アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

2013年冬アニメ 感想①

 新アニメとリトバスの感想を。
 
 今期からのアニメ、時間被りやら放送最速から遅れ過ぎやらで全然各話感想書けない。MX組はズルい。
 今期はちはやふるメインで、できればさくら荘辺りも各話感想を書きたい所。


 ぷちます!

 楽しみにしてた作品の一つだけど……まさかあんな形式とは思わず。
 さすがにあんな短さだと何も感じる間もなく時が過ぎ去ってしまいます。「毎日これ見るのたるいなー」と感じた時点で残念ながら切ることに決めました。
 律子可愛かったけどなー、そのうち原作漫画でも読もうか。


 まおゆう魔王勇者

 ある意味本命であり、ある意味不安の種だったこの作品。
 なにせ原作は会話文だけで話が進む2ちゃんSS。これをどう映像化して見せるかがまず最初のポイントだと思っていました。
 で、1話を見てみると思いの外良かったです(上から目線)。中世ファンタジー風の世界の描写。会話劇を飽きさせないためのオパーイ無双とプロジェクターによる映像での説明。
 もちろん原作読者として「あのセリフ削るのか」とか「そこ演出が淡白過ぎんよ」とか贅沢な不満はあるけれど、概ね満足のいく滑り出しかなと。
 1クールでは原作の4分の1いくかいかないか、といったところでしょうか。どこで終わらせるかは大体目星が付いているので、そこをどう魅せてくれるかに期待しています。

 ネットでは既に色々な批判・議論がされてますね。面白いのは、その一連の流れがほぼ原作が話題になった当時の再現になっていること。
 やはりこの作品には語りたくなる要素があるのでしょう。ただ、今の段階で飛躍した議論を展開する人にはもう少し肩の力を抜いてもらいたいというのが本音です。戦争経済はこの話の大きな取っ掛かりであることは確かだけど、物語的にはあくまで一つの方法論・ガジェットに過ぎないので。


 琴浦さん

 完全ノーマークだったけどかなり話題になっていた作品。みつどもえスタッフとは、なぜこれをスルーしてたんだろう。というかみつどもえ3期をですね……。

 なるほど、たしかに噂通り1話の出来では今期ダントツかも。ストーリーとして既に完成されている。
 最初の十分で琴浦さんの特異体質とトラウマを描き、その境遇からくる彼女の歪みを見せたところで真鍋くんとの出会いから始まる本編へとOPを境に移行する。
 完全に計算された構成には唸らされた。そしてそこからは一気にコメディタッチにシフトし、彼女の世界が徐々に変わり始めていく様を描いていく。

 ここで終わってもいいくらいだけど、やはり琴浦さんが自分の力とどう向き合い、そしてどう他人と関わっていくのかにも興味が湧いてきて、続きが気になる良い初回だった。


 ささみさん@がんばらない

 相変わらずシャフトはようわからん(笑)
 なんか、映像作りというよりもテンポが独特なんですよね。ずっと違和感がある。

 初回では最低限の人物関係と世界構造の一端をアクセル全開で流した、って感じかな。戦闘シーンはシャフトとは思えないほど動いてたし、ささみさんと芳忠お兄ちゃんのやり取りも嫌いじゃないし、淡い空間演出も悪くなかったので5話くらい様子を見てみよう。


 たまこまーけっと

 これ、京アニ版「それ町」だーッ!?
 もちぞう君だったっけ? 彼のポジションとかまんまですね。

 1話はキャラ・舞台紹介に終始してた印象。にも関わらず、よく動きよく喋るキャラクターたちを見てるだけで楽しかった。商店街の風景・人々も順々に紹介されていて、生活感が滲み出ていた。
 そして山崎たくみさん演ずるモチマッヅィがいい味出しています。こういう漫画チックな生物って京アニでは珍しいんじゃないでしょうか? それにしても、山崎さんはやっぱり塩沢さんに似てるなー。

 商店街でどんな日常が繰り広げられるのか、「それ町」のような多様性を見せてほしいところ。


 ビビッドレッド・オペレーション

 尻Ass。


 新作としては、やはり「ちはやふる」がダントツで、「たまこまーけっと」と「琴浦さん」も続きが楽しみ、という感じです。やや物足りない気もするけど、前期からの継続作品に良作が多いので問題はないかな。
 で、その継続枠――。


 リトルバスターズ!

