アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

劇場版 天元突破グレンラガン 感想

これぞザ・アニメーション。凄まじい作画物量に終盤は圧倒されっぱなしでした。


グレンラガンはTVアニメを視聴済みだったのだけど、その時は「なぜ無理を通して道理を蹴っ飛ばすを信条とする大グレン団の連中が最後の最後で大人しくニアの生存を諦めるのか納得いかない」というお決まりのモヤモヤを抱えていたので名作という評価はしていなかった。
ところがぎっちょん、今回この劇場版で改めて見直してみると、胸にストンと落ちるものがあって印象が変わった。今なら言える、グレンラガンは名作だ。


まず単純にアニメーション娯楽大作として最高の作品。ガイナックスの総力戦というだけあって監督の今石洋之さんを始めとして、私でも名前を知っているそうそうたるアニメーターさんが結集した豪華にもほどがあるメンバーでスタッフロールは壮観だった。

総集編ということで、かなりTV版からの使いまわしのカットもあるんだけど、特に螺巌篇からは新規カットとごちゃまぜになっていて両者の境界が曖昧に。
TV版でも最高だったアンチスパイラルとの最終決戦は大幅にボリュームを増して、若手アニメーターを起用したり、新機体を何体も出したりとやりたい放題。最後に登場した「超天元突破グレンラガン」は全身エフェクトのような姿でもうどうやって描いてるのか理解不能な吉成曜さんの仕事に脱帽しました。最後のマトリョーシカアタックも、TV版ではラガンインパクトで締めだったのがすしおさんによるシモンとアンチスパイラルの殴り合いシーンが追加されるというね。これ、劇場で見たかったなぁ。

これを見ると、ボンズはやはりアニメ的なケレン味を取り入れながらも基本的に地に足の着いたアクションを重視してるのが分かる。スタドラは例外的だったけど。あれも最終話は今石さんなどガイナ勢が参加してましたね。劇場版ではもっとはっちゃけてほしい所。
っと、話が逸れた。ボンズに比べるとガイナのアクションはアニメならではの自由な動き、特に今作は今石さんのコンテで全体的に躍動感のある気持ちの良い立ち回りが多い感じ。
キャラクターが物理法則を無視して縦横無尽に駆け回る様はフリクリでも見られたもので、ガイナ作品の特徴と言っていいでしょう、多分。


作画アニメという側面も持つ本作だが、その骨子となるのはやはりストーリーだ。
劇場版では尺の問題もありカミナとシモンが村を出て仲間を集める過程がばっさりカットされたり、TV版第三部の主役だったロシウの物語も薄くなってたりとサブキャラクター達の描写には不足を感じることもあった。その分、焦点がシモンとカミナ、シモンとニアと軸となる関係性に絞られていたのでかえってまとまってた気がしないでもない。
その他、改変点としてTV版よりも良いと感じたのは、物語の終盤で自爆特攻を繰り返しバッタバッタと死んでいく大グレン団のシーンがごっそり削られた点だ。TV版視聴時、彼らの死にはいわゆる「キャラが死ねば泣くんだろメソッド」の押し付けを感じていたのでこれは良改変。
唯一キタンだけは変わらず死ぬこととなったが、TV版の時から彼の死には物語上の明確な意味を感じ取れたのでむしろ必要なシーンだったからこれもまた良し。

さて、ここからグレンラガンという物語そのものについての感想を。
この作品の特徴は明確だ。ロボ、ドリル、合体、叫ぶ、見栄を切る、口上を述べる、気合でなんとかする、愚直に真っ直ぐ突き進む、熱血アニメの要素をこれでもかとつぎ込んだ燃えアニメ。「燃え」の描き方がいかにもなステレオタイプなのは、このアニメの持つ過去の「ロボット作品」のパロディ的な性質からしてわざとやっているのだろう。とは言っても私自身は別にロボアニメ好きでもなんでもないのでこの作品のパロディ要素をあまり理解してないのだが、そこは平にご容赦を。

で、そんなコテコテのロボアニメをやるにあたって「ドリル」といういわゆる一つの男のロマン的な武器をそのままテーマに持ってこようと考えて出来たのがこの作品でしょう。言うなれば今までの日本アニメが積み上げてきた「ドリル」の集大成。
螺旋、DNA、進化、そして人類という種の営みまでを「ドリル」という一武装に集約させてそれを最後まで貫き通した。この作品全体に脈動する一貫したテーマ性は非常に私好み。

特に人類全体の営みというのは、こうして2本分の映画にまとめられてみると、より分かりやすく感じ取れた。まず一人の男の無茶から第一歩が始まり、そこから波及的に人類全体に進化の意志が生まれる。そして支配層を撃破して革命を起こし、戦士たちは前線から離れ内政の才能のある者が表舞台へ、英雄はお飾りのリーダーにされ人類は統一、文明が発達しそこから人類滅亡の問題が発覚する。
こうしたマクロな流れの中で、ミクロな個々のキャラの濃密なドラマが描かれてゆく。典型的なアニキキャラとして描かれたカミナが、その命を賭して後に続く者達に残したもの。その死を乗り越え、受け継いでいくシモンやヨーコ、大グレン団のメンバー達の姿が描かれる1,2部はそれだけで完成度の高い物語に仕上がっている。
しかし物語はそこで終わらない。文化が発展し、すっかり老害扱いのシモン達大グレン団のメンバーを尻目に政治家として才覚を表したロシウの冷酷かつ合理的な治世。その中で文明社会に警告を与えるという言ってしまえばありがちなメソッドとしてアンチスパイラルの脅威が現れるわけだ。

