アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

2013年秋アニメ 雑感①

 今期新作の所感などを。数を減らしたいので優先順位も付けたいかなと。

 まずは優先して見たい作品群。今の所は視聴確定です。


 キルラキル

 振り切れた作画演出のテンションに、はっちゃけた声優さんの演技。古臭い作劇に、現代の技術が合わさって、トリガーならではのアニメーションの魅力が発揮されています。
 物語的にはまだシンプルなフォーマットに則っているだけだけれど、既に主要なモチーフやガジェットは提示されてるので徐々に味わい深くなってくるはず。生徒会とは早いうちに決着が着くんじゃないかな。
 何よりも、ヒロインの流子がすごく可愛いです。そして相方のたまこマコ、ナチュラルに狂っててちょっとマジで怖いんですけど、私だけですかね?


 京騒戯画

 WEB配信時から応援していたので見ないわけにはいかないでしょう。
 0話は予習としても不親切でしたが、1話と合わせて大体話の筋は分かるようになってますし、何より独特の世界観が魅力的。これもまた、映像的な快楽が魅力的ですが、「家族」のドラマとしても説明し過ぎない語り口がいい味を出していて良いです。1話マジで面白かった。


 凪のあすから

 水中で暮らしてるのに態様はほぼ地上と一緒なのは最初どうかと思ったけど、地上の人々との差をあえて設けないことで逆に異種族間との意識的な隔絶を強調してるのかもね。
 コミュニティ同士の交流による摩擦や、狭い世界からの脱出とか、色々考えるべき部分があるのだけど、ちょっとセリフ回しがくどくて入り込めない感はあります。マリーさんはわりと好きだけど、もうちょい自重してくれた方が好みです。


 リトルバスターズ! ~Refrain~

 1期も見ていたので。
 明らかに作画クオリティが上がっていて、クリアな映像美もより映えるようになってますね。切なさ乱れ撃ちな予感がするので、やがて来るであろう別れの時を腰を据えて見届けたいと思います。


 弱虫ペダル

 シンプルな少年漫画の面白さがそのまま作品の魅力なので、あんまり言う事ないですが今の所安心して見られます。話の流れが自然ですんなり入っていける。今泉くんがかわいい。


 のんのんびより

 にゃんぱすー。
 1話の出来が素晴らしかったです。田舎を舞台にした日常物って感じなんですが、テンポが非常にゆったりしてて、田舎のスローライフ感が見事に表現されていました。もちろんここで描かれている田舎が一種のファンタジー空間なのは分かってますが、だからこそ安心して見られそう。
 あと蛍ちゃんが小5なのにエロくて困ります。今期の癒し枠決定。


 WHITE ALBUM2

 これも1話が素晴らしかったですね。ロマンチックなシチュエーションに弱いんですよ。音楽と物語が見事に絡み合う演出、たまりません。
 ヒロインもまだ良くキャラが掴めないけど、小木曽さんは自分好みの臭いがします。


 サムライフラメンコ

 和製キックアス。どこかマヌケさの漂うパンピーヒーロー物。やる事はみみっちいし、明らかに私怨も混じってて、現実におけるヒーローの痛々しさや馬鹿らしさがややシニカルに描かれてるんだけど、俗っぽいからこそ共感できる部分もあって、笑い飛ばせない切実さを感じます。今後どうなるのか全く読めない。


 続いて様子見作品。切るとしたらこの辺から。


 COPPELION

 やはりTVだと色々規制があるようで、この作品の魅力を発揮しきれるのか不安もあったり。今んとこ映像的には問題はないですが、2話の演出でちょっと首を傾げる部分もあったりで、原作読んだ方がいいと感じるようであれば切ろうかなと。
 どっちにしろ鈴木信吾監督のアクションを見てからでも遅くはない、はず。


 ログ・ホライズン

 決して悪くない、むしろ1話はすごく出来がよかったし、アカツキが愛くるしくってそれだけで見ていられるくらいなんですが、いかんせん原作を読んでいるので別に見なくてもいいっちゃいい。まあでもまおゆうみたいな残念な出来にならない限りは切らないと思います。竜吼山脈やらないかなー。


 ゴールデンタイム

 ほっちゃんアニメ。ちょっと映像的に退屈なのと、キャラの掛け合いがキツイのとで、切るとしたらまずこれかなー。EDはすごくいいし、香子と主人公の関係性がこれから面白くなりそうな予感がするのでもうちょっと様子を見たいです。


 境界の彼方

 京アニ待望のバトルアニメ。美麗かつ良く動くスタイリッシュな戦闘シーンは確かに見物で、エフェクトやカット割りといい他のアニメ会社にはない独特の味があります。
 ただ、売りの一つである眼鏡っ子ヒロインのデザインが個人的にイマイチでテンションが下がります。眼鏡が揺れ動く描写自体はいいんですが、栗山さんに似合っているかというと、なんか眼鏡に着られてる感じがして微妙なんですね。ガンダムBFのサチや、のんのんびよりの蛍とかは素晴らしいんだけどなー。京アニで言えばたまこまの史織。
 ただ、黒髪ロングの美月が可愛いのが救い。茅原実里さんの声ってあんなに魅力的だったんだ、今まで無感情なキャラしか知らなかったので新鮮です。声と言えば、舞HIMEで藤乃静留役を演っていた進藤尚美さんの京都弁がまた聞けたのが嬉しかったです。


 ガンダムビルドファイターズ

 普通に良く出来てるし面白いんですが、私が今までガンダムを見てこなかったのもあって、既存の機体やパロネタ・オマージュが出てきてもテンションが上がらないので損してる気分に。まあ同じくガンダムを知らない子供向けに設計されてるはずなので気にすることじゃないんですが、TwitterでTL見てるとやっぱりガンダムファンばかりで気後れするんですよねー。なんのこっちゃ。
 メガネっ娘ヒロインが素晴らしいので彼女の出番に左右されるかも。


 ガリレイドンナ

 個人的にはR.O.Dを思い出す作風。さんしまーいかいぎー。
 これはまだまだ未知数な感じなので様子見ですね。ヨーロッパの街並みや地に足の着いたアクションは良かったです。3姉妹では次女が見た目的に好みです。でも裸オーバーオールはエロい。


 前期から継続の物語シリーズSSを含めると15作品も見てるので、できれば減らしたいんですよねー。でも困ったことに、まだ序盤で判断したくないというのもあって、切るに切れないのが現状です。そろそろ自分なりの切り方を覚えた方がいいのかもなー。評価を保留にすりゃいいのは分かってるんだけど、その先改めて手を出すかどうかは周りの評判頼みになっちゃうので悩み所です。
 時間的にちょっと厳しいのもありますが、それ以上に母数が増えると1つの作品に中々集中できないというのが大きいです。名前を覚えるだけでも大変だ。
 

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。