アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

2013年冬アニメ 感想②

 そろそろ各作品も序盤戦を終えてきた頃なのでざっと今の時点での感想を。
 
 
 個人的には今期の新作はちょい不作気味かもしれないなぁ。ぷちますに続いてビビパンも2話見て切った上、今後の展開次第では切り対象になりそうな作品がまだ2作品ある。

 まずは「ささみさん@がんばらない」

 怒涛の説明回があったので世界観や背景事情は大体把握したけれど、いまだに楽しみ方が分からない。やってることは理解はできるんだけど、口頭での説明の多さと演出やアクションによる画面構成が噛み合ってないようで、画面の中だけで盛り上がってる感が否めない。単純にシャフトのくどいキャラの記号付けと、独特の演出が好みじゃないだけかも。

 ただ、少しだけがんばりはじめたささみさんの学校生活が気になるのでもうちょい見てみようと思う。果たしてシャフトに学校生活が描けるのかは甚だ不安ではあるのだけど(笑)


 そしてもう一つの切り候補がまさかの「まおゆう魔王勇者」

 私は原作ファンなんだけど、むしろファンだからこそこのアニメ版に不誠実さを感じてしまってるのが現状。アニメしか知らない視聴者でも満足して見ている人はいると思うので、「原作厨空気嫁」と言われるかもしれないけどあえて言います。
 アニメではまおゆうの良さを半分しか引き出せてないので、興味があったら無料で読める原作まとめか、メディアミックスとして優秀な石田あきら版の漫画を是非読んでください。

 アニメ版の何がダメかって、原作の会話劇を画で見せる工夫が足りない。
 1話では色々工夫してたけど、その後の交渉シーンなんて淡白過ぎて感情が伝わってこない。というか声優さんの演技に画が追いついてない。
 どの構図も淡々としてて、もうちょっと大げさに演出しないとこの作品アニメ化した意味なくね?と思ってしまう。

 そして4話ではまさかの魔界に行った勇者の描写丸々カット!
 妖精女王や火竜大公、そして主要人物の一人でもある火竜公女との出会いを説明台詞でさらっと流しやがった。
 ネタバレになるから詳しくは書けないけど、そもそもこの作品は「勇者と魔王」=「人間と魔族」の二項対立構造を越えてその「丘の向こう」に行く話だというのに魔族側の描写をカットしてどうすんだと。
 馬鈴薯が魔界の植物だという説明も省くわ、勇者が魔王との寿命の差に負い目を感じてる所も何故か遠まわしな台詞に改悪されていて分かり辛くなってるわで両陣営を描くつもりなんてさらさらないのが分かる。どれもこの先の展開を考えれば外せない描写なのに、このアニメ版はまったく先を考えてない。魔族側のキャラを描かないってことは、「丘の向こう」を描く気がないってことなんだよ。それをやらないなら全く話にならない。
 その辺を省いてるから5話での魔王とのやり取りで勇者が「魔族だって皆がんばって生きてる」という台詞も全然響いてこない。だって彼らの事なんて全然描いてないんだもの。
 
 もちろん長い長い原作を1クールで収めるなんて土台無理な話だって分かってるし、だからキリの良い所で終わるように構成してるのも分かります。それでも「その先」に続くはずの描写を切り捨ててしまうのは、作画のやる気のなさも相まって作品としての不誠実さを感じずにはいられません。
 とりあえず1クールだけアニメ化して、それで原作の宣伝になればそれでいいという判断なのでしょうか。だとしたら私もまんまと販促の片棒を担がされてるわけで、企画的には大成功ですねバカヤロー。
 本当はこんな風に悪感情ばっか持って見てたら楽しめるもんも楽しめないというのは分かってるけど、こればっかりはなぁ。とりあえずクライマックスに配置されているであろう例のシーンが石田版の迫力を越えられるのかどうかには興味があるので、そこだけ楽しみにしてます。


 安心して見られるのは、「ちはやふる」と「琴浦さん」と「たまこまーけっと」かな。これらは1話1話の完成度が高くて、純粋に続きが楽しみです。


琴浦さん

 毎回が最終回とか言われているように、演出もいいけど何より構成力が非常に高いと思う。1話に起承転結を盛り込んでいて、上げ下げを適度に繰り返してるんだけれどそれはあくまで予定調和の範疇で、だから視聴者も安心して振り回される楽しさを味わえるのかな。エンタメとしては今期トップクラスで、人気が出るのも頷けます。

 話の内容も、展開が早めでちょい鬱要素をいつまでも引き摺らないのと、最低限やるべき描写を抑えてるので安定感がある。特に琴浦さんと真鍋くんの関係性に潜む依存性を早々に見せて、そこからの成長を描くのは上手い。
 「心を読む力」が人間に対する不信と信頼、どちらにも転び得るのが面白いですね。所々で使い方がズルい気もするけど、能力の功罪もちゃんと描いてるので別にいいか。

