アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾンⅡ 7話 「広間の語り部」 感想

点蔵のばか! むしんけー! くず! くず! ばか! くず!

メアリとの別れの時、キスを迫る彼女をヘタレの点蔵は拒絶しました。
お偉いさんとこれ以上お近づきになるわけにはいかないとかもっともらしい理由をつけてましたが、要はビビッたんだろう、そうなんだろう? なんか塔に幽閉されたヒロインというシチュエーションからロミジュリ的な展開を連想したが、どうなるのだろうか。

あざといネイトとか女装トーリとかセグントおじさんとか触れたいけど、会議の情報量多すぎで余裕無いのでスルーします。

ええと、交渉という事で正純ターンなわけだけど、武蔵は英国を貿易拠点として出向許可を得たい。エリザベス率いる英国は武蔵をいいように利用したいから出向許可は出さない、というスタンス?
で、正純は武蔵が主権を得るために自分たちの力で大罪武装を集める必要があり、しかし自分たちが危険思想を持っているわけではないことを示すために開戦権を放棄する。変わりに各国と同盟を結ぶことで大罪武装を平和裏に得る、と。
ここからが難しかったのだけど、エリザベスは他国と同盟を結んでもいいと主張する武蔵に対し武力行使をチラつかせる。対する正純が言ったのが、英国が自ら武蔵を攻撃できない理由と他国に勝算を譲る理由? 英国が自分からそれを言うのは都合が悪いから、正純からあえてそれを指摘したらしい。

細かいところは分からないのだけど、今回の会議こそ境ホラの真骨頂と言っていいですね。お互いに立場の違うもの同士が手を取り合うために、妥協点=境界線上を探り合う。両者にそれぞれ思惑はあるのだけど、どちらも体面を取り繕いながら話すからその真意が掴みづらい。今回の正純の言動は、徹底して英国の現状を理解・整理し、相手が武蔵と同盟を結ぶことを対外的にも堂々と主張できるようにお膳立てをする行為ですね。自分のエゴを通すだけでなく、きちんと相手のことも考えてメリットを提示する。最後に正純が手を差し伸べるのが象徴的です。エリザベスも折れるか、と思った所でトレスエスパニアが乱入すると。
武蔵の動向はアルマダ海戦の行方を左右するものですから、当然黙ってみてはいないでしょうね。どう動くのでしょうか。

そして最後に登場した新キャラ。キャスト名を見ても歴史が超苦手なので誰だか分からないという(笑)


関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

>そして最後に登場した新キャラ。キャスト名を見ても歴史が超苦手なので誰だか分からないという(笑)
実は1期のBパートの最後の方シルエットだけで出てたP.A.Oda所属兼M.H.R.R(神聖ローマ帝国)所属の前田・利家で2期では初登場。

No title

>みやんさん

コメントありがとうございます。

いえ、名前と所属は分かっているんですよ。
ただ、前田利家が日本史においてどんな役割を果たした人物なのか分からない、という意味です。
あ、ネタバレになりそうになので説明は結構ですよ。

こんにちは

始めまして、草薙と申す者です
ブログに訪問して下さってありがとうございます!
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

No title

>草薙さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

>ブログに訪問して下さってありがとうございます!

いえいえ、ブログの訪問者リストに名前があったので。こちらこそ訪問してくださってありがとうございます。

正直プラモとかはよく分からないのですが、アニメの話題には興味があるのでちょくちょく訪問させていただきますね。その時はよろしくお願いします。
Trackback

【一言アニメ感想】境界線上のホライゾンⅡ 第7話 「広間の語り部」

交渉開始!見てない人はネタバレ注意。 爆乳 書道家が書いた漢字Tシャツ()(ティータイム)T-time商品詳細を見る

境界線上のホライゾンII 第7話 『広間の語り部』 エリザベスが第二期ナンバーワンの人気キャラになると思ってた、そんな時期もありました。

武蔵の総長は変態か?はいそうですまごうことなき変態です。エリザベスに指摘されるのは悔しいけど、その通りなので何も言えません。挙句全裸で軟禁されてしまう結果に。外交交渉か...

境界線上のホライゾン?第7話『広間の語り部』の感想レビュー

全裸が女装でやって来た♪回でした。 アレを見て『俺の生き様全裸or女装!』なトーリらしいなぁと認識できるのが原作組、ということでどうかひとつw お話的には、点蔵が天国から地

境界線上のホライゾンII #07

『広間の語り部』

境界線上のホライゾンII 第7話「広間の語り部」

メアリだった傷有りさん。 歴史再現による処刑で、助かるからと点蔵くんに言うけど。 勝負しましょうとキスしたり、これって何かを覚悟しての行動としか... やはりメアリには悲愴

境界線上のホライゾンII 第07話 感想

 境界線上のホライゾンII  第07話 『広間の語り部』 感想  ずっと見てたんですが  感想書けそうにない内容だった上に  週末近辺は作品が集中してるので  書いてません

境界線上のホライゾンII 第7話 「広間の語り部」 感想

正純、大活躍! エリザベスとの駆け引きが面白かったですね。 シロジロのマント、あれは取引上等と書いてあったのかな。  境界線上のホライゾン 公式サイト TVアニメ 境界線

境界線上のホライゾンII 第7話「広間の語り部」

純粋無垢な美女にここまで迫られてもヘタれてしまったテンゾー君はだてに“年齢=彼女いない歴”ではない(苦笑)。 それはさておき、2期も今話で早くも折り返し点になるわけですが

境界線上のホライゾンⅡ第7話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/08/post-4c29.html

境界線上のホライゾンⅡ 第7話 広間の語り部

ホライゾン2期 第7話。 武蔵と英国の本当の宴。 以下感想

境界線上のホライゾンII 第6・7話 「広場の男女・広間の語り部」

境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)(2009/07/10)川上 稔商品詳細を見る ほっちゃん VS ゆかりんだと…!?
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