アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

その他

2012年夏アニメ 雑感

結構見てるのに感想書いてる作品が3つってのはどうなんでしょう。

今期は見たいアニメが日曜に固まり過ぎて大変です。宇宙兄弟入れたら5作ですからね。TARITARI→人類は衰退しました→境ホラ→TEの流れが天下一品並みのこってり味でヤバいです。
集中力が持たないのでTEは後日に視聴するようにしています。
逆に火、水は見るものがない状態。あと、「この中に1人、妹がいる!」が評判聞いてるとちょっと面白そうなのでBSでの放送が始まったら追っかけ視聴してみようかなと考えてます。
とりあえず各作品の雑感をば。


TARITARI

Don't cry forever I need your love♪
タイトルで「あれ?」と思ったら発想も同じなのね。

ジャズの次は合唱か。最近は色んなジャンルの音楽をアニメで楽しめていいなーと思います。2話のEDの入りは素晴らしかった。
早見さんはスタドラで挿入歌を、瀬戸さんはちはやふるでEDを歌ってましたね。デュオでの合唱でも十分聞き応えがあったのに、さらにガチの声楽経験者高垣さんと低音担当と思われる男キャラが数人控えてるんですよね。楽しみだー。

制作会社のP.Aは美麗な背景と緻密な芝居作画で有名ですが、今作では花いろやAnotherに比べ微妙に背景とキャラの動きがかみ合ってない気が……。OPの走りとか顕著だと思うけど気のせいかな? 十分水準以上ではありますが。

ストーリーは展開が速くていいですね。
キャラクター一人一人が一生懸命なので好感が持てます。
ヒロインは皆それぞれギャップのある可愛さが魅力的。
和奏ちゃんはポニーテールに加え、授業時限定メガネっ娘というアニメでは珍しい属性持ちでポイント高いです。クールキャラかと思ったら低すぎる英語力やケーキを一度に3個平らげる大食いっぷりを見せ、だんだんと残念な一面が窺えるようになってきましたね。
来夏ちゃんはちはやを髣髴とさせる体当たりアホの子ヒロインとしての側面と、ヘタレキャラ+対弟時に発揮するクソ姉貴っぷりがいいギャップになってて魅力的なキャラに仕上がっています。
そして今のところ欠点のないハイスペックヒロイン紗羽ちゃん。ミニスカ乗馬、お寺の娘なのにオシャレさんであり巨乳であるというこれまたギャップの激しいキャラとなっています。

男キャラも間違った日本の知識でボケ倒す帰国子女ウィーンが妙に微笑ましくていいですね。田中君もツッコミ兼いじられ不憫キャラとして存在感を発揮してきています。


人類は衰退しました


これは素晴らしいですね。アニメ化によるメリットが原作未読でも見て取れます。
ファンタジックな絵柄、独特の世界観、シニカルかつブラックなセリフ回し、キレキレのシュールギャグ、それら全ての要素がほぼ完璧に噛み合ってます。他のアニメにはない独自の雰囲気があってつまりはすごく好きな作品。

そしてこのアニメは中原麻衣さんオンステージでもあります。
ダウナーで腹黒いがやけの度胸のある主人公「わたし」に完全に憑依してる感じですね。セリフの良さもありますが、彼女の絶妙な演技も確実に笑いの誘因になっていると思います。

不条理ながらも何故か巧みな伏線回収で完成された物語になっていますね。
なんか褒めっぱなしですがマジで隙のない出来です。

ファンタジックな絵とファンシーな雰囲気を纏いながらもよく聞くと暗い歌詞の楽曲がマッチしたEDは今期で1番好きかもです。歌手は聞いてすぐ「空耳ケーキ」の人だと分かりました。
まずはテレビで楽しみ、週末にニコニコ配信でコメント有りでもう一度見直す。これ最強です。


トータル・イクリプス

初っ端からいきなり前後編をやるという思い切った構成。
この2回はどうやら丸々プロローグだったようです。絶望感に溢れ、グロシーン満載の暗い作風ということで、特に好みが分かれるという事で付いていけない人を振り落とすための作品のガイドライン的な意図があったのでしょう。

とりあえず方向性はわかったけど、面白いかどうかの判断はまだ保留の段階ですね。どう考えても詰んでる戦況でここから反撃が始まるのか、それともあくまで抵抗を続ける人間たちのドラマを描いていくのか、どっちに転ぶにしても本当に物語が始まるのは多分これから。ハマりそうな予感はなんとなくあるから、少なくとも録画は続けていきたいと思う。


もやしもんリターンズ

原作既読。一期未視聴。YouTubeで配信してるとか何とか。
まずキャラデザが原作にかなり近い。次に声優が結構豪華。能登さんinムトーさんは意外だったけどかなりハマってる印象。オリゼー菌の声が冬馬由美さんとかテンション上がる。

蛍の声が男の声で違和感しかねーと思ってたら女性声優じゃねーか! 女にしか見えない男キャラの声を男声にしか聞こえない女性声優が演るとかなんかすごいことになってんな。

ストーリーと雑学講座の配分は良好。菌のCGが自然に画面に馴染んでて驚いた。陰毛ネタとか女装男とかいなけりゃ朝にNHKでやれた内容だと思う。


夏雪ランデブー

これは切ない。アニメでは中々見られない大人の恋愛物ですね。
幽霊となった夫・篤が六花に言い寄る主人公・葉月をことごとく邪魔する様は主人公視点から見るとこのうえなくウザイんですけど、逆に篤視点から見ると六花が葉月に迫られて受けいれる姿勢を取っているのがたまらなく辛いんですよね。
どっちにも感情移入できるつくりになっているから、視聴者も誰が悪いわけでもないことが理解できて切なさ乱れ撃ちです。

