アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 12話 「Absolution ; 容赦」 感想

今更だけどチェリー・ルークってめちゃくちゃいじめられそうな名前ですね。

クロム・ディザスター戦決着。
うーん、いまいち敵の脅威が伝わってこなかった。レベル9の黒雪姫がタイマンで苦戦するくらいには強いんだろうけど。
まあシルバー・クロウの追撃・決着シーンでの作画が素晴らしく、見応えがあったので特に文句を言うほどではないですね。

前回ヘタレてしまった親に変わり、今度は自分が恐怖に呑まれてしまったハルユキ。
彼が恐れていたのは「負けることで周りからどう見られるか」「先輩に見放されるんじゃないか」ということですね。
「加速」をテーマにした本作に於いて、振り返ることや必要以上に周りを気にすることは加速の妨げにしかなりません。前回の先輩は過去の罪に囚われて、今回のハルユキは周囲の目線に耐えかねて「加速」を止めてしまった。
前だけを見据え、ひたすら突き進んでいくことがこの世界の本質であり、だからこそ黒雪姫の「逃げずに敵と戦うのみ」という精神論寄りの理念にも正当性があるんじゃないかな。
ハルユキの飛翔シーンでも、ひたすらに先を目指す構図、シーンが強調されていて徹底していると思います。

チェリー君もその意味では同じく先へ進みたくて災禍の鎧に身を任せた人物なわけですが、自分の仲間も、誰よりも認められたいと望んだニコにさえも傷つけてしまっている時点ですでに目的と手段が入れ替わってしまってますね。歪んでしまった目的への邁進はこの作品的には「加速」ではないのでしょう。


ニコはいいキャラだなぁ。
砲撃に黒雪姫を巻き込んだのは、何も一石二鳥を狙ったわけではないと思いますね。狙えるチャンスがあそこしかなかったというだけでしょう。それでも憎まれ口を叩くあたりが可愛いです。
しかし、せっかくのチャンスを前に躊躇してしまい、撃てなかった彼女。
以前から先輩がフラグを立てていた通り、ここでブレイン・バースト内での親子問題がクローズアップされました。たかがゲームだけど、彼女たちにとっては現実世界以上の時を過ごしたであろう世界。そんな中で、孤児であり親のいないニコやチェリー君にとって親子の絆を擬似的に味わえるこのシステムは、一種の呪いとなってしまったのではないでしょうか。「親子」、そして「王と配下」というゲーム内での関係性に縛られすぎて、最初にあったはずの絆を忘れてしまった。
だからこそ、チェリー君がブレイン・バーストから離脱したことで元の関係にリセットすることができたのでしょうね。
ゲーム内の人間関係が、そのまま現実世界でのそれに影響を及ぼすことがある一例を示したエピソードでした。

敵対するはずの王でありながらも、仲間となったニコ。
彼女のキャラはかなり好きだし、メンバーにいるとにぎやかで楽しくなるので今後もコンスタントに出番があるといいな。
それにしても、やぐされ口調に馴れすぎたせいで彼女がロリボイスで喋るたびにコレジャナイ感がしてしまうのは私だけですか?(笑)



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

ディザスター編決着~♪ 戦闘シーンがメインになるとずっとデュアルアバターですね(´・ω・`) 重砲撃な赤の王もカッコイイですが。 やっぱりニコちゃんは、可愛らしい素顔が

アクセル・ワールド 第12話

アクセル・ワールド 第12話 『Absolution ; 容赦』 ≪あらすじ≫ 黄の王であるイエロー・レディオを背後から襲撃した《クロムディザスター》。そのままハルユキたちは、タクムがおら

アニメ感想 アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

災禍の鎧編終了?

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」です。 さて毎週土曜

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」 感想

絆という大切な繋がり―

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

「一度戦場にダイブしたなら  相手が誰だろうとひたすら戦闘あるのみだ!」 圧倒的な強さのクロム・ディザスターとの戦い! 恐れを感じるハルユキにバーストリンカーの在り方と親の

『アクセル・ワールド』#12「Absolution;容赦」

「あの小娘こそ誰よりも信じ、求めているんだ。 バーストリンカーの最後の絆を」 親子の絆。 初のレベル9同士の戦い。 と思ったら、イエロー・レディオが背後からクロム・ディ

まとめtyaiました【アクセル・ワールド 12話 「Absolution ; 容赦」 感想】

今更だけどチェリー・ルークってめちゃくちゃいじめられそうな名前ですね。

2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第12話 雑感

[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第12話 「Absolution:容赦」 #AccelWorld2012 #ep12 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

五代目クロム・ディザスターを討伐するという原作2巻部分のエピソードは今回で終了。シルバー・クロウの背中の違和感に関しては当分出てこないはずなんですけど・・・もしかして5巻

アクセル・ワールド 第12話 『Absolution;容赦』 黄の王とは何だったのか。

自分以外は全て敵。そういうゲームなのは分かりますが、協力を求めながら春雪や黒雪姫ごと砲撃するのは如何なものでしょう。あわよくばクロムディザスターと黒の王を一緒に葬りたい...

◎アクセル・ワールド#12Absolution;容赦

→イエローが誰かに刺される。ニコ:なんでだ?こっちの時間じゃ一日余裕があったはずなのに。ハル:電車の中でバーストリンクを。→黄色が逃げる。→周りのプレイヤーを倒していく...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。