アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライフラメンコ

サムライフラメンコ 5話 「正義とは」 感想

 受け継がれるサムライフラメンコの意志。

 正義性の違いからサムライフラメンコとフラメンコガールは喧嘩別れ、後藤さんも交番から「仕事してますアピール」の非認可正義なんちゃら課に配属され、皆なんだかモヤモヤした空気に。

 ようはイメージ・理想と現実とのギャップですね。
 羽佐間は憧れの監督が撮る特撮ドラマに出演が決まったけど、本人のやる気とは裏腹に現場はなんだか冷めた空気。ヒーロー活動もパートナーは暴走気味だしイマイチやってる意義を見出せない。
 まりはまりで、独りになってますますやりたい放題だけど、どこかしっくりこない。
 後藤さんも、前回あんな事を言っといて自分が配属されたお飾りの課で燻っている。

 ヒーロー活動の熱に浮かされて、一体自分が何をしたかったのか見失っているようでもある。自分を熱狂させたクリエイターでさえ、今は情熱も失っていて、現実は彼の理想とは程遠く冷め切っている。そんな羽佐間の元に、サムライフラメンコを考案した亡き祖父からの荷物が届く。
 そこにはただ「正義」のみを求めた、サムライフラメンコの理念があった。見返りを求めず、悪と戦い続ける不屈のヒーロー。原点回帰を果たした羽佐間は自分はもうサムライガールの言いなりはならないと、自分の正義を突き通す決意をする。
 まりに関しては悪人ボコってスカッとできればそれでいいのだと思ってたけど、今回のあのオチを見るに、何だかんだ独りは寂しかったんじゃないのかとも感じたり。
 改めてフラメンコガールを仲間に誘うサムライフラメンコがあっさりフラれるのはいいですね。彼女なりに彼の正義を認めたからこそ、その手を拒んだ。もう羽佐間は誰かの正義の奴隷ではなくなったわけです。

 一方の後藤さんは、他の2人より明らかに感情が見えにくいのですけど、それを彼女さんだけが理解していて、メールでのやり取りから彼なりに悩んでいることが見て取れますね。サムライフラメンコとの協力体制を機能化するための企画書、未だはっきりと見えない彼なりの正義がどのような形で提示されるのか、興味は尽きません。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

サムライフラメンコ フジ(11/07)#05

第5話 正義とは 公式サイトから“フラメンコガール”の型破りな行動に振り回されてばかりの日々に、最近ではすっかり疲弊気味の“サムライフラメンコ”。警察にはヒーローの過激な正義せいぎ活動に対する苦情が集まり出していた。意気込み臨んだ仕事でも空回りの連続で、なにもかもがうまくいかない状況に気落ちする正義。「自分が憧れていたヒーローとはこんなものだったのか?」正義は自問する。 サムライフラメンコの...

サムライフラメンコ 第5話「正義とは」

サムライフラメンコの第5話を見ました。 第5話 正義とは 男に襲われていた女性を助けようとするも、相手とグルで正体を暴いて賞金を得ようとしていたことに正義はショックを受けたばかりか、“フラメンコガール”であるまりの型破りな行動に振り回されてばかりの日々に疲弊気味となっていた。 そんな中でヒーロー番組に出演できることになった正義のサポートがなくなったまりの正義活動は過激な...

【感想】 サムライフラメンコ 第5話 「正義とは」

コクバンギギギギー 完全に、デーボ・キビシーデスパクったやろ!!www ということで、念願かなって正義は特撮ヒーロー番組に出演したところから今回スタート。 もう、 ...

【感想】サムライフラメンコ 5話 絶対にして唯一の正義

サムライフラメンコ 5話「正義とは」 の感想を ヒーローは孤独なもので保証無し、給料は勿論出ない 非認可組織と言われ、タイツ野郎と言われ、賞金首にされ それでも突き進むヒーローとは何なのか? 『 サムライフラメンコ 』のオフィシャルサイトはここから

抱く想いは【アニメ サムライフラメンコ #5】

サムライフラメンコ 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/12/25)増田俊樹、杉田智和 他商品詳細を見る アニメ サムライフラメンコ 第5話 正義とは ポイ捨て、信号無視に、コンビニ前のたむろ 誰も彼もが見て見ぬふりをする社会の悪に 真っ向から立ち向かう正義のヒーロー 彼の名はサムライフラメンコ! 空回りする正義活動 良かれと思ったことが迷惑になる ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。