アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

キャプテン・アース

キャプテン・アース 5話 「星空の絵本」 感想

 そんなに僕を信じるなよ。

 
 前回ダイチに仲間だと肯定してもらえたテッペイだったが、その表情はまだ暗い。
 ダイチ、そしてハナの無償の承認を彼が素直に受け入れられないのは、言うまでもなく誰よりもテッペイを信用できないのが彼自身だからだろう。横島も言ってたもんね、「この世で自分ほど信じられんものがあるかー!」って。分かるよ、うん。
 テッペイの心がキルトガング側ではなくダイチたちの方に傾いているのは間違いないが、それも現時点での話。キルトガングとして覚醒する度に意識が染まっていくとか確かそんなような事を言っていたはずだし、何よりも『本当の自分になれる』という強い誘惑がある。そして自分は人間ではなく、むしろ彼らと敵対する側の存在なのだという自覚。足元もおぼつかない脆弱な基盤の上で、ダイチたちの信頼に応えられるだけの強固な自意識を保てないテッペイ。 
 そんな中で、テッペイの遺伝子提供者、つまりは父親にあたる人物が登場するという構成がニクイ。自分が何者か、という問いの答えをまず担保してくれる存在は親であり、テッペイの自己認識の希薄さの原因の一つに『親』という概念すら認知していないというファクターがあった。だからこそ、西久保の非論理的な作戦が功を奏するわけだ。そういえば、嵐エイジだけじゃなく西久保も含めて大人がクレバーな回だったな。
 
 さて、子と親という一本のラインが前面に押し出された今回だったが、そこで描かれるのは心温まる一場面ではなく、むしろ戸惑ったように距離を測りかねる子供たちの姿だった。テッペイの任務に同行したアカリがこのエピソードのラインを補強するかのように良く働く。彼女が自分をダシにした西久保の作戦に肯定的なのは、リタが言う様に母親に会えるチャンスだからでもあるし、そしてそれ以上にずっと気にしていたテッペイに近付くチャンスだからでもある。アカリがテッペイの父親にあってみたいといったのは、多分『ロジカル』を司る彼女はダイチやハナほど感覚的にテッペイの存在を受け止めることができないからじゃないのかなと考えてる。少しでも彼の存在に実態が欲しい、という点でテッペイとアカリの目的意識は一致してたのかも。
 話を戻して、母親である夜祭ツバキとの再会を喜ぶも、母との再会を作戦の口実にしている事実に良心の呵責を感じるアカリ。アカリの親に対する感情ってのが微妙で、数年間ほったらかしにされているから寂しさもあるし怒りもあるし何よりどう接していいかわからなくなっている節もある。この辺がアカリの表面的には明るく飄々と振舞っているけど、意外と内面は見せないパーソナリティに繋がってるんじゃないかなー。
 子を想う母親の気持ちも理解しきれないアカリ。まあ数年間放っといて親の心子知らずというのはある種身勝手な話ではあるんだけど、理解できなくてもなんだかよく分からない包容力を感じることはできる。この、伝わらないけど伝わってるラインというのが絶妙で、距離感はぎこちないけど会った意味は確実にあったと言える控えめながらも抑えるべきところは抑えた感が渋い。

 で、テッペイに父親を押し付ける嵐エイジの話。
 名前や風貌、そして石田ボイスからどうしてもスタドラのアイツを彷彿させる存在ではあるのだけど、今の所その言動から受ける印象は真逆もいいところ。真っ当かどうかはともかく、思いがけずちゃんと父親をしているその姿は意外の一言。
 問答無用でテッペイの「父さん」を自称し、子供たちをリードし、凶弾から庇うその姿はカッコイイ大人そのものだった。西久保とは対照的な頼りになる大人像はダイチの父タイヨウに近いものではあるし、男主人公2人の父親が彼らの目指すべき背中を供えている点は今後も留意しといたほうがいいかもしれない。
 エイジが銃弾からテッペイを庇うシーン、無重力空間に血の球が漂ってテッペイを覆う映像シークエンスが印象的。否応なく血縁を連想させる画面を提示することで、頭では否定しつつも感情的にはどうしても繋がりを意識せずにはいられないテッペイの心情に寄り添うことができる。この後敵のシャトルを奪う作戦を立案するエイジにテッペイが食って掛かるのがいいよね、明らかに心配してるけど、本人はまだ自覚がない感じ。
 テッペイにとって父親というのは、その存在すら理解していなかった「わけのわからないもの」なんだけど、その不明瞭な繋がりを丸ごと包み込むような親の愛に偉大な父親の背中を重なる。
 そして、単体ではワケのわからない関係に終始していた繋がりが、アカリとの対比によって普遍性を持ったものとして形を成すという見事な構成。この不明瞭さというのがまさにテッペイを悩ました自己のアイデンティティの問題そのものであり、それが親との邂逅と他者(=アカリ)との交流によって朧気ながらも輪郭を縁取っていく。エイジとの出会った宇宙での冒険それ自体が、親から子へのギフトである「星空の絵本」なのだ。
 なにこれめっちゃキレイにまとまっているやん。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