アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero

Fate/Zero 最終話 「Fate/Zero」 感想

世界の平和を願い、小を切り捨て続けた男の手の平に残ったのはたった一人の少年の命。

「正義の味方」を目指した切嗣は、醜い戦いの果てに全てを失いその夢を次代へと託す。物語はゼロに至り、そして新たなる始まりへ。

聖杯の名状し難いカタストロフィーはなんなのかと思いきや、綺礼の願望かよ(笑)
そして全裸のアーチャーに笑いました。こいつらは仲良く名状し難い存在に生まれ変わったようで、自らの悪意の根源を探しに行くようです。この二人は今後なにがあっても楽しくやっていけそうで何よりです。
奇跡などに縋らず、ただこの世の愉悦を追い求める英雄王さんは中々素敵でした。

少女のように泣き叫ぶセイバーが今まで一番可愛いってどういうことだ(笑)
最後の最後で王としての彼女が一応肯定されたので安心しました。
彼女の正しさ、潔癖さは確かに臣下の心を捉えていた。ただ、臣下の犯した罪を裁けなかった、つまり最後まで正しさを通せなかったのがランスロットを狂わせた理由かな? この辺は正直アーサー王伝説を知らないのでよく分からないです。
彼女にも今度こそ救いの道が示されるそうで、やはりいつかはStaynightをやらなけりゃいけないんだろうなぁ……。


・総評のようなもの


出来はいいし、面白いんだけどどうにもハマりきれないモヤモヤした感覚がずっとあった。
なぜだろうとぼんやり考えていると、最終話を目前にして作品全体のテーマがさっぱり把握できていないことに気付いたという。

この作品では人が望みの果てに破滅を見る、あらゆる悲劇を描いてきた。これがFateという作品の指向性なのか、脚本の虚淵さんの作家性によるものなのかはよく分からないけど、この救いの無さが本作のアジの一つであることは確かだろう。
で、この作品は悲劇を通じて何を描こうとしたのだろうか? 

一言で言うと、「理想と現実の剥離」だと思います。
顕著なのがもちろん主人公切嗣の物語で、彼は「世界平和」という理想を持ちながら「小を捨て大を救う」という欺瞞的ながら現実的な手段を取らざるを得ない状況に置かれていた。
彼の物語のはもう一つの大きな「悲劇性」が潜んでいた。前述の理想実現が人間の力では無理だと自覚していた彼は、奇跡を実現するという聖杯に望みを懸ける。
しかし、どんな願いも叶えるという理想の願望機とされていた聖杯は、現実には実現可能な手段を実現するだけの代物であった。世界を救うはずの理想は、人々を殺戮する醜い現実に。

彼以外を見ても、たとえばケイネス先生は格式高い魔術師同士の戦争を期待していた所を、実践的な武器と手段を扱う切嗣にすり潰された。
雁夜おじさんも、自分の行なうとしていることがどういう結果をもたらすのかを熟慮せず、都合のいい未来を夢見て傍から見れば明白な破滅の道を歩んでいった。

現実における悲劇も、絵に描いた餅に踊らされるからこそ起こるのかもしれない。
希望を持つから絶望し、信じるから裏切られる。
それが悲劇の本質なのだとしたら、救いはどこにあるのだろうか?

この作品が悲劇「だけ」を描き続けていたのかと言えばそうではなく、自らの目的を全うした者もいる。
猟奇殺人者である雨竜龍之介とそのサーヴァントであるキャスターは、死の間際に自分自身が探していたものを見出し、おそらく幸せな死を遂げた。
ウェイバーはライダーに導かれ大きく成長し、二人の王からその人格を認められるに至った。
願いを叶えた彼らだが、それは決して聖杯に拠るものではない。
彼らの目的は思いもよらぬ形で成就した。それは何故か。

それはおそらく彼らが目的を果たしたのが外的要因の変化ではなく、自分自身の中で内なる変革が行なわれたことであるからだろう。

人間個人の力では、周りの世界を変えることなどできない。ただ、なにかの拍子にふと目的の物を手に入れることもある。それはささやかな幸せであり、誰でも手に入れることができるものかもしれない。
その意味では、ケイネス先生も当初の目的とは違ってはいるものの愛に目覚めかけていたので救いの道は存在していたのだろう。色々と手遅れだったけど。

ランサーもセイバーも、騎士道という幻想を追い続けた結果彼らの意にそぐわぬ行動を強いられる破目になる。現実を見据え、戦い続けたものにしか真の栄光は与えられない世界なのかもしれない。
これを実際の社会に置き換えても、理想の社会、理想の国家、理想の世界は何年経っても実現される気配はなく、夢を見続ける者たちに決して優しくはない現実が待ち受けている。そんな中で、個人が自身の内面的な変化に精神的充足を求めるのは一つの答としてはアリだろう。綺礼なんか、モロ自分の内側のみに焦点を合わせて探し続けていますね。

しかしそうすると、切嗣のような己の中の充足ではなく世界全体の変革を望む者の願いは永遠に聞き届けられないのだろうか。

その答は、この作品ではついぞ出なかったと思う。なぜならこれはゼロに至る、つまり切嗣が奇跡がないことを理解するまでの物語であるからだ。多分、StayNightではこの答が描かれてるんでしょう。……そのはず、だよね? 