人類の強大な可能性、この作品では「螺旋力」と称されるそれはゆくゆくは進化の暴走となり宇宙そのものを滅ぼすことになる。それを防ぐために、かつて同じ人間だったアンチスパイラルは生物を宇宙の端々に押し込み、自分たちは進化をやめ永遠に宇宙全体の生命を管理することで守り続ける存在になる覚悟をする。
アンチスパイラルはラスボスとしてシモン達の前に立ちはだかる悪役であるのだが、その動機には一定の正当性があり「悪」として描かれていない。熱血モノのわりに単純な勧善懲悪の物語にしてないんだよなぁ、これ。ロボット物では当たり前なのかな? ガンダムとかもそうだろうし。

アンチスパイラルに対するシモンの答えは「人間の可能性は宇宙の破滅すらも覆す、だから俺達を信じろ」ですね。あの激闘はその覚悟のほどを示すもの。
覚悟を表明する手段として物語上に設置されたのが、ヒロインのニアという存在だろう。螺旋王の娘であり、シモンの愛する人。彼女はアンチスパイラルが用意したメッセンジャーで、その肉体は仮初の物でありアンチスパイラルを倒せば彼女もまた消えてしまう。
人類を守るために恋人を犠牲にする。そんなジレンマに立たされ硬直するシモン達の「覚悟の無さ」をアンチスパイラルは容赦なく糾弾する。
アンチスパイラルは崇高な目的のために集団全員の犠牲をそれぞれが許容した。シモンが自分たちの可能性を「アンチスパイラルが想定した限界を超えるモノ」として示すためには、彼らと同等以上の覚悟を示さなければならない。
誤解を恐れずに言えば、そのためにニアの死は必要だったんだと劇場版を見て気付きました。

死んだものは死んだもの、それを覆すことはできない。たとえできたとしてもやってはいけない。なぜならそれはシモンが人間の可能性、螺旋力の真髄として示す「人の営みの一部」だからだ。カミナの死がそうだったように、そこから残されるものを受け継いでいくこと事態が人の歩みなのだ。だからこそ、ニアは自分の死を受けいれた。自分が「今」運命に最後まで抗い続けることが、その後に続く誰かの礎になるから。生きて、何を残すかをニアは大切にしたんだろう。ただ生きながらえるという選択は、ロージェノムが長い間倦怠の中を過ごしていたことを思えば必ずしも絶対正しいとは言えない。命を賭してもやるべきことをやるべき時による、ニアとロージェノムが示した意志は、かつてカミナやキタンが行ってきた意味のある死だった。その生き様を全員が肯定したから、アンチスパイラルに打ち勝つ覚悟を示すことができたのだと思う。

ただ、その想いはある意味で非常に利他的で、やっぱり本当にシモンやニアはそれでいいのかというTV版を見た時の不満も出てくるわけですよ。
しかしだからこそ、アンチスパイラルを撃破してすぐにニアを消すことはせず、シモンとの結婚式まで描いたのですね。今なら分かります。
最後に「愛してる」と伝え合う、たとえ離れ離れになってもその想いは永遠に忘れない。
たとえニアを失っても、シモンは彼女との思い出を胸に抱いて生きていける。

つまりシモンとニアはピングドラムを手に入れたんだよ!(またか)

いや、でもこう考えてようやくニアの死に納得することができて、純粋に感動することができた。しかも平松さんのED、なんですかあれ。歩く少年シモンの前に現れる花、そして糸が紡ぐハートの形。完全に不意打ちでやられました。
ニアはいいヒロインだなぁ。ビジュアル的には少女ダリーが一番好き(パイスー姿がエロかわいい)なんだけど、この劇場版を見てニアってこんないい女だったのかと驚きました。


この話は継承の物語でもある。カミナからシモン(実はシモンからカミナへの影響もあるのがこの関係の面白い所)は当然として、ヨーコもカミナの意志を自分なりに受け継いで教師になったり、ロージェノムという1000年前の螺旋族から今の世代だるシモンに戦士の意地が受け渡されたり、アンチスパイラルから人類へ宇宙を守る使命を託されたりと様々な視点からの継承が描かれている。余談だけど、シンフォギアは主人公からラスボスへの意志の継承が描かれた点で結構新しかったんじゃないかと今では思ってます。まあ私が知らないだけで珍しいこっちゃないかもしれませんが。
閑話休題、よりマクロな視点から見ても、シモン達が残したものが次世代の子供たちへと受け継がれていくという人類の営みとしての継承が全体のテーマの終着点とされている。
ニアの想いを受けて、種を蒔くことを要求する壮年シモンの姿はすごくグッと来る。

あ、岩崎さんに触れるの忘れてた。彼は好きなアニメ作曲家の一人で、やっぱりR.O.Dの曲が一番印象に残ってて好きなんだけど、今作みたいに爽快感のあるテーマやラップを用いたノリの良い楽曲もまた素晴らしい。この作品の頃から引き出しが増えたような……それに比例して作品ごとに微妙と想うこともあったんだけど(「C」とか)、最近のヨルムンガンドの劇伴は最高だった。

とんでもないスケールで描かれた作品にふさわしいテーマを、ディテールの不足をアニメーションの迫力と勢いで補う作劇にはやはり並々ならぬパワーを感じるし、個人的には名作だと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。