アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

坂道のアポロン

坂道のアポロン 9話 「ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー」 感想

男は背中で語る? 否、セッションで語るのだ!

淳兄のカッコよすぎる新たなる旅立ち。
百合香さんとの駆け落ちは読めましたが、シークエンスの繋ぎが素晴らしかった。

まずはメイン三人組、千太郎が律子を意識し始めたが既に彼女の気持ちは薫に向いていたという厄介な三角関係に。しかし、幼馴染二人の関係に早くも決着が付いたのは意外でした。一度は純朴な少女らしいいじらしい心理から薫へのプレゼントを捨ててしまう律子が千太郎との会話で気持ちの整理を付け、薫に思いを伝える決意をする。

で、その律子の決意が淳兄の別れ話を「仕方なし」に受けいれようとしていた百合香さんに刺さると。余談ですが、髪を切った百合香さん、心なしか男前になってません?(笑)

たとえ別れることになっても思いを伝える、あるいは相手の気持ちを確認しなければ絶対に後悔しますからね。ゴミ箱に手を突っ込む動作で、たとえ貧乏暮らしでも一寸先の闇にでも飛び込む覚悟があることが示唆されているのかな。
それでも無理矢理に付いて行くことをしなかったのは、淳兄の拒絶が自分を大切に思っていることが痛いほど分かってたから、その気持ちを汲んだのでしょうね。

一方の淳兄は、弟分の千太郎とセッションによる果し合いに臨む。
薫や律子父が面食らうほどの荒々しい二人の演奏にはこっちも驚きました。調和もクソもないような演奏だからこそ、二人にしか分からない感情のぶつけ合いになっていると、なんとなくだけどそれが伝わってくるのがすごいなー。

さて、淳兄が東京に付いて来ようとする百合香さんを拒絶したのは、生活面及び将来的な不安が大きいことの他に、やはり彼女がお嬢様であるということで住んでる世界が違うという意識があったのだと思います。
「君の世界に帰れ」という表現は、本来彼女がいるべき場所が自分ではないと思ってるからの発言ですね。手を出さなかったのも、始めから結ばれることがないと考えていたのでしょう。

百合香さんを連れて行く、という行為は彼が「やりたい事」ではあっても「やるべき事」ではないと思い込んでいた。

しかし、ホームに現れた彼女の両親の怒鳴り声とそれに対する百合香さんの涙を見て、彼は「彼女のいるべき世界」が彼女が望むものではないことに気付く。

淳兄が百合香さんを電車の中へ連れ込んだのは衝動的な行為ですが、根底には彼女の幸せのために何が最善なのか、彼なりの答を見出したという側面があるのだと思います。ほぼゼロから始まるスタートを、愛する女性を幸せにするために費やす。
彼の復活に必要な最後のピースが揃った見事なシーンでした。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

『坂道のアポロン』#9「ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー」

「今度はちゃんと言いたかとです。 もう何も言わんで終わりを待つのはやめようと思って」 りっちゃんの気持ちの変化に気付かずに、距離を置き続ける薫。 りっちゃんたちが日曜日

坂道のアポロン 第9話 『ラブ・ミー・オア・リーブ・ミー』

ボ、ボ、ボンの時代が来たのか!?告白したり、やや強引にチューぶちかましたものの玉砕してしまった薫。以後は律子の良き恋の相談役に徹してきたつもりだった。千太郎は一緒じゃな...

坂道のアポロン #9「ラヴ・ミー・オア・リーブ・ミー」

坂道のアポロンの第9話を見ました。 #9 ラヴ・ミー・オア・リーブ・ミー 薫が九州に来て2回目のクリスマスを迎え、律子の気持ちをを勘違いしたままの薫は星児が主宰するパ...

坂道のアポロン 第9話「ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー」

第9話「ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー」 すれ違うクリスマス (>Д<) 律ちゃんの気持ちに気付かず 薫は距離を置いてしまう。 クリスマスも千太郎とミサに行くと聞き、星児た

坂道のアポロン 第9話 感想「ラブ・ミー・オア・リーブ・ミー」

坂道のアポロンですが、西見薫はクリスマスパーティーに参加します。川渕千太郎や迎律子は行きませんが、薫はこうやって少しずつ距離を置いた方がいいと思っています。 しかし、律

坂道のアポロン 第9話「ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー」 感想

薫が九州に来て2回目のクリスマス。律子の気持ちをを勘違いしたままの薫は、星児が主宰するパーティに出向くものの、寂しさを感じずにはいられない。一方、薫のために手袋を編む律...

坂道のアポロン 9話

千太郎マジどんまーい

坂道のアポロン 第9話「ラブ・ミー・オア・リーブ・ミー」

「これはもう 掛け合いなんてもんじゃない  二人の本気の殴り合いなんだ」 淳兄との最後のセッション! そして、東京へ発つ淳兄は百合香を――!    有田さんから届いた手紙、

坂道のアポロン 第9話 「ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー」 感想

今回のセッションシーンが凄かったですね。 ホント、凄いとしか言いようがなかったですよ。 今回で一気に綺麗に終わりそうな雰囲気になりましたね。 最後にどうなるのか、楽しみす...

まとめtyaiました【坂道のアポロン 9話 「ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー」 感想】

男は背中で語る? 否、セッションで語るのだ!

(アニメ感想) 坂道のアポロン 第9話 「ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー」

投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 薫が九州に来て2回目のクリスマス。律子の気持ちをを勘違いしたままの薫は、星
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