アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 2話 「成しうる者」 感想

とりあえず描いて欲しいと思っていた所が描写されたんで安心した。

近未来における管理社会を描くときに、私の乏しい物語経験に照らし合わせると大抵はその管理体制の行き過ぎによる負の側面がクローズアップされる作劇がされる。
そこで必要となるのは、単にその社会システムを「悪」とするのではなく、それによる恩恵を享受して何不自由なく暮らしている一般人の生活を描くことだ。それを描かないとその世界でそのシステムが採用されている理由が現代に暮らしている視聴者には分からないし、主人公達が直面することになる美しいものの「影」というのは際立たない。
なぜこんな当たり前のことを心配してたのかというと、第1話を見てこの物語はこのままアングラな場所だけを舞台に「不条理」な世界を描いていくんじゃないかと不安になったからです。もちろん杞憂だったけど。

安心したのは、前回酷い目にあってしまった彼女がセラピーによってサイコパスも正常な数値に戻ったということ。こういうケア体制が確立されているかどうかというのは気になっていた所なのでちゃんと描かれていたのは良かったです。


今回ではこの作品世界において普通の人がどのように暮らしているのか、その一端が垣間見れた。
冒頭のヒロイン朱の身支度シーン。なんか色々世話してくれるクラゲのマスコットキャラみたいなのが一日のスケジュール確認から朝ごはんの支度、精神安定に必要なだけの諸々の提示などを行っていた。
部屋や衣服はホログラムかなんかによって自由に見た目を変更できる。自分にとって理想の空間をインスタントに構成できる生活は、多少無機質に感じるものの便利でいいなと思った。ただ、あのメシが絶対不味そう(笑)

決められたサイコパスの基準から外れていない、大多数の一般人は一般市民であるために機械によってカロリー計算などの身体情報から精神状態に至るまで管理される。就職先すらも、機械によって適正が判定されて、多分一定以上の判定がもらえた所にしか行けないシステムとなっている。どこにも適正なしと判断された人はやっぱり潜在犯になるんだろうなぁ。

この世界の歪さは人の普段の生活から人生設計まで機会によってプロデュースされていることにある。そこには本来選択肢などないが、その中で多くの職種に最高レベルの適正があると判定された朱は異端と言えるだろう。異常なほどの精神安定性から、彼女はああ見えて何か人並みはずれた特性を持っているのかもしれない。
とにかく彼女はなろうとなればなんにでもなれる、この管理社会において絶対的な基準で判断されたエリート中のエリートだ。
そんな彼女が自分の生きる意味がどうのこうの言ってる姿はダメ人間の私としてはイラッとくるんだけど、まあそれは置いといて、他にも選択肢があったにも関わらず監査官になったのはそれだけ他に高い適正を示した者がいなかったから。その分野でなら彼女だけにできることがあると、そこに希望を見出したわけだ。
しかし実際は足を引っ張るか、ただ付いて行って「いるだけ」の最低限の義務を果たすだけ。

理想と現実のギャップに失望を感じていた彼女は、病床の狡噛の思いがけない言葉に希望を取り戻す。
この世界で絶対の指標となっているドミネーターの判断に抗った彼女の行動は、まさに機械にすべての判断を委ねてしまった「思考停止」の社会において一石を投じるものだった。
うん、それは分かるんだけど、この二人の関係を進める方法が強引というか性急過ぎる気がする。なんかなー、もっと確執とまではいかなくても、二人の間の溝かなんかを描写しといた方が良かったと思うんだけど。何より狡噛というキャラクターがまだ全然分からないので、どうにもいきなりという印象が拭えないです。

でもまあ、方向性はいい意味で分からなくなってきたので、ここからの発展に期待しておこう。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

PSYCHO-PASS:2話感想

PSYCHO-PASSの感想です。 執行官の立場。

PSYCHO-PASS 第2話 「成しうる者」 感想

慎也の性格が人格者だったのが意外でした。 未来を舞台にした刑事ドラマといった感じですが、健全だけど不自然な社会、 理不尽なシステムに対しどう向かい合っていくのか楽しみで

(アニメ感想) PSYCHO-PASS サイコパス 第2話 「成しうる者」

投稿者・ピッコロ 配属初日に狡噛慎也との軋轢が生じてしまった朱。執行官との関係性を計りかねたまま、暗澹たる思いで公安局へ向かった彼女に出動命令が下される。自らの監視官

PSYCHO-PASS サイコパス 2話「成しうる者」

自分に管理官は向いているのかと悩む朱。 abnormalize(期間生産限定盤)(DVD付)(2012/11/14)凛として時雨商品詳細を見る

「PSYCHO-PASS(サイコパス)」第2話

【成しうる者】 クラゲ・メイド?

PSYCHO-PASS サイコパス 第2話 成しうる者

狡噛を撃ってしまい、初勤務早々いきなりやらかした感がある朱。 自分でも頭を抱えつつ、友人との約束もあるので朝の準備。 ホログラムで部屋の模様替えをしたり、食事なども機 ...

PSYCHO-PASS サイコパス 第2話「成しうる者」

PSYCHO-PASS サイコパスの第2話を見ました。 第2話 成しうる者 配属初日に慎也をドミネーターで麻痺させてしまったことで軋轢が生じてしまった朱は執行官との関係性を計りかねてい...

『PSYCHO-PASS』#2「成しうる者」

「あんた、何で監視官なんかになったんだ」 サイコハザードにより犯罪係数が上昇した人質を、 何の迷いもなく撃とうとする狡噛慎也を撃ってしまった朱。 「あぁ…やっちゃった…

SYCHO-PASS サイコパス 第2話「成しうる者」

配属初日からやらかした朱ちゃん。 狡噛を撃ってしまったので、あまり寝れませんでした(^^; メンタルケアから家事までしてくれるAIは便利なような鬱陶しいようなw 見た目

PSYCHO-PASS 第2話「成しうる者」

「俺 別にアンタに意地悪するつもりはなかったんだけど  気が変わったわ、だから改めて聞いてやる  アンタ何で監視官なんかになったんだ?」 執行官と監視官の関係に思い悩む朱

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」 第2話 成しうる者

abnormalize(期間生産限定盤)(DVD付)(2012/11/14)凛として時雨商品詳細を見る そういう上司の下なら、俺はただの犬ではなく、刑事として働けるかもしれない。 「PSYCHO-PASS サイコパス」第2話の

PSYCHO-PASS第2話感想。

未来だ!w あと何年したらこんな生活になるかねぇ。 以下、ネタバレします。ご注意を。
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。