とまあ、的を射ているのか外してるのかは置いといて一応の解は出たのでちょっとすっきりしました。多分残ったモヤモヤはStayNightをやっていない事に起因すると思うから、それまで最終的な評価は保留ですね。

あと、この際だから言っちゃうけどどうも私はufotableさんの映像作りが肌に合わないようで、それもノリきれない原因の一つでした。技術的にはもちろんすごいんだろうけど、手書きの人物とCGと背景がそれぞれ調和しきってないように私の節穴な目には見えたわけでして、他の方々が言う映像美による感動を共有しきれてなかったのは残念だったかなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

初めまして。zeroがきっかけで愉悦という言葉を知った21歳の社会人見習いです。

zeroは断片的に観ても酷いシーンがたくさんあったので観ない予定でしたが、虚淵玄さんがある特撮ヒーロー物の脚本を務めるというニュースを見た影響でDVDをレンタルするようになりました。

ぽんずさんの(理想と現実の剥離)からの文は(ぉぉぉぉぉお)と納得しました(笑)





Fateはアニメや漫画を観ただけなので詳しいことはわかりませんが、第一ルートの士郎とセイバーのドラマにウルッとなりました。

好きな陣営はライダーです!!!!!


Re: No title

>シンジンさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

いやあ、懐かしいですねー、F/Z。
もう5年近く前になるんですか。当時はStaynightを見るような事を書いてましたが、実際にアニメが始まると相変わらずUFOの映像作りと演出が合わず見なかったという(笑)

漫画もあるんですね。そっちが合うなら、これほど有名な作品ですからいつかは触れないといけないなーとは思います。
Trackback

Fate/Zero 第25話(最終回) 「Fate/Zero」 感想

終わりの始まりの物語。 とうとう終わってしまいましたね。 最後まで面白かったです。 エンドカードで粋なことをしてくれたスタッフ、最高です! 始まり(ゼロ)に至る物語、第

Fate/Zero 第25話[最終話]

Fate/Zero 第25話[最終話] 『Fate/Zero』 ≪あらすじ≫ 聖杯の本質を知った切嗣は、残った令呪二画を全て消費することでセイバーに強制的に《約束された勝利の剣》を使わせてその破壊に...

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第25話 「Fate/Zero」 感想

「Zero」の終わり、「stay night」の始まり―

Fate/Zero 第二十五話(最終回)「Fate/Zero」 感想!

ノーベンバー11を思い出すね。

『Fate/Zero』#25「Fate/Zero」(最終回)

「言峰綺礼、この景色こそがお前が求め欲していたものだ」 始まり(ゼロ)に至る物語、第四次聖杯戦争、終焉へ―― 求めていた聖杯の姿を知り、 3つの令呪をもってセイバーに聖

Fate/Zero第25話(最終話)感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/fatezero-ced3.html

Fate/Zero 第二十五話「Fate/Zero」 感想

始まり(ゼロ)に至る物語、第四次聖杯戦争、終焉へ―― 絵コンテ:あおきえい  演 出 :あおきえい・恒松圭・野中拓也 作画監督:須藤友徳・碇谷敦 作画監督補佐:石塚みゆき ...

Fate/Zero 第二十五話 Fate/Zero

Fate/Zero 最終話。 そしてZeroに至る。 以下感想

Fate/Zero 第25話 「Fate/Zero」 (最終回)

そして物語は"Zero"へ── 聖杯戦争も終焉を向え衛宮切嗣の辿り着く先は。これはZeroに至る物語、そして世界を救いたいと本気で願いヒーローを目指した男の生き様と末路、その生涯を

Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」

Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」   切嗣の令呪に従いセイバーは 聖杯にエクスカリバーを放つ! ランスロットの苦悩を理解できなかった王失格の自分への罰なのか? 後悔の中、セイバ

終演。 Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」感想

Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」感想 かわいいは正義の味方。

Fate/Zero 2ndシーズン 第25話「Fate/Zero」(最終回)

Fate/Zero アンソロジードラマCD Vol.1(2012/06/14)不明商品詳細を見る  間桐 雁夜は、バーサーカーが敗れた後も死んではいませんでした。しかし、そのまま散っていった方が幸せだったのかも...

