アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギアG 2話 「胸に力と偽りを」 感想

 防人の覚悟を、その双眸に焼付けよ!

 武装組織「フィーネ」を名乗るマリア。ちらほら勘違いしてた人がいたけど、当然彼女がフィーネの覚醒体なわけはない。「私たち」と言い換えていたし、何より響たちが一期で為したことを無駄にするはずがない。
 フィーネと言えば、解禁されたOP映像の最初に響が手を伸ばした先のシルエットが彼女に見えた気がしたけど、出番自体はあったりするのかな。響の精神世界に出てくる可能性も頭に留めておこう。
 あとOPで気になったのはマリアと共に映った二振りの槍。白い方がセレナの物だとすれば、マリアのガングニールも彼女から譲り受けたものとか? でもOPで聖遺物ペンダント6つあるんだよなー。単純に3つ目のガングニールなのか。

 ナスターシャはマリアの指導者としての立ち位置だと思うけど、両者共にスタンドプレーに走る辺り目的はともかく手段に関しては認識に差異があるようだ。
 とは言っても、あの場で人質を解放するマリアは甘いし青い。ナスターシャの言う様に一般人の犠牲を避けたとも取れ、翼さんの覚悟を問いながらも自身はまだ迷いを断ち切れずにいるように感じられる。その辺の人間的な弱さが垣間見えている辺り、やはり彼女は偽悪的なキャラクターとして描かれてるんだろうな。今回のサブタイも、響のことでもあり、マリアのことでもあるのだろう。


 そして自らのアーティスト生命と正義とを天秤に掛けられた翼さん。
 1期の物語で、奏の死を乗り越えてただ剣として生きようとした身から大好きな歌への回帰を見せた彼女だから、このジレンマが胸に刺さるんだよね。
 実際に翼さんは、一度は舞台袖に引くことで自身の保身を図った。もちろんその判断を逃げとは思わないし、どっちも守れる道を探すのは正しい。
 だがここでヒールが邪魔をして失敗に終わるのが皮肉だ。思い起こされるのは1期の5話、響が「ヒールが邪魔だッ!」とシンフォギアのヒールを折り砕くシーン。それが戦士としての覚悟を象徴しているのだとすれば、今回翼さんが躓いたのは彼女が歌手としての道を捨てきれなかったからこその演出と取れる。
 しかし翼さんは人命守護の任を担った防人。せっかく手に入れた夢を手放す覚悟で歌う。そこをカバーする緒川さんがね! カッコイイんだよ! 
 
「風鳴翼の夢を、よろしくお願いします!」

 彼は翼さんが歌手として世界に向けて歌うことを夢としていることを知っている。誰よりも近くで見てきた人。命を賭けて戦う子供を、大人が全力で守る。この構図は1期からずっと一貫して描かれてきたことで、だから翼さんの夢を守った緒川さんはカッコイイんだ。

 そして守る構図と言えば、翼さんがアームドギアを回転させて響を守ったシーンも忘れてはならない。ここはPV公開時から言われていたように、1期1話で奏が響を守った構図とまったく同じである。これは今の翼さんが、奏と同じ位置に立ったことを如実に示す素晴らしい描写。
 こういう以前の場面や、キャラクター同士との対比関係こそシンフォギアの醍醐味。この2期でも既にいくつも1期との対比描写が見られるので、テンション上がりまくりです。
ライブを利用してフォニックゲインを高め、聖遺物の起動を試みようとしているのも完全に1期1話の再現だしね。絶唱でケリを付けるのも同じ。
 奏と違い響が死なないのは、物語的な意味で言えばもう一人で全てを背負う必要がなくなったから。しかしその境地まで辿り着けたのは、奏がいたからこそだ。
 あの絶唱、過負荷を中和してるのはエネルギーを完全にコントロールしてるからか、それとも響が聖遺物と融合して化物になってるからか。いずれにせよ、ちょい暴走しかけてた様子を見るに何度も使ってたらヤバそうな予感がプンプンする。


