アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

氷菓

氷菓 15話 「十文字事件」 感想

才能の有無と適材適所。

このカンヤ祭編、すごく面白いんだけど今までの「氷菓」とはちょっとテイストが違った作りになってたと思います。
しかし、今回はすっごくしばらくぶりに古典部4人で事件の推理をする展開が挟まれて、いつもの「氷菓」が帰ってきた!、と妙なところでテンションが上がってました。

ミステリーというジャンルでありながら、謎そのものよりも謎に相対する登場人物たちの感情の揺れ動く様をメインに描いてきたこの作品。今回は特にその点がクローズアップされているように見えて、非常に俺得な回でした。

カンヤ祭編では奉太郎はあくまで部室から動かない、傍観者的な立ち位置に終始していて物語を動かしているのは他の三人になっている。
今回は里志が明確に奉太郎に対する羨望、あるいは対抗心を見せてきましたね。
古典部の利益を考えるなら「十文字」は泳がせていく方が都合がいい。後に工作部の存在が明らかになりましたが、里志があえて犯人を捕まえようと思った理由は別でしょう。奉太郎よりも早く、犯人を捕まえて自分の力を証明したい。
彼は当初から「データベースには答は出せない」と嘯いていましたが、その裏で奉太郎のように真実を暴いてみたいという気持ちがあるんでしょうね。
しかし彼の意気込みは空回りし、推理の明らかな穴をあっさり奉太郎に指摘される。結局は向いていない、入須先輩の言葉を借りれば「才能がない」んでしょうね。


余談だけど手品を楽しみにしてる入須先輩が超可愛かった。前回もそうだったけど、ああいうキャラが普通の女の子らしい面を見せるとすごくグッと来ますね。


ええと、何の話だっけ? ああ里志か。
彼に推理が向いていないというのは、才能がないということにもなるんだけど、見方を変えると他の面では奉太郎に優る才能があるということ。たとえば前のクイズ大会のように、彼には彼なりの活躍の場がちゃんとあるんですね。要は適材適所。
ただ、彼の不幸は「やりたいこと」と「能力」がおそらくは一致していないこと。自分には他にやりたいことがあるのに、その方面への才能がないことをおそらく誰よりも理解しているのは里志自身だ。そして近くに自分の欲しい物を持った人間がいる時、その絶望は嫉妬になる。
里志は実は今大きな壁にぶち当たってもがいている時なのかもしれませんね。これが彼の「氷菓」である、と。

適材適所の話で言えば、えるの交渉シーンもそれに当てはまると思います。
前回入須先輩からレクチャーされた交渉術をタバコ先輩に使おうとするが、結局全然使いこなせず情報を与えるだけに終わってしまった。壁新聞に古典部の名前がありましたが、別に義理立てしたわけではないでしょうし。
えるは天然で人にモノを頼むのが上手い人間だと思っていたけど、よくよく考えるとそれが成功しているのは彼女の好奇心が発揮している時だけなんですよね。だから、始めから利益目的で交渉に臨んでも全然力を発揮できない。この役割もまた、彼女に向いていないのです。
おそらくえる自身もぼんやりと違和感を感じているから、うかない顔をしているんだと思います。里志との違いは自覚の有無かな。

そう考えると奉太郎の今のポジションは本人の資質、性質的にもまさに適材適所ですね。前エピソードではボロクソにされる立場だった彼が、今回は余裕を持って他のメンバーが右往左往する様を見ているという構図が面白いです。

そして完全にこのエピソードのヒロインと化している摩耶花は今回も可愛いですね。
前回の助力に彼女だけ礼を言わなかったのでモヤモヤして見てたんですが、二人きりの時にちゃんと言ってくれたので安心しました。この二人の距離感は嫌いじゃない。

摩耶花は相変わらず漫研で問題を抱えていて、仲間に頼ることを「泣き付く」と解釈しちゃうあたり難儀な正確だなーと思います。まあ相手が里志だからかもしれませんが。
キング先輩はだんだん良い人っぽい描かれ方になってますね。手品の時の会話といい、「夕べには躯に」の作者の一人と友達だったことといい、だんだん彼女の考えが見えてきたような気がします。
あの摩耶花との舌戦は、多分半分は客寄せのためのポーズでしょうが、彼女の語った理論自体はおそらく本音でわりと本気で意見をぶつけていたと思います。しかし、摩耶花を本気で嫌っているわけでも、「夕べには躯に」をバカにしているわけでもない。前回の描写から少なくともイラストの技術は確からしいですし、彼女には彼女なりの拘りがあるのでしょう。

摩耶花はボカロ集団から疎まれ、漫研内で微妙な立場に立たされている。部長さんがフォローに行ったけど、正直客寄せに利用しといて何を今更と思わないでもない(笑)
先輩に物怖じせずに意見を言える人間として、あのポジションは彼女の資質に合った適材適所なんだろうけど、今の所は居心地の良い空間ではないみたいですね。
彼女の立場がどう落ち着き、キング先輩との確執がどう決着するのか、十文字事件よりもよっぼと気になります!



