アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

2012年秋アニメ 1話感想

まだ出揃ってないけどとりあえず新番組の感想をば。


となりの怪物くん

ブレインズ・ベース製作で、君に届けの監督ということで期待してました。
安定の手描き背景と、戸松さんの抑え目の演技が絶妙にマッチした主人公雫の可愛さ、抑えるところを抑えた演出ですごく面白かった。
のだけど、男の言動がちょっとキツい。あれは怪物とか変人とかのラインを越えてる気がするけど、女性から見るとあれが「可愛い」と思えるんだろうか。殴ったことには一切触れず雫が一方的に許しちゃうし。あれはちょっと理解できない。
まあそれ以外は問題ないので、今後彼の言動が目に余るほどにならない限りは視聴を続けていこうと思います。
OPの配色センスもドギツイけど悪くない。自分の中でブレベの鉄板化が着々と進行しております。


神様はじめました

キャリアもあり、私も名前だけは知ってる作品を多く担当してるベテラン監督によるコメディ作品。
とにかくテンポの良さが素晴らしく、その点には経験と技術が感じられた。若干古臭い演出も作風には合っていて、コメディとしては秀逸でしょう。でも一番笑ったのはAMAMIYAのCMでした。
問題はこの監督の作品が始めてということもあって、ノリに付いていけてないこと。こればっかりは慣れるしかないので、とりあえず視聴は続けます。


武装神姫

CGIの戦闘シーンもよく動いてるけど、それ以上に小さな神姫たちが縦横無尽に部屋をちょこまかと動き回る芝居・小アクション作画が充実しててそこは純粋に見てて楽しかったです。
ただ、この作品のメインであろう神姫たちのやり取りやセリフ回しはどうにも合わないらしくて自分にはつまらなかった。ストーリーで魅せるタイプにも見えないし、もう少し様子は見るけど他にいいのがあれば真っ先に切るのはこれでしょうね。


金魂

1話から飛ばしすぎて超面白かった。金さんに変なテンパが突っかかってくる様は、多分まんまブリーチで月島さんがオレンジの奴に絡まれていた展開のパロですね。
たまさんの長尺なセリフが、南さんの凛とした声(渕崎ゆり子さんだと思ってたのは内緒)も相まってグッと来る良いシーンだった。うしとらといい、絶望一歩手前で自分を知っている味方が現れる展開はいいものだ。


K

中二異能バトルで絶園のテンペストと被ってる。
オリジナルということで期待してたけど、キャラが多すぎるのと、主人公がどうにも受け付けない点がちょっと痛いかな。
スケボーのシーンの映像演出、絶妙なカメラワークと質の高い作画がすごかった。良くも悪くもPVアニメみたいな出来、というのが1話の印象。


リトルバスターズ!

ビッグネームのアニメ化。
KEY作品は実はこれが初めて。
小さい頃からずっと仲良しの幼馴染五人。一緒にいられる時間が残り少ないことを自覚した時、彼らの最高の思い出作りが始まる。
皆のリーダー、恭介が五人ではできない野球を選んだのは、これから離れ離れになることを考えて閉じた関係だけでなく、もっと多くの人と関わりを持つべきだと考えたからのような気がしないでもない。さすがに穿ち過ぎか。

主人公の声優が堀江さんと知って驚きました。少年役もできるんだ。真砂子にクーリエと、堀江さんのポテンシャルの高さは計り知れない。
ギャグのノリが合わない感じはあるけど、青春ドラマとして面白くなりそうな作品なので期待しておきます。


マギ

原作既読。
R.O.D、かみちゅ!の舛成監督のコンテは構図がいちいちカッコ良く、アクションも充実していていきなりのオリジナル展開ながら悪くなかった。
アラジンが微妙に自分勝手に見える改変をされていたのと、ババさんに梶さんの声がミスマッチ気味なのがネックかな。あと主題歌、日5枠は何故かタイアップ優先気味だよね。
モルさんの触手プレイと健康的なおみ足が堪能でき、ババさんの俗っぽくもお人良しな性格も描けていたので、不満もあれど及第点のラインは越える出来でした。
鷲巣さんのアラビアンなBGMもあいまって、世界観の構築に関しては文句なしです。


中二病でも恋がしたい!

OPが左右交互に映像を映していくので見てて目がチカチカする。あれ個人的にはやめて欲しいんだけど、評判はどうなんだろうか。EDはエロかっこよくて素晴らしかったです。

内容は絶妙にムズムズするラインを付いてきて面白かった。あそこまで酷い中二病にかかった人はほとんどいないだろうに、なんでダメージを喰らうんだろう。ある程度のラインまでは、実行には移さないまでも心の中では考えたことがあるからかな?
絶妙なテンポの良さは京アニのキャリアを感じるな。ふもっふしかギャグアニメ見てないけど。

六花は小動物っぽい可愛さがある。氷菓のえるといい、京アニはマスコット系の萌えキャラを描くのは抜群に上手いんだよなぁ。その一方で、人間味のある女性らしいヒロインが少ないのがちょい不満。描けないことはないだろうけど、やっぱり時代のニーズ優先なのか。余談ですが、京アニ作品で一番好きなシーンはフルメタ2期の散髪シーンです。あの絶妙な空気感は至高。