 さて、紆余曲折を経てライブ会場に揃ったギア奏者の6人。
 響は当然のように争いは止めようと呼びかけるが、その言葉は切歌と調の逆さ鱗に触れる。特に調は、響の言動を「綺麗事」「偽善者」と攻め立てる。まだ彼女たちの身に何があったのかは分からないのでその言葉の重みは図ることはできないが、「痛みを知らないあなたに」というセリフは響の(あえて悪し様に言えば)相手の事情を無視して自分の正義を押し付ける側面を突いていると言えるかな。人類の相互理解を妨げるバラルの呪詛は未だ顕在である。
 そして調の言葉は、響のトラウマを刺激する。フラッシュバックした過去の映像を見るに、響の人助け体質には理由があるみたい。響の家族は、1期では母と祖母がいるらしいことは言っていたけど、父への言及がなかった辺りに秘密がありそうだ。

 あとはやっぱりソロモンの杖奪ってたウェル博士。最初からグルだったと考えれば、前回は別に杖なしでノイズを操っていたのではなく、博士が自分で抱えつつ操っていただけだったか。実際1話で博士が疾走したあとに、ナスターシャに連絡が行ってたしね。
 

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

戦姫絶唱シンフォギアG BS11(7/12)#02

EPISODE 02 胸と力と偽りと 事務次官斯波田賢仁が玄十郎に話す。米国聖遺物研究所も教われ聖遺物が盗まれた。この一連の騒動は関連がありそうだ。 まずは各国に国土の割譲を24時間以内

アニメ感想 戦姫絶唱シンフォギアG 第2話「胸に力と偽りと」

「聴くがいい!防人の歌を!」

戦姫絶唱シンフォギアG第2話感想。

SAKIMORIさんマジ絶好調ww 翼さん面白ぇなぁwww 以下、ネタバレします。ご注意を。

「戦姫絶唱シンフォギアG ♯2 胸に力と偽りと」

水樹さんのOPかっこいい!! マリアが宣言します。 「我ら武装組織フィーネは各国政府に対して要求する。差し当たっては国土の割譲を求めようか」 「もしも二十四時間以内にこち

戦姫絶唱シンフォギアG #2

マリアの仲間、調と切歌が登場するお話でした。観客を人質に取られながらも、翼はシンフォギアをまとって戦う気でいました。しかし、司令官からそれをたしなめられて、翼は

戦姫絶唱シンフォギアG 第2話 「胸に力と偽りと」

戦姫絶唱シンフォギアG 第2話 「胸に力と偽りと」です。 『戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギアG #2

【胸に力と偽りと】 戦姫絶唱シンフォギアG 6 [DVD](2014-03-05)販売元:Amazon.co.jp 可愛い!?ォィォィw 

2013年03クール 新作アニメ 戦姫絶唱シンフォギアG 第02話 雑感

[戦姫絶唱シンフォギアG] ブログ村キーワード 戦姫絶唱シンフォギアG 第02話 「胸に力と偽りと」 #symphogear2013 人類を脅かす認定特異災害ノイズと、シンフォギアシステムを

戦姫絶唱シンフォギアの作品構造とG2話の響の想いが響かないことについて

シンフォギアG2話。最高に最高に面白かった。 2話では響の想いが他者に響かない困難が描かれた。 響かない事、それはシンフォギアの作品の構造にも直結する問題だ。 主人公:立花

戦姫絶唱シンフォギアG 第2話 胸に力と偽りと

黒いガングニールのシンフォギアを纏ったマリア。 防衛省の柴田事務次官によると米国の生物研究機関でもトラブルがあったようで、今日まで解析して ...

戦姫絶唱シンフォギアG 第2話「胸と力と偽りと」

黒いガングニールを纏い現れたマリアは、全世界に宣戦布告する。 翼もシンフォギアを装着して戦うが、マリアの仲間の調と切歌と参戦。 到着した響とクリスとともに3対3の戦いとなる...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。