アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

2012年秋アニメ 感想

さくら荘、ヨルムンガンド、金魂、ガルパン、中二病の感想です。


さくら荘のペットな彼女

どんどん面白くなってくる。ダークホースになるかも。
空太とましろは世話する側とされる側という、実にわかりやすい力関係があったんだけど、ましろの天才画家という正体が発覚することで立場の逆転が起こる。
そこから空太は自らのさくら荘における曖昧で微妙なポジションに向き合うことを強いられ、コンプレックスを誤魔化すように理由を付けてさくら荘を出ようとする。

ましろのキャラクター性、最初は「またオタクに都合のいい萌えキャラかよ」といい印象を抱かなかったんだけど、彼女の純粋さが空太が現実を直視するのにかなり上手く機能しているのを見て考えが変わった。彼女に「何のためにここにいるの?」と聞かれたらこれはもう逃げられない。
生活力のなさも、目標のために一心に突き進むことのできる彼女の才能に繋がっている。
創作活動とは、自らを削り取る作業である。彼女が新人賞を獲得した作品も、彼女の経験、そして空太への想いを切り取ってできた結晶である。

眩い輝きを放つましろを前にすり潰されそうになる空太はしかし、自分が逃げていたことを認めてついに夢に向かって走り始める。才能とは何か、そして天才に直面した凡人はどうすればいいのか、「才」というテーマを真正面から描いているので、かなり興味深いです。

あと、銀オフでも関西弁少女をやってる中津真莉子さんの演技がすごくかわいい。


ヨルムンガンド PERFECT ORDER

シビレるねぇ。
二つの居場所の間で揺れるアールの心。操っていたはずの両腕を、同時に失ってしまったブックマンの顛末。強すぎる愛国心がゆえに狂戦士となり、最後は母国の戦闘機による爆撃を受けたヘックスの最期。そして不安定さを見せつつも、確実に世界を喰らうドラゴンへと育っていくココの決意。
それぞれの想いの交差点は、一瞬にして交わり弾け飛ぶ。殺し殺されを特別な悲劇として描かずに、ただ淡々と現実として提示するこの作品独特のテイストがとにかく気持ち良いです。特殊EDも素晴らしい。

唐突にココと切嗣を比較するというネタを思いついたけど、多分企画倒れになるので誰かやってくれないかなぁ……。


金魂

早くも最終回を迎えた本作。思えばこの金魂編はメタな言及からこれまでの銀魂の軌跡を振返り、その意義を問いただす一つの節目とでも言うべきエピソードだった。全体に仕掛けられたメタフィクショナルなギミックが機能した、トリッキーな演出が面白かったです。
「主人公とは」の答が、この世界に住まう全ての人間だという答は、これまで自由奔放に暴れ回る登場人物たちの姿を描いてきた本作だからこそ説得力を持つもの。

完璧な世界は確かに美しいから、誰もがそれを夢に見る。でもそれは夢でしかなくて、どれだけ汚くても目の前の現実を生きていくしかない。不完全な人たちの、目に見えないドブネズミのような美しさが、いつか金さんの目にも見えるといいな。写真には写らないけど、たまさんにも見えるんだから大丈夫だよね。


ガールズ&パンツァー

なんか「面白い」というより「楽しい」というのが似合う作品。
戦車の描写については色々ツッコミ所があるようだけど、私は知識皆無なので楽しめてラッキー、としか思わないですね。
キャラがやたら多いけど、個人単位ではなくチーム単位で魅せるように作られているので別に不親切には感じない。一般人チームはちょっと特徴を掴みかねているけど。
主人公チームは、とにかくフォローしあう関係が素晴らしいですね。みほが姉のことを聞かれて困っている時に、咄嗟に目配せして話を変える沙織と華が素敵。
特に沙織が好みです。料理する時に眼鏡を掛けるシーンでやられました。


中二病でも恋がしたい!

一口に中二病といっても、色々あるんだなー。
共通しているのは、それは彼らが「カッコイイ」と信じているものだということ。
そして勇太にしろ、モリサマーにしろ、卒業したいとは思っていてもその気持ちはまだ消えてないんですね。本当はやりたいけど恥ずかしいっていうのは今でも思い当たる節がありすぎてムズムズするー。
そんな二人を尻目に中二病を全力で楽しむ六花と凸守。こいつらを見てると、やっぱり中二病は自己完結してるだけじゃなくて他人を巻き込んで同じ世界を共有したいという欲望もあるんだなーと思う。言ってしまえば遊びの延長戦なわけだ。あれ、TRPGやれば解決じゃね?

モリサマーは思いのほか私の好みのヒロインだった。
私はどうも普段猫被ってるけど、素顔はわりと俗っぽい女の子キャラが好きなようで、現在の嫁TOP3の内2人がそれに当てはまる(あくまで一要素だけど)。
モリサマーは猫被ってるというか高校デビューした田舎の女の子みたいなシチュエーションなので微妙に外してるけど、とにかく口の悪い本性の方が魅力的だと思う。


今期もなんだかんだで面白い。なんか、少なくともブログを始めてからは毎クールそれなりに楽しんでるなー。
最近はスタッフの名前に振り回されている感があって今反省している所だけど、多分アニメを楽しむ姿勢としては自分に合ったスタイルを確立しつつあるんじゃないかと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

ガルパンと中二は観てま…

“ガールズ&パンツァー”はなんか少し勉強になりますね。ドイツ語とか…
戦車の運転は、思っていたよりはフツーの自動車に近いんだな…とか。
“中二”は…笑える、笑える。
凸守、アホいなぁ。
ヤサグレたOLのような丹生谷さんの生活感(笑)なんか、いい。


…ただ、問題が。
眠ってしまい観すごす事です。
再放送しないかなぁ… 特に第3話しか観ていない“ガルパン”!
 録画機が欲しいDEATH(ToT)

No title

>ネギ盛りMさん

コメントありがとうございます。

ガルパン、戦車についての知識がゼロだと何もかもが新鮮で面白いですよね。
中二病は、中二病全開組と卒業したい組で分かれてきましたね。くみん先輩のポジションがよく分からない(笑) 緩衝材にもなってないような……。

HDDレコーダーは、あると圧倒的に便利ですけど、私の場合は便利すぎて買ってからアニメ視聴本数が一気に倍以上になりました(汗) いや、減らせばいいんですけどいつでも見られると思うとついつい録画しちゃうんですよね……。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。