三十路ヒロインの六花さんもショートカットで恋愛を捨てていると言いながらいざ迫れると意外とガードが緩かったりするのが微妙にリアルなのかも。いや、未亡人口説いたことがないので知りませんが。
この手のヒロインの比較対象として浮かぶのはやっぱり音無響子こと管理人さんですかね。彼女のガードは堅い方だったと思いますが、やはり死んだ夫のことを想いながらも男に思われて満更でもないそぶりを見せていましたし、女というのはそういう生き物なんでしょう多分。

2話のラストは秀逸ですね。一事の気の迷いで夫を裏切りそうになり、熱を出してうわごとで名前を呼ぶ六花の姿が篤にも葉月にもやるせない感情を引き起こしてるのが何とも言えません。おまけに演出・絵コンテが山崎みつえさんですよ。アポロン10話といい、良い仕事しますねー。


じょしらく

落語がアニメで見られるのかと思ってたらいつもの久米田(敬称略)だった件。
まあガチで落語やられてもちゃんと楽しめたかどうかは自信がないのでこれはこれで。

無駄に動く1話。時事ネタやブラックジョークを肴に女の子の可愛さを楽しむ作品で、水島監督お得意の畳み掛けるようなテンポの良いギャグが中々の好相性。
ただ、一つ一つのネタに脈絡も連続性もないので笑える時と笑えない時との温度差でいまいちノリ切れない感がある。話題になってる危険なネタに関しても、同時期にもっとスマートにやってる作品があるので微妙にインパクトが薄れている感がします。あくまで私の感覚ですが。
良くも悪くも普通の萌え系ギャグアニメの域を超えられてない印象があります。普通に面白いんですけどね。

OPとEDは素晴らしいですね。曲の好き嫌いに関係なく、こういう完全にアニメのOPとして作られた曲は好感が持てます。ももクロは最近アニメの露出が増えすぎて(ファン層そんなに被ってなくね?)なんだかなー、と思ってたんですが今回は素直に良いと思えました。


ソードアート・オンライン

これがネット上では今期で一番盛り上がってる作品みたいですね。宣伝にも力が入っています。

私は昔WEB版で原作を読んだことがあるのですが、大分構成が変わってますね。私の記憶ではWEB版は既にゲームがかなり進んだところから物語が始まった記憶があるのですが、このアニメではゲームの始めから主人公キリトの軌跡を描いていくようです。

感想としては、期待を裏切らない出来だという印象を受けました。
アインクラッドというゲームの中の世界の風景に、システマチックな技発動時の動きとエフェクト。ファンタジーであり、ゲームの中でもあるという二つの要素を見事に表現してるのではないでしょうか。2話のボス部屋はいかにもゲームらしい感じでよかったです。

1話は説明中心回ながら、山寺さんの起用とラストの走る主人公が叫びOPへと突入していく完璧な流れで強烈な掴みのある文句なしの導入回でしたね。
しかし続く2話は個人的にはちょっと不満の残る出来でした。
まず、一部のセリフが唐突かつ不自然に聞こえた点。「チーターじゃない、ビーターだ!」というセリフは言い回しが珍妙過ぎてギャグみたいな印象。
そしてチームのリーダーが死ぬ際のいまいちリアリティのないやりとりと演出。
この点は普段ならそんなに気にならなかったと思うけど、同じ日に再放送されていたナディアで犠牲を強いられた船員が主人公に穏やかに別れを告げるが、死の間際にパニックを起こし「死にたくない」と叫ぶエピソードを見た後だったので、安っぽい印象を受けてしまいました。

脚本には少し不満があったものの、ヒロインお披露目+アクション回としてはとても満足のいく出来でした。ヒロインアスナの顔を隠し、フードが取れた後はずっとキリッとした表情で描いておくことで、最後に見せる笑顔の破壊力を増大させています。あれは可愛い。
また、戦闘シーンも新井さんを始めとした有名アニメーターさんを起用し、目まぐるしいカメラワークと躍動感溢れる動きで魅せた気合の入った出来でした。
アクション作画監督・コンテは鹿間さん。私はあんまりアニメーターさんには詳しくないのですが、彼の名前はスタドラ12話のカッコ良過ぎる作画に一目惚れしたのがきっかけで覚えています。
今回のキリトとアスナの連携を魅せる構図もキレがあって素晴らしかったです。


ココロコネクト

話は使い古されたネタだし、会話劇もあんまり巧い印象を受けないけど、不思議と嫌いじゃない作品。
多分普通のゆるい青春アニメとは違うことをやろうとする意欲が見えるからだろう。

仲良し五人組の少年少女が、アトランダムな人格入れ替わりを経て徐々にそれぞれの影が見え始め、ギクシャクしていっているのが面白い。伊織の存在証明の問いは唐突過ぎて浮いてたけど、彼女たちの置かれた状況を鑑みるとシャレになってないですね。苦味のある青春と言えば「氷菓」ですが、この作品はまた違う切り口で見せてくれそうなので楽しみにしてます。

OPはノエインの人か。黒板でキャラ紹介をする演出が結構好きです。ヒロインは皆可愛いけどお気に入りは稲葉ちゃん。精神が強そうに見えてその実脆さを隠し持っている感が非常にツボですね、沢城さんのハスキーボイスも男演技にハマッてて素敵です。



以前今期は視聴数減らしたいとか書いた気がするけど、結局全然減ってない(笑)
なんだかんだで毎クールハマれるアニメがあって非常に充実しております。毎クール懲りずもせず「見るもんねー」とか文句言ってる人の気がしれません。
切ろうかどうか迷ってたエウレカもエウレカが登場してから怒涛の伏線回収で話が一気に見え出し俄然面白くなってきました。
とりあえず土・日のラインナップが鉄板過ぎて毎週週末が楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