アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライフラメンコ

サムライフラメンコ 15話 「イミテーション・ジャスティス」 感想

 フラメンコ、新たなるフェーズへ。

 
 「もう一人の羽佐間正義」で、「CV:石田彰」だから当然ラスボスかと思いきや全然違うというね。どこまでもこちらの思い込みを逆手に取ってくれる(笑)
 彼の正体とかはあんまり追究する気はないですが、やはり羽佐間祖父による壮大なヒーロー番組再現計画の一環とかそんな感じがしてきますね。
 ビヨンド・フラメンコ曰く、正義と悪という構図が分かりやすいだけで、羽佐間も彼も「何に狂っているか」という違いだけで『狂人』という点では変わらないのだと。
 正義のヒーローは狂ってないと務まらない、というのは当ブログでも何度が言及していることなのでこの指摘にはさもありなん、という感じですね。キング・トーチャー編でも両者の根源は同じであると描いているし、メタヒーロー劇として善悪の対立構図を解体する意図の下にある一貫した描写なのでしょう。そしてそれはBパートからの超展開にもやはり繋がっている。


 フラメンジャー編は今回で完結し、物語はビヨンド・フラメンコが言ったようにシームレスに次のフェーズへ移行する。
 この章から章への移行の段階では、物語・テーマ上は地続きになってるんだけど、メタレベルやリアリティラインは基本別物になるので、この辺を混同するとテキトーな脚本にしか見えない、というのがこの作品の厄介さであり面白さですね。まあ今更説明することでもないですが、一度言っておいて損はないでしょう。
 
 突如表れたアメリカンヒーロー、そして公安に追い回されるフラメンジャーたち。
 なんかキーン条例みたいな法案も通ったし、今回はアメコミ路線にシフトするんですかね。
 ミスター・ジャスティスから告げられた衝撃の事実。フロム・ビヨンドを操っていたのは日本政府であり、国民の目を怪人に向けさせ支持率の上昇を図るという自作自演だったという。アメリカでも同じことが行なわれていたそうな。
 この辺は若干社会風刺っぽいですね。政府への不満を他に誘導し、その隙に法案を通すというのはどっかで聞いたような話。
 そしてこの構図自体は上記で書いたように今までと地続きの描写。作中での『ヒーロー活劇』が、善と悪の二項対立を単純化・可視化して皮肉気味に描いているという指摘は何度もしてきましたが、今回はその構図をそっくりそのまま政府が利用しているという状況になってます。正義と悪の分かりやすい対立構造があると、大衆は安心できるし深く考えなくても済む。けれどその心理は利用され食い物にされるよ、と。この転換で、前回ヒーロー達に触発され立ち上がった大衆が、まんまと踊らされていたという構図に貶められる、相変わらずの厭らしい脚本(笑) 
 『ヒーロー』を馬鹿にしきってるわけではないけれど、無邪気に信じきってもいないという、ある意味でバランスがとれてる、のか?

 こういう風に考えていくと、ビヨンド・フラメンコの諦観もなんとなく分かってくるんですよね。正義だろうが悪だろうが、目指すものは途方もない実現不可能な絵空事で、その戦いに『自己満足』以外の意味なんてない。勝つのはいつだって守られる民衆であり、旨味を吸う社会悪なのだと。
 社会と『ヒーロー番組』の関係ってなんなの?という問いにまた別の角度から踏み込んできた、相変わらずデタラメなようで一貫性のある作劇。
 リアルタイムでは振り回され、記事を書くために頭を捏ね繰り回して、毎週毎週最高に楽しませてもらってます。来週も楽しみだ。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

サムライフラメンコ 15話「イミテーション・ジャスティス」

評価 ★★ 社会派アニメだなぁ(棒) 我らがズヴィズダーの光を、あまねく世界に!ってね           

サムライフラメンコ 第15話「イミテーション・ジャスティス」

サムライフラメンコの第15話を見ました。 第15話 イミテーション・ジャスティス 「俺は“フロム・ビヨンド”のビヨンドフラメンコだ。はじめまして、兄さん」 「兄さん…?バカな…僕には弟なんていない。何者だ!?正体を現せ!」 「可愛いな、兄さん。言葉通りに受け取るなよ。別に本物の兄弟なわけじゃない。それによく似た関係だっていうことだ」 「君は何故僕と同じ姿をしている?...

サムライフラメンコ フジ(1/30)#15

第15話 イミテーション・ジャスティス 公式サイトから正義と瓜二つの顔をした怪人は、正義を兄と呼び、自らを“ビヨンドフラメンコ”と名乗った。動揺を隠せない正義を前に、“ビヨンドフラメンコ”は静かに語り始める。“フロム・ビヨンド”の持つ思想、そしてその目的を……。一方、“フラメンジャー”の戦いを指揮してきた政府もまた新たな動きを見せ始める。“フロム・ビヨンド”との戦いの行方は果たして?! ビヨ...

【感想】サムライフラメンコ 第15話 「イミテーション・ジャスティス」

石田・・・もとい、ビヨンドフラメンコの語りが正論過ぎて、生きる気力が尽きてくる・・・(汗。 所詮、すべて「目先のこと」なんだよな〜。 目標を展望して・・・と体良く言 ...

「サムライフラメンコ」第15話

【イミテーション・ジャスティス】 アメリカからの・・・ジャスティス!
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。