アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾンⅡ 6話 「広場の男女」 感想

貧乳回避!! 自らの身を削ってまで忠義を尽くすネイト、健気だなー(泣)


ネイトは終始押され気味だったけど、なんとか強引に相打ちに持ち込んだということでいいのかな? ウオルシンガムと一緒に水中に沈んでいったが、彼女だけ結界から戻った描写がないし心配である。

誾さん対ドレークはなんであの聖譜顕装相手に普通に攻撃できてるのかわからなかったけど、動きが凄まじかったので良しとします。
調べてみると、どうやら攻撃失敗の結果として攻撃が当たるように誾さんが技を調整していたという化け物染みた立ち回りをしてたみたいですね。その様子もちゃんとアニメーションとして表現されているみたいなので、後で確認しておきます。
とにかく、一見チートに思える能力も「解釈ですり抜ける」というのは非常にこの作品らしくて良い攻略法だし、誾さんも格の違いを見せてくれたので満足です。

ネシンバラが過去の痛い発言に赤面するのが意外でした。重症の中二患者のくせに。
かつて二人の少女と交わした約束、三人で一緒に作家になること。しかし少女のうち一人は死に、そしてネシンバラは作品を書かなくなった。
ただ一人だけ作家になったシェイクスピア、彼女が過去の約束に拘っているのに、ネシンバラは忘れてしまっているのが哀しいね。そしてシェイクスピアが二人のうちどちらかも分からない。これはちょっと擁護できないですねー。

トーリとホライゾンのデート。
ホライゾンの感情が大罪を司るものしかないのなら、そこに正の感情はないのか? この疑問はちょっと気になっていた所でありますね。正確な答は「その時になってみないと分からない」でしょう。
しかし、トーリはホライゾンに悲しみに抗う意志があるのならそこに正の感情はある、といいます。
悲しみを持っている時が-5だとして、そこから平常の0に戻るには+の力が働いている、という理屈でいいのかな。
自分の感情を取り戻すことが末世を解決し、世界平和に繋がる。自動人形であるホライゾンにはそれが戦争をするだけの理由足りえるのか分からないから彼女は判断を保留しました。これもまた、正にも否にも振れない境界線の答かな。
トーリはさすがのブレなさでホライゾンの心配を払拭し、戦争への意志を新たにする。何気に2期で初めて決めたなー。

点蔵尻ばっか見てんじゃねーよと言いたいが、自分も人のことは言えないので悔しいです。
所々イケメンぷりを発揮してるのに、一々童貞臭い反応をするせいで台無しにする辺りが実に点蔵である。しかし後者の部分はメアリにはバレてないという……。
あ、そうそう傷有りがダブル・ブラッディ・メアリだということが発覚しましたね。まあ3話の時点で既に彼女をメアリ呼ばわりしてる方がいらしたので知ってましたけど、ええ。
子供を颯爽と助ける点蔵の前に現れた偽メアリ、キャストからもエリザベス女王ですね。「Why so serious?」とか言われるとジョーカーさんを思い出すんですが、それはともかくマイシスターという台詞からメアリとエリザベスは姉妹であることが分かります。
今回のそっくりな変装っぷりを見るに、ロンドン塔で姿を見せていたメアリはエリザベスでしょうね。多分、処刑のその日までメアリに自由な時間を与えていたのでしょう。ただの善意かどうか、他にも約束事があるような口ぶりでしたが果たして。

あと、アリクイを心配する私の正純が天使でした。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

>そしてシェイクスピアが二人のうちどちらかも分からない。これはちょっと擁護できないですねー。
シェイクスピア本人が自身がどっちなのか分からない上での発言なのでネシンバラが詰まるのはしょうがない所が有りますね^^;;なにせ10年ぶりの再会でもありますから。

No title

>みやんさん

コメントありがとうございます。

シェイクスピア視点から見ると「酷い奴だなー」と思ったのですが、言われてみれば確かに。幼少期の思い出(しかも黒歴史)なんてそうそう覚えているもんじゃないですね。フォローありがとうございます。

