アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾンⅡ 11話 「花畑の合格者」 感想

うーん、面白いけどここにきて不満が……。TBは控えときます。送ってくださった方には返しますが。

正直2期最大の見せ場だと思っていた点蔵VSウォルター、メアリ告白&救出シーンが詰め詰めで考える暇なしにどんどん先へ進んでしまうので「メアリかわいい!」「エリザベスかわいい!」「点蔵もげろ!」というような直情的な感想しか抱けなかった。
これまでならそれで良かったのだけど、個人的にこれらのシーンには1期のホライゾン救出シーンに匹敵するテーマ性とカタルシスを期待してたものだから、それらを感じ取れなかった今回には不満が残ってしまった次第です。
最低限の説明はされてたけど、流れが速すぎて何も消化できなかった。今回ばかりは情報の圧縮っぷりが私の許容範囲を超えてしまったのかなと。
まあ明らかに端折られまくってるシーンなんで、この不満は原作を読んで晴らすとします。

不満その2。
三征西班牙にフアナさん達の増援が来ることは分かってたし、期待していた展開ではあるのだけど、一度はセグンドの意志を汲んで引き返したはずの彼らが助けに来るまでの過程がごっそり省かれてしまって、唐突な印象を受けた。
ここも一応フアナさんが助けに来た理屈を言っていたし、それ自体には納得しているんだけどやはり「必要最低限」という印象は否めず、ドラマに厚みが出なかったと思う。シチュエーションは一級なだけに、感情移入できるだけのタメがほとんどないのが痛い。

これらの不満が贅沢事でしかないのは分かってます。
元々あの量の原作をこうして1クール内に納めようとしているのがとんでもない所業だというのは分かっているつもりですし、流れは汲めるだけの情報を詰め込んでいる脚本、画だけで状況を見せようとする作画・演出の仕事は素晴らしいものだと思っています。
ただ、それでも犠牲にしているものはあるわけで。映像媒体としての気持ち良さ、エンタメに徹した作劇はそれらの事情を鑑みればまさに英断なのですが、一つの物語として見た場合やはりある程度厚みは薄れているかなと。仕方のないことですし、今回見たかったものを読み取れなかったのは私の能力不足もあるので、難しいなー。

不満ばっか言ってるけど艦隊戦の描写は相変わらず凄まじいクオリティで感動するし、各キャラの見せ場にもテンション上がったりしているので楽しんでいるのは間違いないです。
早く原作を読みたい所だけど、放送が終わるまでは買わないという誓いを立てているのでまだしばらくはこの不満を持て余すことになりそうです。


関連記事
スポンサーサイト
Comment

本当に好きなものには不満がつきもの(自論)

>不満が贅沢事でしかないのは分かってます。
別にそうは思いませんよ?元々無理のあるアニメ(視聴者が展開の早さ・描写の少なさを「どこまで割り切れるか」にかかっている)だし不満が出るのは当たり前。ぽんずさんのようにテーマ性を重視している人なら尚更。今回は不運にも期待が悪い方向に転がっちゃっただけですヨ。

>読み取れなかった
こっちも作品を読み取る為に十分頑張っている方かと。俺達は一期の時から訓練されている視聴者だからついて行けてますが、一般人からしてみれば何が何だか意味不明だと思います。ま、かく言う俺も川上さんのツイッターとか見ないと全然消化できないのだけれど(笑)

次回は今週の不満を引きずらずに気分を改めて見ましょう!考えてばかりじゃ疲れるし、もういっそのこと何も考えずに!(オイオイ

差し出がましいコメント、大変失礼しました。

No title

>虚天丸さん

コメントありがとうございます。

>本当に好きなものには不満がつきもの(自論)

そうかもしれませんね。少なくとも今回の不満が期待してたからこそですから。一番楽しみにしてた所が巻きであっという間に終わってしまった、というのはやはり残念です。

不満が出るのは当たり前、というのも分かるんですけど、このアニメのスタッフが本当に力を尽くしてるのを感じるからそれを否定するのに罪悪感を感じるという側面もあるのですよ。
そしてこのような書き方をしたのは角が立たないように予防線を張った、という意図もあります(台無し)。 いや、でも半分は本音デスヨ?

