アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライフラメンコ

サムライフラメンコ 11話 「フロム・ビヨンド」 感想

 ニコ生で一挙放送があります。見てない方もこの機会に是非!
 
 ついてこれる奴だけついてこいッ!

 縦横無尽、というかもはや傍若無人なまでにリアリティラインの上を飛び回っている本作。キング・トーチャーとの死闘の後、息を付く暇もなく新たな敵勢力『フロム・ビヨンド』が現れ、羽佐間は何故か秘密裏に対抗勢力を組織していた要さんに連れられ、今度は戦隊物ヒーローへと変身するのだった。
 
 本当にもうこの作品は(笑) 
 生真面目な人ほど振り回されるんだろうなぁ。
 でもこれ、そういう人が持つ固定観念に疑問を呈する作劇だからなー。
 
 明らかに前回までとは位相の異なる世界観の提示、この自由さは作品の性質をどんどん荒唐無稽にしていくし、もう完全に狙ってギャグに昇華していて、多分メタ構造とかに目を向けないとどう見ていいか分からないんじゃないか? 
 いや、ただ笑ってるだけでも楽しめるように作ってあるけど。
 
 今回は超展開で視聴者を置いてきぼりにする危険性を逆手にとってネタ路線に突き抜けていたと思うが、強烈なフィクション性から現実的な問題提起を示唆する作劇が今までのこの作品の特性であり、今の所完全にふざけているようにしか見えない新章のエピソードも徐々に地に足の着いたテーマに切り込んでいくことは想像に難くない。

 というか今回だけでも、侍戦隊フラメンジャーとフロム・ビヨンドの刺客毒毒毒とのイマイチ緊張感のない戦闘の合間にバタバタと戦闘員一般人問わず死んでいたり、「山手線に載せて毒をばら撒く」と地下鉄サリン事件を彷彿とさせるネタをぶっこんで来たりと、ブラックな成分が見え隠れしているんだよなー。
 あと、収集されたフラメンジャーの全員がリーダーであるレッドの格好をして出てくるのは、昨今のお遊戯で皆が主役やお姫様をやったり、かけっこで全員を1番にしたりという、ゆとり教育の成れの果てのような風潮を皮肉っているとこじつけられなくもない。いや、これ結構アリなんじゃね?

 こうまで何度も作品の方向性を転換していく作風の利点としては、各エピソードがテンポ良く昇華された上に視聴者の予想を超えつつ飽きさせずにエンタメできるのと、フィクションを通じて描く日常世界の構造をさまざまな切り口から描ける所とかかな。決して見せかけだけじゃなく、物凄く刺激的な作劇をやっていて、とてつもなく面白いです。

 2クール目への期待としては、とりあえず現時点では蚊帳の外に置かれてしまったように見える後藤さんやミネミラをどうフラメンジャーと絡めていくか、かなー。
 ゾンビのように這い上がってくる真野まりのさらなる活躍を願う。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

サムライフラメンコ フジ(12/19)#11

第11話 フロム・ビヨンド キングトーチャーを倒した正義はマスコミに正体を明かす。それを知ってTVの前で怒る石原マネージャー。東京湾に正体不明の建造物が出現。さあ忙しくなるぞと要が正義を連れて行く。 奴らは世界征服を企むフロム・ビヨンドだ。彼らの科学力がキングトーチャーを支援していたのだ。輸送ヘリで何処かに移動する二人。総理から要に連絡、サムライ戦隊フラメンジャーの 出動を要請される。 都庁...

サムライフラメンコ 第11話「フロム・ビヨンド」

サムライフラメンコの第11話を見ました。 第11話 フロム・ビヨンド 「皆さん、僕がサムライフラメンコです」 キング・トーチャーを倒し、ロケットの発射を阻止することに成功した正義は集まる報道陣を前に正体を明かす。 「そして私がレッドアックスだ!」 東京湾に謎の巨大要塞が出現したばかりか、そこに突然現れた要が正義を輸送機に載せて連れ去ってしまう。 「まさかキング・ト...

サムライフラメンコ第11話「フロム・ビヨン...

サムライフラメンコ第11話「フロム・ビヨンド」「正義にとりあえずは無い!」※ 注意ちょーっと今回ばかりは辛らつかもしれません。楽しまれてる方はここで回れ右して下さい。公式...

サムライフラメンコ 第11話「フロム・ビヨンド」

サムライフラメンコ 第11話「フロム・ビヨンド」 「正義にとりあえずは無い!」 ※ 注意 ちょーっと今回ばかりは辛らつかもしれません。 楽しまれてる方はここで回れ右して下さい。 公式HPより “キング・トーチャー”との死闘を終え、日本を守り抜いた“サムライフラメンコ”は、集まる報道陣を前に覚悟を決め、ついに自身の正体を明かした。しかしその直後、正義...

サムライフラメンコ 第11話「フロム・ビヨンド」

サムライフラメンコ 第11話「フロム・ビヨンド」

【感想】サムライフラメンコ 第11話 「フロム・ビヨンド」

鎧武に先んじて・・・ 戦いのステージ、上げてきた〜〜〜!!! でも、ちゃんと伏線も蒔いてたし、それを回収してのこの展開だから、意外とすんなり受け入れられました。 ...

Go to ネクストステージ!【アニメ サムライフラメンコ #11】

サムライフラメンコ 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/12/25)増田俊樹、杉田智和 他商品詳細を見る アニメ サムライフラメンコ 第11話 フロムビヨンド 大人になりたくない“大人たち”へ 何もかも灰色なこの世界で ただ真っすぐに突き抜けられたならと立ち止まるだけの 大人になれなかった大人たちへ―
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。