アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

その他

謎の彼女X 11話 「謎の文化祭」 感想

かつてない狂気のシチュエーション。面白すぎる(笑)

目隠ししてる目の前に裸の昔好きだった女の子と今の彼女がいる!
ありえない異常な空間で繰り広げられる女の戦い。非情に眼福楽しかったです。

この作品はやっぱり卜部さんのキャラクター性が際立ってるけど、丘さんも早川もいいキャラ過ぎる。
丘さんは今回の異常なシチュエーションに対して唯一第三者の視点からの解説を加える役として機能していたし、何気に上野くんとのデートシーンがよかった。単純に付き合うなら丘さんが一番楽しいかもしれない。

そして今回のエピソードの白眉はやはり早川さん。
過去に椿君が彼女に片思いをしていたという事実を利用し、恋愛ゲームの手練手管を見せ付けてくれた。
後に彼女が両思いの恋愛をしたことがないことが分かるが、それが原因で早川さんはあらゆる点において相手の男性より優位に立ちたがる。相手が本当に自分の事が好きではない事を知っているからこそ、あらゆる手段で自分に縛りつけ、支配下に置こうとする。
椿君に対しても彼の言い訳を悉く打ち破る言動でなし崩しに一日彼氏につき合わせたり、昔の格好をして挑発的な言動で彼の行動を操ろうとしていた。

しかし、そんな彼女の小悪魔っぷりが椿君の牙城を崩すことはついぞなかった。
それはやはり絆の有無なのだろう。過去に椿君が彼女に片思いしていたとしても、それが両思いではなかった以上なんの絆も生まれない。
早川さんが「昔の自分」では椿君を落とせないことを悟り、カツラを脱いで「今の自分」で勝負をかけるシーンが印象的だった。
よだれを舐めさせようとしたのも、卜部さんの勝負に乗ったことも追い詰められた彼女の心情を思うともう後戻りできなかったのだと分かる。

自分はちゃんとした恋愛ができないのではないか、そんな彼女の焦りが伝わってくる一連のシークエンスはシチュエーションの異常さに反して丁寧だったと思う。


それでもやっぱり最後に美味しいところをもっていくのは卜部さん。
あっかんべーだけでも破壊力がすごいのに、満面の笑顔という二段構え、この隙のなさがさすが過ぎる。これは早川さんも勝てないわ。
そして思春期の少年らしく女の子に振り回されっぱなしだけど、最後の一線だけは絶対に越えない椿くんのギリギリなところで見せる誠実さがやはり気持ちよく、共感と好感をがもてるラインを保っててすごいなーと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

「謎の彼女X」第11話

【謎の文化祭】 ラッキースケベは男の甲斐性だぁ! Amazon.co.jp ウィジェット

男の娘が嫌いな腐女子なんていません。「謎の彼女X」

多数決(投票)には神意が現れる、ということを発見したのはギリシャ人だと言われていますが、日本人はジャンケンによる神意の発現を信じているとしか思えません。 よく盟神探湯(く...

まとめtyaiました【謎の彼女X 11話 「謎の文化祭」 感想】

かつてない狂気のシチュエーション。面白すぎる(笑)

「謎の彼女X」 第11話

「謎の彼女X」 第11話 2012/06/17 ヴァイス様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2012/06/17 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。  2012/06/17&nbsp...

◎謎の彼女X第11話謎の文化祭

|彼女にウソをついて早川の文化祭にやってきた。|早川は中学の制服でやってきたわけで。凸文化祭ツバ:早川、そんなにくっつかなくても。 早川:今日一日だけは私の彼氏なんだか...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