No title

>まあ3話の時点で既に彼女をメアリ呼ばわりしてる方がいらしたので知ってましたけど
本編の話じゃなくてどっかでネタバレ食らったってことですよね?実は俺もです。(察しは簡単につくが)
ウチのブログみたいにしつこいぐらいネタバレ注意と書け!!・・・とは言いませんが、せめてドラッグしたら読めるようにしといて欲しいです。TB送るなら尚更(ボソッ

面白い作品ほど沢山の感想を読みたいのに、ネタバレを食らう可能性がある恐怖。そんなジレンマ。普段は安心できるサイトしか見ないのにたまに冒険したくなって痛い目を見るw

ま、こればっかりはどうしようも無いのだけれけど。個人の自由だし。・・・何か愚痴ってすみませぬ。

No title

>虚天丸さん

コメントありがとうございます。

>・・・何か愚痴ってすみませぬ。

いえいえ、愚痴を記事に混ぜたのは私ですし。

ネットにネタバレは付き物で、不意に喰らってしまうことも多々あるんですよね。
私のブログもネタバレを前提としてますし、注釈書いておこうかな。自分が徹底していないと文句言えなくなってしまいますからね。

>TB送るなら尚更(ボソッ

あー、それは返す時に当然記事を読みますし、回避は困難ですね。しかも大抵の場合当人に悪気はないという……。個人の良心に期待するしかないですね。
Trackback

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」 感想

「全てを取り戻したオメエにはたくさんの嬉しい事が待ってるんだからよ」 武蔵英国間の相対戦決着。 そして明かされる驚愕の事実。 ※原作ネタバレありなのでアニメ組の方は要

境界線上のホライゾンⅡ 第6話 広場の男女

ホライゾン2期 第6話。 相対戦決着、そして物語はさらに動き出す。 以下感想

境界線上のホライゾンⅡ 06話「美人薄命な傷有り殿!!」感想

広場の男女 エロゲで歴史を学んできた点蔵。すごく親近感は湧きますね。しかし金髪巨乳こと傷有りの手前、変なことは言えません。尻派でなくとも尻は見ます。ずっと尻をガン見

境界線上のホライゾンII 第6話 「広場の男女」 感想

トーリは強いですね。 決めるところはしっかり決める主人公、格好良かったですよ。 点蔵は爆ぜろ!(笑)  境界線上のホライゾン 公式サイト -Side SunSet- 悲しみは誰の願いで

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」

傷有さんが点蔵くんを案内したのは、 ダブルブラッディ・メアリゆかりの倫敦塔。 実際のロンドンにも多くの塔がありますが、再現されたここもあるのですね。 ほとんどの塔には暗

境界線上のホライゾンⅡ第6話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/08/post-bb42.html

不可能男の決断 アニメ感想 境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」

揺るがぬ不可能男

境界線上のホライゾンⅡ 6話 『広場の男女』

ホライゾンⅡ第6話、トーリとホライゾン、点蔵と傷有りがそれぞれ仲良くデートしているようですが、実は重要な意思決定があったり重大な事実が発覚したりと、ただ楽しいだけのデー

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」、【原作】境界線上のホライゾンV

MBSでは次の土曜深夜に2話まとめて放送なのですが、とてもそれまで我慢できません(笑)ので、BS11で見ることにしました。先週10日に買った原作新刊(5〈上〉巻)を読んだ雑感も含めて

【一言アニメ感想】境界線上のホライゾンⅡ 第6話 「広場の男女」

オパイが勝敗を左右する!見てない人はネタバレ注意。 貧乳 書道家が書いた漢字Tシャツ()(ティータイム)T-time商品詳細を見る

◎境界線上のホライゾンII第6話『広場の男女』

∥浅間:一人でも負ければ相対権限を与えてしまうことになります。Π塔 キズ:ロンドン塔は牢獄なのです。よく知ってますね。クロス;エロゲで学んだとはいえぬでござる。 ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