アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

スタードライバー THE MOVIE 感想

 綺羅星☆
 TV感想はこちら

 おいコラちょっと待て2期ねぇと酷いぞこれ!


 総集編なのは知ってたから、別に2時間30分のうち9割がタクト・スガタ・ワコの三角関係+四方の巫女関連に圧縮された本編映像の垂れ流しなのはまあ別にいいけどさぁ。
 冒頭5分、ゼロ時間の檻を破って新宿に現れたサイバディとタクトたち、彼らがどういう過程を経て何故そこで戦っているのかまったく説明されず、そこで終わりなのはどうなのよってかやりやがったな榎戸さん(笑) 
 エヴァ脚本で忙しかったのか? そうなのか?

 いや面白かったよ? 面白かったけど、その面白さもう知ってるから! 
 それ以上の、彼らの人生という冒険の続きを期待させるような予告編作っといてそこをほぼ描かないってなんなのよっていう。
 冒頭からいきなりサカナちゃんが出てきたときはめちゃくちゃワクワクしたし、その後すぐミズノも出てきてテンションがさらに上がって、なんか小さいザメクが出てきて「えっ!?」ってなってやべぇ最高だってなったよ! サカナちゃんのポストカード欲しかったけどベニオが当たって残念だよ!
 ああ面白かったよ、でもムカつくんだよチクショウ榎戸五十嵐コノヤロウぐぬぬぬぬ……!

 閑話休題。

 総集編としてはよくまとまってました。
 追加された新規映像はそこまで重要ではなかったけれど、TV版でカットせざるを得なかった部位の補完が良くできていたし、重要なシーンはほぼカットなしで尺内に上手く収めていたという印象。そもそも本編自体のクオリティが異常なのでそのまま映画に出しても遜色ないのはさすがの一言だけど、もうちょい追加があっても良かったんじゃないかなぁと思わなくもない。ザメク戦で追加されたパート、あれが中村さん原画かなぁ? よく分からなかった。もしかしたらAOに作画リソース吸われてたのかもしれない。

 劇伴も素晴らしくて、ちょくちょく新規BGMもあったよね? やっぱり映画館で見ると、音と映像の相乗効果って倍増するんだなぁと。巫女ソングもPV風に新規カットに乗せて使われていて、四季の移り変わりの表現と主役三人の青春の謳歌の補完、各エピソードの接続に役立ってたように思う。

 物語としては話が本筋に絞られたことで、本編の持つ青春群像劇としての側面は為りを顰めていました。まあこれは順当ですね、カナコ様が目立ってなかったのは残念だけど。
 メイン3人の関係の変遷と、それぞれが何を考えてどう行動していたのかが分かりやすくなっていたと思います。
 ひとつ「おっ」と思った変更点。スガタがザメクにアプリボワゼして、自分ごとザメクを封印しようとした時。TV版本編ではこの後タクトとワコが向き合って、お互いに何も言わずにその意志を同じくするシーンなんですが、ここでの二人にセリフが付きました。
 最初は「おいおいそれは余計だろ」と思ったんですが、そもそもあのシーンはヘッドの過去編(腹を割って話し合えなかったことが原因でバラバラになってしまった三角関係の末路)との対比として成立している場面だから、そこがカットされている今回の劇場版ではタクトとワコの会話が追加されたんですね。あそこでワコが「お腹空いちゃった」と言うのが実に榎戸節(適当)でいいですねぇ。彼女が大切だと思う物、それはいつもと変わらない「三人でいる」日常なんですね。

 そしておいおいまさかと思ってるうちにTV版と同じくザメク撃破で流れるEDテーマ。ここは思わず「マジかよ……」と口走りそうになりました。
 いや、あの終わり方は完璧だと思ってるけどさぁ、だったら中途半端な後日談を付けるなよと(笑)
 
 現実世界にサイバディが現れるようになって、軍事・経済にも影響が表れるようになったその後の世界。念願叶って島を出たスガタとワコ。都会の交差点で再び集う四方の巫女たち。何故か生きてて謎のポジションにいるチビザメク。
 これで2期やんなきゃ嘘だろ(笑) つかやってください! 絶対面白くなるから!

 「人生という冒険は続く」
 この言葉が単なるお茶濁しでありませんように。

 ※追記

 パンフに原画とかインタビューあったのか!(普段パンフ買わない人)
 あれって映画見なくても買っていいんだっけ? 今度買ってこよう。

 ※追記2

 スタドラパンフ買ったった。
 充実した内容で、本編への不満も大体解消されたので余は満足じゃ。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

劇場版『スタードライバー THE MOVIE』感想 / 劇場アニメ

    ネタバレありますので、以下は続きから。
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。