アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

ブログ開設から1年が経ちました

達成感や喜びといった感慨は特になく、ただ時の流れの恐ろしさを感じております(笑)


一人称こそ最近は「私」で定着してきましたが、文章は常体だったり敬体だったりとその時々の気分でテキトーに変えてたり、軸が定まらないブレブレな不人気ブログですが見てくださっている方々には本当に感謝しております。この記事はひたすら鬱陶しい自分語りが続きますのでご注意ください。

このブログは当初の方針通りにアニメの各話感想から読んだ小説や漫画、映画の感想などを気が向いた時に書いてきました。1年書いてきて思うのは、どうも自分の記事にはムラがありすぎるということですね。
特にアニメの各話感想記事。これはぶっちゃけ惰性で描いている部分が多く、あんまり言う事なくてもささっと書いてしまうようなことが結構あります。なんでそんなん続けているかというと、アニメ感想ブログの性質上これが一番アクセス数を稼ぎやすいからです。
とはいえ私のブログの場合はたかが知れていますが。せっかくブログをやっている以上、やはり多くの人に見てもらいたい気持ち(もっと言えば承認欲求)もあるので、リアルタイムに近い形で放送アニメの感想を共有できる各話感想という形態は色々な人が見てくれる可能性が大きいということで重宝しているのです。
が、これが1年も続けているとちょっと面倒になってきてたり。やはり続けている内に、書きたいことがあるから書く単発記事とのクオリティの差(当社比)も気になってくるんですよね。だったらいっそ各話感想やめて書きたい記事だけ書いてりゃいいじゃんと思うこともあるのですが、たまに何を書こうか考えてることで新たな視点が見えたりもするので全くの無駄でもないんですよね。文章に起こすことで自分の考えが整理されるという側面があるのだと思います。各話感想でもそれなりに満足できる記事を書けることもありますし。毎週書いていくことによってその作品の包括的なテーマが見えてきたり。今後は書きたいことがなければ無理には書かず、だけど各話感想という形態自体は続けようかな、というのが一応の方針です。


この一年を振り返ることで今後の課題のようなものも見えてきました。
最近アニメを見てて感じるのは、どうも個々のキャラクターに感情移入したり言動の端々から心理を読み解いたりするのが下手になっている気がするんですよね。特にアニメの序盤がキャラや世界観を掴めてなくてあんまり良い記事を書けてない気がしています。
それとは別に、テーマがどうのこうのに拘り過ぎてるのが原因かなとも思うんですが、本来はキャラの行動や関係性からテーマを掘り下げていくのが物語の楽しみ方なのでどうも本末転倒な気がしています。あるいは一度に見る本数を増やしすぎて一作品に集中できなくなってるのかもしれません。複雑な設定とかサブキャラの名前とか把握できなくなってきてるし。

あと、最近になって絵コンテだったり演出だったりアニメーターさんだったり、スタッフの名前を意識するようになったのですが、当然私なんかはにわかに過ぎないのでどうも記事に名前出して、「この人だから今回すごかったね」みたいな感想になってない感想を書いてしまってる感がなきにしも非ずなので反省せなアカンと思ってます。理想は「今回はたとえばこのシーンがこうこうこうでこういう効果があるからすごくよかった。そういえば今回の演出は○○さんですね」みたいに語ること。できれば演出家さん、アニメーターさんごとの特徴を言葉にして説明できるくらいにはなりたいですが、さすがにそこまでいくには視聴本数が足りなさ過ぎる(笑) 
とりあえず、事前情報でスタッフの名前が判明しちゃうとその時点でバイアスが掛かってしまうのでまずその辺を注意したいです。

また、これはアニメに限った話じゃないんですけど、物語を堪能するには絶対的に知識が足りてないかなと。たとえばガンダムとかのオタク教養もそうですし、特に歴史の知識なんかは知っていればもっと掘り下げられたのに!と確信できる作品が結構あります。私は教育課程において歴史が大の苦手でして、日本史も世界史も基本的なことすら把握していなかったりするのでなんとかしたいなぁと。とはいえ、細かく色々知ろうとすると情報が膨大過ぎてどれから手を伸ばしたらいいか分からなくなるんですよね。教科書を読んでもちっとも頭に入ってきませんし、どうしたもんかなー。
ネガ入ってきたのでこの辺にしときます。とりあえず意識することで少しずつ改善していこう。

最近は感想書きたいアニメに限って放送局の関係で最速から遅れてしまう、というような壁にもぶち当たってますが落ち込んだりもするけれど私は元気です。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

一周年おめでとうございます。

『ピンドラ』や『シンフォギア』の感想はとても参考になりました。
アニメの各話感想は、作品をボトムアップ的に細部から理解するうえでもメリットあるなあと、自分で某作品だけやってみて思ってます。
それを複数リアルタイムでだと本当に大変とは思いますが、これからもぽんずさんの感想がたくさん読めることを願います。

アニメ鑑賞のための知識不足は自分も常々感じますね。特に海外文学方面が・・・。
あと、80年代90年代からアニメを追いかけてる人には到底かなわないなあと、アニメ体験自体の絶対量不足も思い知らされたり。

No title

>江楠さん

コメントありがとうございます。

江楠さんも、一周年ですよね? おめでとうございます。

UN-GOの各話感想記事、とても興味深いです。正直各エピソードはもううろ覚えなのですが、全体の流れに沿って書いて下さってるのでそれでも十分考察が楽しめてます。

海外文学かぁ……。私は多少読んではいるんですけど、ブログ記事に活かされたためしがない(苦笑)
アニメ知識については、本当にブログやってる方は詳しくて考察も鋭いすごい方がたくさんいるので「勝てないなぁ」と思うことが多々あります。上を見るともうキリがないので、「若い世代の感想も需要がある」と思ってやっていくことにしています。

No title

一周年おめでとうございます。
よく読ませていただいております。

知識はあったほうがより作品を深く楽しめるというのはその通りなのでありましょうが、そうでなくとも生で出てきた感想というのは価値があるものだと思っております。

これからも楽しみにさせていただきます。

No title

>いち読者さん

コメントありがとうございます。

いやー、定期的に読んできてくださってる方がいるというだけですごく嬉しいです。本当にありがとうございます。

感想の在り様についても、そう言っていただけると気分が楽になります。自分が楽しめる事を最優先にして、これからも感想を書いていきたいと思います。

Trackback

まとめ【ブログ開設から1年が】

達成感や喜びといった感慨は特になく、ただ時の流れの恐ろしさを感じております(笑)
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。