 今後は琴浦さんが人間の醜い心にどう触れていくのかに注目したい。嫉妬だの嫌悪だのはこれからいくらでも彼女に襲い掛かっていくもので、それはあって当たり前のものだと思うから単にそれを「心が汚い」「つまらない感情」と切り捨てたままで終わってしまうのはちょっと安直な気がしないでもない。
 支えてくれる仲間ができたから今だからこそ、これからの展開で清濁合わせた人間の心に琴浦さんが向き合っていくかを描いてくれるんじゃないかなと期待してます。

 
 たまこまーけっと

 とにかく2話が好きです。曖昧な感情、主語のない言葉。ふわふわと浮き足立つようなバレンタインの雰囲気の中で揺れるみどりが可愛かった。こういうテイストの話は好きだなー、セリフよりも表情で語らせることのできる京アニだからこその作劇かもしれない。

 今までの日常物と決定的に違うのは、やはり舞台が学校から商店街へと広がっている点。中を歩けば誰もが声を掛けるように、うさぎ山商店街はたまこにとって自宅から拡張されたホームグラウンドになっている。
 なんというか、たまこやあんこがそこで育ってきた時間を如実に感じるんですよね。そこにちゃんとキャラの人生がある。
 だから、史織や担任の先生など外部の人間が足を踏み入れれば、そこかしこでたまこの存在を感じずにはいられない。異邦鳥であるモチマッズィが分かってるのかいないのか、秘めた思いを汲み取ったり外部と商店街との接続の役目を担ってるのが面白いですね。

 この商店街はかなり理想化されていて、一種のファンタジーに感じるなぁ。単純に「昔ながらの商店街は暖かくて良い所ですよ」というノスタルジー信仰の作劇ではなくて、そこで暮らしたり訪れる人間の心の動きを描く作品になってほしい。

 まあ何より良いのは眼鏡っ娘が多いことですね!
 たまこは普段コンタクトだからこそたまに見せる眼鏡姿が映えるし、史織も見た目・性格共に超かわいい。でも一番は銭湯の娘さんだと思います。豆腐屋には悪いが玉砕しますように。


 2作も当たりがあるのは全然悪くないんですけどね。個人的にはちょっと落差が大き過ぎたかなと。
 見てない作品では原作がgdgdになってるので避けてた「兵部京介」に、「GJ部」と「ヤマノススメ」が評判良さげなのでチョイス間違ったかなー、と後悔してます。

 去年からの継続作品はどれもいい感じ。
 熱い試合展開を見せてくれた「銀オフ」、一気に別アニメにシフトした「絶テン」、なかなか感想書く気になれないけどそこそこ面白い「さくら荘」、熱いバトルで魅せてくれる「銀魂」。

 DTは、2話連続で一つのネタでのゴリ押しをされた時はどうしたものかと思ったけれど、帝都に付いてからはギャグでオブラードに包みつつ権謀術数渦巻く王宮と地下運動が盛んな街中の様子を描写してて面白かった。

 ロボノも1クール目で蒔いた種が芽吹いてきて、キャラがイキイキと動いてて実に面白い。爽やかな部活物のフォーマットをなぞりつつ、不意を突くように挟まれるサスペンス・ホラー展開が心臓に悪い。あと、こなちゃんが超可愛くなってるなぁ。初登場時は絶対に好きにならないと思ってたのに、名塚さんのキモさを残しつつも年相応の少女らしさを表現した演技にすっかりやられました。カイもやってる事はゲームなのにカッコイイよなぁ、そりゃあ惚れるわ。

 リトバスは葉留佳編に入って、一気に重くなってきて素晴らしいです。
 一方が幸せになれば他方は必ず不幸になる。まさにシーソーゲームな葉留佳と佳奈多の関係性が面白い。
 二人を同時に救う起死回生の一手がさっぱり思い付かないので、解決編が楽しみだ。

 ※追記

 「新世界より」忘れてた。今までの描写が活きてきていて、超面白いです。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

No title

ささみさんは超展開っぷりとシャフトのぶっ飛び演出が最高に楽しい。
俺はシャフト厨なのでクドいぐらいがちょうど良い(笑)
「ハッハッハ~訳分けわかんねーやー!」って細かいことは考えずに見てます。

No title

>シカろーさん

コメントありがとうございます。

なんか悪く言っちゃってすみませんね。シャフトはかなり独自の色が濃くて、癖が強いので好き嫌いが分かれやすいのかな。

夏の化物語2期は楽しみにしてます。

もっちー、もっちー、

“たまこ”は視てます。
表情や仕草、間とか行間みたいなので語るというか…シブい芝居はいいものですね。
これももっと若い奴らに視せてもいいんじゃないかなぁ?対象年齢は決して狭くはないと思えるのです。

No title

>ネギ盛りMさん

コメントありがとうございます。

「たまこま」は、対象年齢がイマイチ分かり難いかも。説明をし過ぎない作風は好みではありますが、今のトレンドにはあってないような気もします。特にこういうほのぼのした作風だと、ある程度行間を読む必要のある物語はいつも以上に好き嫌いが分かれそうで。
実際楽しんでる人もいれば、期待外れという人もちらほら見かけます。ネットだと発言者の年齢が分からないのでどれくらい広い年齢層が見てるのか計りかねますね。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。