アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライフラメンコ

サムライフラメンコ 6話 「サムメンコを捕まえろ!」 感想

 すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。

 謎の技術者がバックに付いたぞ(笑)
 サムライフラメンコ待望の専用装備が全部文房具というのはおもしろおかしくもあり、彼の信条を理解している感じでいいですね。暴力に酔ったフラメンコガールのように人を傷付けるのではなく、あくまで「正義」を行なうための武器。メジャーで飛び降りる所とかもうバットマンじゃねーか!
 フラメンコガール、ついに「憂さ晴らし」とか言いやがってましたからね(笑) もう大好きだわコイツ。
 
 いつものようにヒーロー活動に勤しんでいた羽佐間、しかし街の人々は何故か血相を変えて彼を追いかけてくるのだ。悪の組織による洗脳――などではもちろんなく、今野が仕掛けた賞金1000万のゲームが原因だ。
 このイベントは今までの集大成ですね。羽佐間本人は善行を働いているつもりでも、周囲の人にとってはそれはただの「世間を騒がせているエンターテインメント」でしかなくて、誰も彼の正義に見向きもしていない。それどころか、よりによってフラメンコガールに指摘されてしまったようにお祭り騒ぎを誘発して治安を悪化させてしまっている。
 
 羽佐間の正義はいつだって空回りで、結局は彼を利用してのし上がろうとするマスコミや功績を横取りして低迷した人気を取り戻そうとする俳優や便乗して憂さ晴らしをしようとするアイドルや踊る阿呆に見る阿呆でついでに一攫千金を狙う大衆のいいオモチャでしかないのかもしれない。
 それでも彼は祖父の意志を受け継いで、不屈の正義を貫くことを決断したのだ。信じては裏切られ、正しさを嘲笑され、それでも愚直に信じる道を往く無敵のヒーロー、サムライフラメンコ。間違いだらけの彼の正義が、一人づつ一人づつ、心を動かすとまではいかなくても人々の心に少しだけ何かを残していく。見返りを求めない彼の正義が、ほんの少しだけ報われるシーンには不覚にもちょっと感動しました。
 というかあの眼鏡の兄ちゃん人を助けるための嘘とか無駄にカッコいいな!? 単純に感化されるのではなく、再び嘘を吐く事で意趣返しになってるのがいいですね。

 そしてそんな羽佐間を誰よりも理解し、警官という立場から見守り続ける後藤さん。彼女の件含め、何気に謎の多い男ですよね彼は。
 
 真面目に語っちゃってますが、見てる時は笑い転げながら見てました。不意打ち気味に小ネタを挟んでくるし、いちいち絵面はシュールだし、今回はエンタメとしても物語としても高水準で素晴らしい出来だったなぁ。最高に面白いです。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

【感想】サムライフラメンコ 第6話 「サムメンコを捕まえろ!」

今回は、倉田さんじゃなくてタカヒロさんが脚本。 ググったら、平成ライダーの大ファンだそうで。なんか納得の脚本でしたw 武器・・・文房具の解説するところなんて、「お約束 ...

サムライフラメンコ フジ(11/14)#06

第6話 サムメンコを捕まえろ 公式サイトから“フラメンコガール”は、仲間を引き連れ“フラメンコガールズ”となりパワーアップ!正義せいぎ活動も芸能活動も絶好調な日々を送っていた。一方、“サムライフラメンコ”は町中を逃げ回る。暴徒と化す市民。迫りくる魔の手……。後藤や要の助けは来ない。追いつめられた正義の脳裏に、ある男の言葉がこだまする。「サムライフラメンコ。……近いうちに、貴方は死にます」 繁...

サムライフラメンコ 第6話「サムメンコを捕まえろ!」

サムライフラメンコの第6話を見ました。 第6話 サムメンコを捕まえろ! 「流れる血潮は夕焼けよりも尚赤く、フラメンコルビー!どや?これ、イケてへん?」 「没。私達はフラメンコガールズ、もう少し華がある決め台詞にして」 「それやったらこの前のでええやん」 「あれは即興で作ったからオリジナリティに欠けてんの」 まりは瑞希と萌と共にフラメンコガールズを結成し、正義活動も...

【感想】サムライフラメンコ 6話 ヒーローって本当にいたんだな

サムライフラメンコ 6話「サムメンコを捕まえろ」 の感想を 『 砂消し 』とは 砂を含んだ消しゴムで、紙を削り取るように消す 特殊な消しゴム けして、ノック式ボールペンで射出し、悪を攻撃するものではない 『 サムライフラメンコ 』のオフィシャルサイトはここから
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。