アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

漫画

ねじまきカギュー 11巻 感想

 中山先生はもうイクニ作品の影響受けてなきゃウソだよねと思ってる。


  記念すべき連載100話目に「ファミリア」というタイトルを持ってきて、家族の話をするというのがもう計算しつくされている感じですごいよね。二知恵親子の問題さえなければ、これが最終回でもいいくらい。
 家族というのは人間が所属する中でもっとも強固なコミュニティであるとか。それは何も血の繋がりによって形成されるものではなく、人生の中で出会い紡いできた絆で形成される輪によってもたらされるものである。
 衿沙は「血」に呪われている状態だけれど、生徒会が解散した今でも傍にいてくれる彼女たちの存在は間違いなく彼女自身の力で手に入れた絆だ。だからこそ、彼女が救われるためには二知恵家の問題に決着をつけなければいけないとも言える。自分の血を愛せないと人は愛せない。

 新章として始まった生徒会解散総選挙編。
 そこで主役として立ち上がったのは負けが続き微妙に格が落ちてた犬塚紫乃。しかし今回の紫乃ちゃんは文句の付けようのない風格を漂わせており、一度獣化してネジが吹っ飛んだのか知らないが山田がキャラ崩壊するのも無理はないほどのカッコ可愛さである。
 新キャラの万里倫と杏音(元ネタはもちろんマリリン・マンソンとアンネ・フランク)については次巻が発売されないと何も言えないなー。

 カギューちゃんとの闘いを経て、紫乃ちゃんは変わった。
 彼女が絶対生徒主義を掲げるのは法よりも大事なものがあると気付いたから。法はあくまで手段であって、目的ではない。かつて規律の鬼として生徒に恐怖の対象として扱われていた彼女は、現状を理解した上で己の変化を武器にギャップを以って生徒たちにアピールしていく。
 「生徒を守る」という紫乃ちゃんの言葉はカモ先生や衿沙を彷彿とさせる。言葉は三者三様にその形を変える。カモ先生のそれは信念、衿沙のそれが欺瞞だとすると、紫乃ちゃんの場合は彼女自身が言うとおり政治的な公約である。ノブレスオブリージュに近い感じかな。
 かつて紫乃ちゃんは犬塚グループの跡継ぎとして、自身の心を理性を以って封じ込めることを強いられていた。しかし今では、自分の気持ちに素直になった彼女がかえってカリスマ性を増し、人の上に立つ者としての責務を果たさんとする姿を見せている。紫乃ちゃんの成長描写としてこれ以上のものはないですね。

 そして何より上手いのは、衿沙親衛隊隊長を通して衿沙の意志が紫乃ちゃんの意志とリンクしたシーン。
 カモ先生は結局衿沙の心は守れなかった。じゃあ何を守ったのかというと、彼は衿沙の「嘘」を守ったんですね。学園の生徒達には、衿沙の「生徒達は家族」という言葉がただの嘘でしかなかったことは伝わっていない。それはカモ先生が彼女の立場を身を挺して守ったから。
 だから親衛隊隊長は、未だに衿沙を慕っているし、そのために暴走をした。そして思想的には一応同質である紫乃ちゃんの言葉に衿沙の意志を見る。これってつまり、衿沙が吐いた嘘が嘘のまま、紫乃ちゃんによって真実に昇華されてるんですよ。
 前巻の感想でも書いたと思うけど、この作品は基本的に「嘘」を否定しない。だからたとえ「嘘」から生まれたものだとしても、元生徒会の絆は消えないし親衛隊の信仰もそのままだ。ちゃんと衿沙が築いてきたものは生きている。それを描くという意味でも、この選挙編は正しく生徒会編の後始末であるわけだ。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