アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリ熊嵐

ユリ熊嵐 5話 「あなたをヒトリジメにしたい」 感想

 仕事やら風邪やら再燃した少年漫画熱やらでモチベーションがゴリゴリ削られているので省エネ方針に切り替えますがすり潰されたりせんぞ!


 純花へのスキをあきらめたくないがあまりに、新しく友達になろうと近付いてくる銀るるを拒絶する紅羽。この頑なさというか、意固地な生真面目さに最近デリシャスメルを感じるようになりました。確かにこの子は崩したくなる。百合園蜜子の気持ちが少しだけ分かったかもしれない。
 友達が更新されたら、過去の友達へのスキは無くなりはしないまでも、多少なり薄れはするでしょうから、紅羽がそれに怯えるのも分かります。しかしながら、今回発覚した事実(度々描写のあった幼い紅羽の言う「友達」が銀子のことだった)から、彼女は既に一度スキを忘れてしまった人物であることも描かれます。
 銀子へのスキを忘れて純花へのスキに固執する紅羽が、純花へのスキをあきらめないために銀子のスキを拒絶する、という純花が生きていたら泥沼化まったなしの状況。紅羽が銀子のことを忘れてしまったのは何かしらの事情があるのか、単に人間の女の子に化けてる銀子をあの時のクマと認識してないってだけなのか。まあ「私の友達は純花だけ」発言からあの時のクマへのスキを忘れてしまってるのは確かでしょう多分(どうしても断言できないのがこの作品)。

 一方の銀子視点で見ると、うん、まあ1話から紅羽のことしか頭にないことは分かっていたけど、ここまでアホの子だとは思わなかったよ……。
 銀子の紅羽への欲望だだ漏れ感がギャグっぽく描かれていますが、この取り繕わなさが彼女なのだと思います。ユリ裁判でのクールの追及に、自分が透明な子を食べるのは紅羽を守るためでなく彼女をヒトリジメにしたいからだと(実際はどっちの側面もあると思いますが)自ら認めるその潔さ。罪熊を名乗る彼女は、自分のスキがエゴイスティックなものであると自覚した上で、それを相手に届けることを迷わない。百合園蜜子もまた、紅羽への欲望を「スキ」として実現に邁進したクマの一匹だけど、彼女はあくまで一方的に捕食するだけで相互的な想いの交換を望んでいたわけじゃないからな。スキと空き、前者は後者を内包してるけど、やはり違う。

 銀子の真っ直ぐさと対比されるのは、当面は針島薫が代表を努めるであろう透明な子たちの皆さん。彼女たちは紅羽へ近付く口実に純花を利用し、純花のためにと理由を付けて紅羽に近付きます。ここの、螺旋階段に並ぶ女生徒たちがいっせいに拍手するシーン。ここの露悪的ですらある嫌らしさはさすがだと思います。自分たちは何一つ責任を負わずに、形だけ誠意を見せてるようなフリをして、綺麗事として畳んでしまう。針島が教室で紅羽に拒絶された時、「ごめんなさい」と泣きながら走り去る彼女を周囲の生徒達が囲む描写も最高に気持ち悪いですね! 反吐が出ます(褒め言葉)
 排除の儀もそうだけど、この一連の仲直りの流れすらも儀式染みているんですよね。集団でそういう空気、流れを作り出して、全員が責任を分散して流れるままに決まりきった反応をする。まさに透明な嵐。紅羽が飲み込まれかけてるのに気付いていないのは、彼女が守り続けようとしていた純花へのスキそのものを利用されたから。
 思うに、本物のスキって究極的には理由がないものなんですね。だからこそそれを向けられた紅羽は理解ができないし、それを恐れる。針島たちは「仲良くする理由」を巧妙に見つけ出して、紅羽を融和しに掛かっている。透明な嵐は、その場のノリもそうだけど、大枠には先人が歩んできた道程のエピゴーネン、社会的な規範や常識に支配されるコンテクストそのもの。だから紅羽はクラスメイトたちの表面的な好意を理解できてしまう。そのための儀式を彼女たちが行ったから。

 で、そんな透明な嵐の中に紅羽をヒトリジメにしたいと自らの罪を宣言する銀子が、針島たちの罠に捕らえられると。この辺のコンフリクトを今後どう描いていくか、気になるところ。でもそれ以上に、銀るるの正体がクマであることをなぜ針島は知っているのか? ということですよ。
 これはもう、ちゃっかり生きてた百合園蜜子が裏で意図を引いているとしか思えないでしょう! 私は認めませんよ、あの生き汚そうな女があんなにあっさり死んだなんて。
 わずか3話で強烈なインパクトを残しつつ退場というのも美味しいけど、それはそれ!


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。