それを「折木」にぶつける

(アニメ感想) 氷菓 第6話 「大罪を犯す」

投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネッ

氷菓 第6話「大罪を犯す」

ウリエル、ガブリエル、チタンダエル・・・とかいう天使の姿をした好奇心の猛獣に見えたんでしょうかね?www 蛇のいる藪をつついてしまったというか地雷を踏んだというか、える...

氷菓 第6話 「大罪を犯す」

「冗談です♪」 上機嫌に冗談宣言のえるのふんわり優しい笑顔とボイスが可愛すぎた(*´д`*) 演じた役ではりっちゃんが有名だけどやっぱりしゅがりんボイスはこういう娘が嵌りやすい。

氷菓~#6「大罪を犯す」

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 高校でおこる事件?を解決していくミステリー、第6話 退屈な...

氷菓 第6話 大罪を犯す

氷菓 第6話。 7つの大罪と天使チタンダエル。 以下感想

◎氷菓第六話「大罪を犯す」

→授業受けるホウタ;退屈だ。→隣の教室が騒がしくなる。;チタンダか?先生:授業を再開しますよ。》放課後=部室→サトシとイバラが喧嘩→エルが止めようとする。ホウ:一休みし...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。