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第25話「Fate/Zero」(最終回) 感想

「僕はね、正義の味方になりたいんだ」切嗣のシャーレイにはいえなかった夢。そしてそ

【一言アニメ感想】Fate/Zero 第25話(最終回) 「Fate/Zero」

to be continued… 見てない人はネタバレ注意。 to the beginning(アニメ盤)(DVD付)(2012/04/18)Kalafina商品詳細を見る

Fate/Zero:25話感想&総括

Fate/Zeroの感想です。 それぞれの決着、そして聖杯を破壊した先に待っていたものとは…。

Fate/Zero 第25話(最終回) 「Fate/Zero」 感想

聖杯を破壊しろ! これは、人の気持ちが分からない王に課せられた罰? セイバーと衛宮切嗣も、すこしは分かり合えたらよかったのに。・゚(´pωq`)゚・。 あれ?冬木市が爆発した...

2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第25話 雑感

[Fate/Zero] ブログ村キーワード Fate/Zero 第25話 「Fate/Zero」 #Fate2012 #ep25 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物語。 ...

Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」

残り二つの令呪を使い聖杯の破壊を命じられたセイバー! たった三度の命令のみの関係で一体切嗣の何が見抜けたというのか、身近に仕えてくれた者たちの心すら見通せなかったのにと後...

Fate/Zero 最終回「Fate/Zero」

Blu-ray Disc Box II [Blu-ray] 『僕はね、正義の味方になりたいんだ』 制作 : ufotable 監督 : あおきえい 衛宮切嗣:小山力也   セイバー:川澄綾子   アイリスフィール:大原さやか...

アニメ「Fate/Zero」2ndシーズン 第25(最終)話 Fate/Zero

RETURN TO ZERO Fate/Zero Original Image Soundtrack(2007/12/31)イメージ・アルバム、いとうかなこ 他商品詳細を見る 僕はね、正義の味方に、なりたいんだ。 「Fate/Zero」2ndシーズン」第25話のあらすじ...

Fate/Zero 第25話 『Fate/Zero』(終)

ついに最終話。 こうして物語はZeroへと紡がれる… ※以下ネタばれあり

Fate/Zero 第25話 Fate/Zero レビュー 最終話

第三の令呪を以て、重ねて命ずる セイバー、聖杯を破壊しろ! セイバーは令呪によって命じられ強制的に宝具を発動され 残存魔力の全て、サーヴァントとして限界する事ができる力も

Fate/Zero2ndシーズン第25話(最終回)「Fate/Zero」

Fate/Zero2ndシーズン第25話(最終回)「Fate/Zero」「僕はね、正義の味方になりたいんだ」聖杯を壊すように命じた切嗣いよいよ終結する聖杯戦争のゆくえは?公式HPより始まり(ゼロ)に至...

Fate/Zero 2ndシーズン 第25話(最終回)「Fate/Zero」

Fate/Zero 2ndシーズン 第25話(最終回)「Fate/Zero」 「僕はね、正義の味方になりたいんだ」 聖杯を壊すように命じた切嗣 いよいよ終結する聖杯戦争のゆくえは? 公式HPより ...

Fate/Zero 2ndシーズン 第25話(最終回)「Fate/Zero」

Fate/Zero 2ndシーズン 第25話(最終回)「Fate/Zero」

Fate/zero 2NDシーズン 25話(最終回)

これが聖杯戦争に参加した者たちの「運命」。 締めくくりというよりは次の作品へ繋げるような形で最終回を迎えました。 既に続編であるstaynightはアニメ化されているようなので そ

Fate/Zero 最終話 

綺麗な月の光の下で受け継がれる思いは呪縛へ

まとめtyaiました【Fate/Zero 最終話 「Fate/Zero」 感想】

世界の平和を願い、小を切り捨て続けた男の手の平に残ったのはたった一人の少年の命。

Fate/Zero 第25話[最終話]

Fate/Zero 第25話[最終話] 『Fate/Zero』 ≪あらすじ≫ 聖杯の本質を知った切嗣は、残った令呪二画を全て消費することでセイバーに強制的に《約束された勝利の剣》を使わせてその破壊に...

アニメ感想 Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」

そして運命はまた廻り始める

「Fate/Zero-2ndシーズン」第25話 最終回

【Fate/Zero】 サブタイトルに偽りなしの内容だが。果たして、これは・・・。 Amazon.co.jp ウィジェット

(アニメ感想) Fate/Zero 第25話 「Fate/Zero」

投稿者・ピッコロ ヴァイスシュヴァルツ エクストラブースター Fate/Zero BOX(2012/02/25)ブシロード商品詳細を見る 始まり(ゼロ)に至る物語、第四次聖杯戦争、終焉へ―― ☆Fate/Zero ...

Fate/Zero 第ニ十五話 「Fate/Zero」 感想

聖杯の正体を知った切嗣、彼は令呪を使いセイバーへ聖杯の破壊を命ずるのだった。 ここにきて、セイバーは周りの人たちが言っていた「王は人の気持ちがわからない」という言葉の
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。