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

【感想】氷菓 15話 ふざけるな何が名探偵だ

氷菓 15話「十文字事件」 の感想を いまだ完売は程遠し、山積みにされた例の”アレ” そんな所に宣伝効果絶大の十文字事件が勃発、これに乗らない手はないが… 肝心の古典部の探...

氷菓 第15話 「十文字事件」 感想

「十文字」の謎を追え―

氷菓 第15話「十文字事件」

氷菓の第15話を見ました 第15話 十文字事件 「珍しく弁当を作ってくれたのは有難いが、姉貴よ…何故エスニック…?」 奉太郎がお弁当を食べていると、ワイルド・ファイアに勝...

氷菓 第15話 「十文字事件」

 奉太郎のお弁当の豪華さ。

氷菓 第十五話「十文字事件」

氷菓 第十五話「十文字事件」です。 アニメ版『氷菓』も、『クドリャフカの順番』の

氷菓 15話「動かない安楽椅子探偵折木と動く福部。疲れるえるたそ」(感想)

まだまだ続く学園祭。 十文字を捕まえることを決心する福部。 今までに見せたことない姿です。 今回は動かないで推理する折木と 動く福部が対照的に描かれました。 そして福部

『氷菓』#15「十文字事件」

「奉太郎、十文字は僕が捕まえてみせるよ」 お料理対決では見事優勝した古典部だったが、 それでも宣伝だけでは弱いという里志。 もっと派手なことをやらないと!ということで、 ...

氷菓〜15話感想〜

「十文字事件」 カンヤ祭で次々に起こる謎の事件。 えるは奉太郎に十文字の謎を聞こうとするがあまり乗り気ではない様子だった。 里志と摩耶花もこの事を追い、壁新聞部に...

氷菓 第15話「十文字事件」

えるちゃんたちは、ワイルド・ファイアに勝って古典部に帰還。 奉太郎の出した小麦粉での勝利で盛り上がってますね(´▽`*) そしてもうひとつ... カンヤ祭の裏で暗躍する怪盗・

氷菓第15話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/07/post-59b7.html

氷菓 第15話 「十文字事件」

氷菓 限定版 第3巻 [DVD](2012/08/31)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る 千反田える、壁新聞部に入須冬実に教わった必殺技を 行使して、古典部のことを話題にして貰う算段成功

氷菓 第15話「十文字事件」

里志のライバル宣言!? 脱・データベエースで男気を見せることはできるのかっ

氷菓 第15話 「十文字事件」 感想

文化祭、結構引っ張りますね。 この分だと次回でもまだ解決しなさそうな感じですよ。 奉太郎は十文字事件について、えるが気になるから仕方なく考えてるって 惚れてるじゃないです...

氷菓:15話感想

氷菓の感想です。 十文字事件に乗っかっていこう!

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第15話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第15話 「十文字事件」 #kotenbu2012 #ep15 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか

動かざる奉太郎、駆けまわる里志 アニメ感想 氷菓 第15話「十文字事件」

気になります発動5秒前

氷菓 第15話

「十文字事件」 奉太郎、十文字は僕が捕まえてみせるよ

(アニメ感想) 氷菓 第15話 「十文字事件」

投稿者・ピッコロ 未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る ☆氷菓 第14話 「ワイルド・ファイア」の感想をポッドキャストにて収録! 爽やか学園青春ストーリーで

氷菓~#15「十文字事件」

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第15話 お料理...

『氷菓』 第15話 観ました

とりあえず今回は事件の概要と犯人が目指すであろう犯行の形の予測が出来るようになったところで終わりで、まだ文化祭二日目でした。古典部的に気になるあの山は一日目最後のときの...

氷菓 第十五話「十文字事件」

 自分の抱える問題が、きれいに、何一つ無くなった瞬間なんて、今までに一度もない。  いつだって僕らは、多かれ少なかれ、或いは大小を問わず、常に何らかの問題に悩まされ続

氷菓 第15話「十文字事件」

こうなった好奇心の天使・・・いや、ここまできたら堕天使か?w・・・は奉太郎には止められない(笑)。 クドリャフカ編はこれまでと違って古典部の4人にほぼ均等に比重を置いた群

[アニメ]氷菓 第15話「十文字事件」

ミステリーっぽくなってきましたよ。それと同時に摩耶花と里志が心と体で動き出す。摩耶花の漫研での立場とか居心地の悪さはなんとかしてあげたいですね。

◎氷菓第十五話「十文字事件」

Щ古典折木:弁当ありがたいが、なぜエスニック。サト:勝った勝った。折木:オメデトウ。エル:折木さんのおかげです。サト:驚いたよ。エル:見ていただきたいものが、これです。...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