アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

その他

2013年夏アニメ 雑感①

 そろそろ何を見て何を切るか決めたので。

 まずは視聴継続作品から。シンフォギアは言わずもがな。

ローゼンメイデン

 原作既読。
 正直1話の構成は今でもないわー、と思ってる。キャラ紹介にしてもおざなりに過ぎるし、何より原作通りにやるなら最初からやって欲しかった。
 2話以降は耽美でどこか退廃的な雰囲気を醸し出す背景画のクオリティと、ただ無為に人生を過ごす「巻かなかった」ジュンの心情を丁寧に追う演出・脚本の出来が良くて、面白いのが一層ムカツくんだよなぁ。
 さらに3話では、途中で回想という形で総カットされたバーズ版のストーリーの一部であるジュンが引きこもりになったきっかけを入れたりと、きちんと補完描写も組み込んできてるんだよなぁ。これ以降も1話ですっ飛ばされたドールズたちとの関係性を補完できるように構成してるのかも、と期待の持てる描写で、とりあえずは不満を抑え込んで楽しんで見守ることにします。


恋愛ラボ

 原作は未読だけど、以前から評判を聞いて気にはなっていた作品。
 この作品は〇〇が登場して〇〇〇〇展開に移行してからが本番だと聞いていたけど、ひたすらマキとリコの掛け合いで攻める1話からしてめちゃくちゃ面白いんだよなぁ。動画工房の豊富な作画力と、程よくデフォルメされた太田監督作品ならではのキャラデザとコンテで一々キャラの動きが可愛らしくて面白い。
 キャラクター同士の関係性も、色々見るべき所があってこれから5人での化学反応がどうなるのか楽しみだ。
 ところでアレはちゃんとやるんだろうな? 日和ったりしないよな?


物語シリーズセカンドシーズン

 原作未読。
 年末の猫物語(黒)を見てないんで理解が追いついてないけど、自己のアイデンティティが希薄だからこそ正義足りえるという羽川翼のキャラクターは面白い。
 会話劇のテンポも相変わらず良く、見ててダレない辺りシャフトは苦手なんだけど映像演出もいいんだろうなー。すげえ面白いってことはないけど、何だかんだ毎回楽しんで見れてはいる。

 この作品のキャラクターって独特だよね。見た目だけじゃなく、出てくる度にキャラが変わって見える。根っこは変わらないにしても、言動や考え方が流動的なのはわりと現実に則しているのに、キャラクター自体にはそこまでリアリティを感じないバランスが特徴的。
 基本1対1の閉じた関係性でしか描かれないので、キャラ描写に空白が多くて戸惑いが大きい。ただ、自分の知らないところで何かがあって人が変わって見えるというのもある意味では現実的だから、これもわざとやってるんだろうなぁ。バックグラウンドが見え辛いのは感情移入を阻害する時もあるんで、一長一短ではあると思う。
 この辺がイマイチ自分が入れ込めない理由かなぁ。原作読めば解消できるかもだけど今ところ食指は動かない。

Free!

 一番夏らしいアニメじゃないかこれ?
 メインキャラの男連中の若干媚売ってるように感じる性格描写は確かに鼻に付くけど、普段から媚び媚びな萌えキャラでブヒってる身ではあんまり言えた義理ではないなと。江ちゃんは可愛いし、扱いも悪くないしそこまで見ててキツくは感じないな。男連中もキャラは立ってるし、特に遥と凛のままならないすれ違い描写はすごく魅力的。
 それよりも水の表現がすごい! 水泳シーンでの、体の動きに合わせてうねりはねる水の描写が見ててすげぇ気持ちいい。久しくプールで泳いでないから、なおさらあの爽快感が思い起こされた。
 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。

 原作未読。
 ほぼもこっち一人で回せてるのがまずスゴい。橘田いずみさんの怪演が光る。
 ひたすらに痛く、卑屈で、ゲスい思考回路が若干身につまされつつも面白おかしい。大沼監督作品らしく演出も感情の起伏が分かりやすくもユーモアに溢れてて、見てて飽きないです。
 今んとこひたすらもこっちの自意識の問題で、これから他者との関わり合いを中心に描いていくのか、それともずっと一人相撲を続けていくのかまだ分からない感じだけど、最後まで笑って見ていられそうな作品ではある。

 
有頂天家族

 原作未読。
 久米田先生のキャラクターデザインと、写実的に寄り過ぎないながらも美麗さは損なわれない背景が絶妙に折り重なって戯画的な世界観を構築している作品。
PAの新境地と言っていいのでは。
 たぬきの家族。母親が周囲からダメだと言われている息子達を、しかし全然気にせずに愛していて、息子達も母を大切に思っている関係性が素敵。ベタベタな家族愛なのに鼻に付かない飄々とした空気がある。
 まだ話の筋は見えないけど、安心して作品世界に没入できる作品という印象。