 西園美魚編、面白かったー!

 さすがに最初見た時は「感動したけど良く分からない」という感想を持ったんだけど、ここ3話分をあらためて見返してみるとそれなりに整理が付いてきて、初見時以上に楽しめた。

 この美魚編、徹底的に「青」と「白」のコントラストを魅せる演出が素晴らしい。美魚の髪の青と日傘の白。空の青は雲や海、そして紙飛行機というモチーフを使って徹底的に白との対比を行なっている。
 色については、影を利用してあえて「青」と「白」を塗り潰す演出も目立っていた。14話で美鳥が理樹の記憶の曖昧さを指摘し、教室から出て行くときに夕焼けの影で彼女の髪が黒く染まる演出にはぞくりときました。「光」と「影」の対比は演出手法としてはベタだけど、この美魚編では「影」が物語的にも非常に重要なファクターとなっていてより強調されていた印象を受けます。

 美魚は美鳥の存在をを一度忘れて消してしまった罪悪感から、自分自身を消して孤独になることを望む。それに対して理樹は、「人は望むまでもなく孤独な生き物」だと言って彼女に手を伸ばします。
 理樹が誰よりも美魚の孤独を理解し、彼女を忘れることを拒んでいたのは彼もまた彼女と同じで人から存在を認められない苦しみをかつて味わっていたからなんですね。
 例えば恭介にはそういった経験がないから、そもそも彼らの苦しみが理解できなかった。その共感性の有無を瞬時に理解し、適切なアドバイスをくれる辺りはさすがですね(笑)
 で、理樹が彼女を理解した上で手を伸ばすのは、自分がリトルバスターズによって救われ、自己を確立できたという体験があるから。自分が救われたことを、今度は自分がやるというのが小毬編からも見られた彼の行動理念。これもまた「幸せスパイラル理論」ですね。

 美鳥が美魚の影というのなら、彼女がクラスに溶け込み人気者となっているのはそれが美魚の理想とする姿の一部なのでしょう。それを理解しているからこそ、リトルバスターズの暖かさに触れることで決心を鈍らせ、たとえそれが永遠に続かない(=いつかは落ちてしまう紙飛行機)としても「君と行く」と詠んでいた。
 それでも美魚が頑なに孤独を望むのは贖罪のためでもあり、それによって自己を確立できると考えたから。しかし美鳥は彼女を恨んでなどいなかった。美鳥が最終的に理樹に協力的になったのは、彼が何があっても自分たちを覚えてくれる(=認めてくれる)人だと信用したからかな。この辺は想像するしかないけど。
 二人が一つになることで、最終的に美魚が孤独になることで辿り着こうとした空(美鳥)と海(美魚)の狭間に浮かぶ白い鳥になれた、つまり自己同一性を得たというのがまさに理樹のいう人と触れ合うことで自分自身を知るというのを表現していて上手い構成だと思いました。

 ラストシーンも素晴らしい。
 いつも美魚が一人で本を読み、鳥に餌をやっていたケヤキの木の下。そこには今、リトルバスターズの皆がいて、たとえ彼らが鳥のようにいつか去っていくのだとしても、彼女は「今ここ」を生きていくことを決めたのだと感じました。

 この一連のシークエンスは、先日ニコ生で放送してたのもあって「ウテナ」を連想しましたね。美魚の口から「棺」という言葉が出た時はドキっとしました。その辺が理解の助けになったのかも。
 そしてもう一点、堀江さんの演技がすごいなぁと。正直彼女の出演作品はほとんど知らなくて、ずっと「アイドル声優」と良くない意味での印象を持っていたんだけど、ピンドラの真砂子から今に至るまで多彩なキャラクターを演じられていて、今では実力のある声優さんであることに疑いはないです。理樹の慟哭は最高でした。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。