基本的に暴力系ツッコミはダメなタイプなんだけど、六花へのツッコミは正当性があるのとデフォルメに収められているので気にならなかったな。この点が演出次第であるというのは自分の中で新たな発見かも。六花は悪く言えば自分勝手な都合で主人公を振り回す自己中女なんだけど、暴力系ツッコミによって一応の因果応報が成立されている。うん、自覚の有無に関係なく回りに迷惑かけるキャラは、因果応報あってこそだと思ってるのでこのバランスは良し。

中二病をすでに卒業した(つもりになっている)主人公が、その象徴である剣を捨てようとしてベランダで六花と押し問答するシーンが印象に残った。自分は特別ではないし、ファンタジーな力も存在しない。それは事実ではあるけど、かつてそれを信じる自分はいた。
無理に大人になろうとする意志が、純粋な心まで失くしてしまうようで、上手くいえないけど結局は捨てられない主人公の気持ちもなんとなく分かる気がした。突き詰めると確実にダメージ受けるのであえてなんとなくで思考停止しますが(笑)

振り回されながらも、何だかんだで噛み合っている二人の相性の良さというのが伝わる見事な初回でした。
BS組なので各話感想は無理かなー。なぜ地上波でやらない。


イクシオン サーガ DT

ゴールデン・イクシオン・ボンバーDTでいきなりやられた(笑)
高松&大和屋の金魂コンビによるおバカ系異世界ファンタジー。手垢の付きまくった異世界召喚物のシナリオに、冴えない演出・キャラデザ、省エネ気味の作画。
全力でバカをやるこの姿勢、これだけは頭空っぽにして見られそうだ。福山さんの演技で笑う(笑)
ストーリー面で見るべきところは、酷い信念を持つ主人公がジト目系ロリ姫様との出会いで成長していく過程が見られるかどうか、かな。大和屋さんは武装錬金の脚本もやってるので、もしかしたら熱い展開が見られるかもしれない。
姫様の美少女からちょっと外した、愛嬌のあるキャラ造形がグッド。
一番にはなれないが、嫌いになれない作品。


前期が良過ぎたのもあって、頭が切り替えられずにボーっと見てた作品も多いからこの段階で判断すべきではないとは思うんだけど、正直初回で不満も無く手放しで面白いと思えたのは「新世界より」と「中二病」の2作だけでした。いや、この時点で当たりが2作あるのはむしろ良い事なのか。
まだ始まってないのもあるし、数話見ないと面白さが分からなさそうな作品もあるのでしばらくは様子見ですね。さて、今期のダークホースはどれだろう。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

こんばんは~

『となりの怪物くん』、
確かに僕も春の暴力的なところは気になっていたのですが、2話で彼とはまた違った方面で問題のある女子キャラが出てきたので、何か違和感が相殺されてしまいましたw 

『中二病』でも言及されていましたが、作品における暴力描写の倫理については盲点だったので、すごく興味深く読んでいます。

>殴ったことには一切触れず雫が一方的に許しちゃうし

ただ、雫自身が(事故的にとはいえ)彼の暴力を被った時には怒って絶交宣言していたので、こっちでは「因果応報」が機能していたのかなと思います。
それにしても、第一話で相手の男から裏拳くらうヒロインというのも珍しい。

『金魂』、
中村さんの金時の演技はもう5年以上やってるに相応しい堂の入りっぷりでしたねー。
天パ野郎の方も、初めてとは思えないくらい世界観に馴染んだ演技でした。

追記

>殴ったことには一切触れず雫が一方的に許しちゃうし
>>ただ、雫自身が(事故的にとはいえ)彼の暴力を被った時には怒って絶交宣言していたので、こっちでは「因果応報」が機能していたのかなと思います。

あ、すいません、
>殴ったことには一切触れず雫が一方的に許しちゃうし
のくだりが春の流血事件でなくて雫への暴力のことを指していたのでしたら、こちらが文脈読み間違えてました。

その場合だと確かにその件はスルーされていたし春も謝っていないので、しこりは残りますね。

No title

>江楠さん

コメントありがとうございます。

春は、なんでしょうねー。他人との距離が分からないキャラだというのは分かってるんですが、そういうキャラの描写としてなんか違和感あるんですよ。
路地裏に引っ張り込んで「騒いだら犯す」とかシャレにならんでしょう。「え、少女漫画読む層ってイケメンにそういうことされたい願望あるの!?」という変な視点から見てしまいました。
まあ色々言ってるけどなんとなくいけすかないだけなんですけどね(爆)

雫を殴ったことについても、春がそれについて何も言わないので「この子、自覚ないのかな?」と不安になる描写で気になった次第です。
裏拳入った瞬間は思わず笑ってしまいましたが(えー

>金魂

テンパ野郎は金さんの爽やかさと対極にあるだらけきった演技が上手く機能してますね。金さんの存在意義をあらためて問うエピソード、原作読んでないので先が楽しみです。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。