 次に視聴を断念した作品群。

きんいろモザイク

 1話はイギリスの暮らしを細かに描いた背景美術、言葉を越えた心の交流を魅せた情景描写共に素晴らしく、とても面白かったのだけど、だからこそすぐに普通のゆるふわ学園コメディに移行してしまったのが残念。
 で、学園コメディとしてはキャラクターに毒がないのとネタがそこまで面白く感じられないのでわざわざ見るほどではないかなーと。女の子が可愛いのはいいけど、癒し枠なら既に「絶対防衛レヴィアタン」の再放送があるんだよね。


ステラ女学院C3部

 実は1話しか見てない……。沢城さんのキャラが出てから判断しようとは思ってたんだけど、次の週で「銀の匙」と時間が被り断念。めんどくさくなってそのまま視聴やめちゃいました。評判が良くなって後悔する事態になりませんように。


銀の匙
 
 そしてその「銀の匙」も切るというね。原作好きなので期待してたのだけど、どうも原作を再現し過ぎてアニメーションに落とし込み切れてない感。動物や飯の描写は良かったんだけどね。
 ギャグのテンポがいちいち悪く、演出も漫画そのまま。これってハガレンFAが序盤でやったミスそのまんまじゃん。あっちは中盤から演出が改善されて最終的には原作を上手く補完した名作級の作品になったけど、こっちはどうかなー。
 だんだん良くなるかもしれないけど、録画忘れて2話見逃しちゃったし他に見たいのもあるので切ります。


ダンガンロンパ

 原作の再現を意識し過ぎと言えばこれもそう。こっちはそもそもハナからアニメのフォーマットに変換する気すらなく、ゲームでの演出をそのまんま持ってきた結果実に中途半端な出来になっている。
 その最たるものが3話の学級裁判で主人公が容疑者を「論破」するシーン、あれはプレイヤーが主体的に操作してこそ爽快感を得られるゲーム的演出なのに、それをそのままアニメでやってるから白けるしかない。「メディアの違いを理解せよ」ってこういうことじゃないの? 大味なトリックだってゲームを通して一つ一つ謎を解いていく過程あってこそだろうし。
 ストーリーに関しては「彼女」に感情移入する余地がほとんどなく、しかしだからこそ「想像するしかない」という描き方は良かったので、原作ゲームはいつかやりたいと思いました。


ファンタジスタドール

 あんまり見たことないのに分かるくらいに漂う朝アニメテイスト。
 主人公の心情の変遷がやや唐突で、キャラ同士の絡みも言と動の不一致が気になってイマイチ入り込めない。ただ、カードバトルと並行した戦闘シーンは中々興味深くて、敵キャラも妙に立っているので2話はちょっと面白かった。
 でもまあ、3話はレヴィアタンと放送時間被ってるしまあ切ってもいいかなと。


幻影ヲ駆ケル太陽

 うーん、物語的にはまだ導入で面白くなりそうな雰囲気はあるんだけど、どうにもビジュアルセンスが口に合わなくて入り込めない。重い話とのギャップ狙いは分かるけど、落差が大き過ぎて深刻さを感じないんだよなぁ。慣れればすごい面白くなる可能性も感じるけど、とりあえず現行放送はここまで。


 あとはガッチャマンクラウズがめちゃくちゃ評判いいので見たいんだけど、1話見逃したのとウチの10年以上使ってるPCには日テレオンデマンドは重過ぎるのとでリアルタイムでの追っかけは断念することに。いつか絶対に見ます。

 前期からの継続では「進撃の巨人」と「マジェプリ」と「ヤマト」を視聴中。
特にマジェプリは、「能力は高いが協調性が壊滅的な孤高のエース・アンジュ」と、「今までリーダーとしてチームを引っ張ってきたが徐々に突出した能力を開花させて「個」の英雄に変貌しつつあるイズル」、という対比が描かれていて面白いです。14話の戦闘シーンは本当に素晴らしくて食い入るように画面見てた。

 結構選別はしたつもりだけど、それでも再放送の「レヴィアタン」を含めれば計11作も見ることになるんだよなぁ。その上シンフォギアにリソースの大部分を割いちゃってるんで、他の作品をあまり真面目に見れてないような気もしてきたり。
 本当はいくつかに絞って集中的に見るのが一番いいんだろうけど、それには毎クールの作品数が多過ぎるんだよなぁ。ジレンマですね。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