>次回は今週の不満を引きずらずに気分を改めて見ましょう!

それは話数単位で区切って見られるので多分大丈夫だと思います。
何も考えない、というのは魅力的な提案ですが意図して考えないようにするのはそれはそれで神経を使うので難しいですね(笑)
やっぱり原作を読んで満足するしかねぇ!

>差し出がましいコメント、大変失礼しました。

いえいえ、フォロー感謝します。というかこんな不満だけの記事に拍手含め反応もらえるとは思ってませんでした。

No title

いきなりコメント失礼します
原作ファンとしてはこの11話は十分な出来、クオリティ的にはむしろサンライズに感謝しなければいけないなぁとも思う出来でした。

ただ今までカットしてきた伏線や情報の類が一番必要な話だったので残念でもあります。1期の約2倍は圧縮しなきゃいけない、そんな無理ゲーをスタッフはギリギリの所でやってるのは自分も分かっていますがなかなか難しいですね。

でもぽんずさんのようにただ戦闘が凄い、キャラがかわいい意外のもっと深いところにあるものをアニメから読み取ろうとしてくれる人がいる。そんな人がいるというのは一ファンとしてとっても嬉しかったですし、アニメ化して成功だったなという風にも思います。
これからの感想も楽しみに待ってます。
長文、駄文、上から目線等々失礼しましたm(-_-)m



No title

>名無しさん

コメントありがとうございます。

>原作ファンとしてはこの11話は十分な出来、クオリティ的にはむしろサンライズに感謝しなければいけないなぁとも思う出来でした。

いやもう本当に、あんなに原作を理解し、再現しようとする熱意に溢れたスタッフに恵まれたのは本当に幸運なことだと私も思ってます。にわかの私ですらそうなのですから、長い間氏のファンをやっていた方々の興奮は察するに余ります。

>そんな人がいるというのは一ファンとしてとっても嬉しかったですし、アニメ化して成功だったなという風にも思います。

そういう風に言っていただけるとこちらとしても安心します(笑) ともすれば反感を買いかねない内容ですので。
「物足りないなら原作を読めばいいじゃない」が通用するのも原作付きアニメの強みでもあるんですよね。だから、説明が多く必要な場面はカットしてアニメーションという媒体を活かせる場面に力を注ぐのは間違いのない判断だと思っています。

点蔵とメアリのシーンは、原作を読んでゆっくり考えたいなと。……あれ、もしかしてハードル上がってる?(笑)

お久しぶりです~

こんにちは~

確かに未読組みには分かり難い所が多々ありますねw

No title

>草薙 風さん

コメントありがとうございます。

>確かに未読組みには分かり難い所が多々ありますねw

それもそうなんですが、ただ分かり辛いだけなら今までもそうだったんですよ。それだったらコメントで指摘してもらうなりスレで聞くなりすれば理解することもできるので、即不満に繋がることはありませんでした。
ただ今回は、個人的に今作で最も注目していた場面で明らかに必要な描写が省かれていたのでモヤモヤしてました。

まあ多分、来週以降はリセットできると思うのでがんばります。

Trackback

【一言アニメ感想】境界線上のホライゾンⅡ 第11話 「花畑の合格者」

物語はクライマックスへと向かう。今週は特盛り。見てない人はネタバレ注意。 TVアニメ 境界線上のホライゾン ドラマCD 境界線上のホライゾンHR(2012/09/26)ドラマ商品詳細を見る

◎境界線上のホライゾンII第11話『花畑の合格...

ψ点蔵xウォルターミルトン:いけ!忍者の小僧、キズアリ様をさらっていけ!点蔵:承知申した。ψマルガxダッドリー ダッド:本気を出すわよ!:ピンチマオード...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。