アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

The Princess of Tennis

テニプリンセス 雑感 スーパースター

ブログの書き方忘れそうなんで軽くリハビリがてら。


 さて、ここにきて今までのパターンを崩し主人公チーム青学以外の試合である、白王高校と灰原高校の試合も(やはり短めとはいえ)がっつり描いてきたテニプリンセス。目的はもちろん全国トップのチームである白王のキャラ立ちでしょうね。
 正直この辺で青学と3位決定戦で当たることになる灰原の面々ももうちょい掘り下げてくるかと思ったけど、まああんまり尺取るのもアレだし青学戦で描けるからね。メンタルが強くなってる泉とか、かな子と同じく「最強」に挑み敗れた有香とか、見るべき所ももちろんありますが。

 で、当然ハイライトは作中最強選手として早い段階から言及されてきた白王のナンバーワン、本田未央のお披露目。
 ハリアーPが「最強」をどう表現するのか、というのはずっと気になっていたことではあるけど、明らかに異質な「モンスター」だった最強ダブルス城ヶ崎姉妹とは対照的に、どこまでも人間としての強さを追及して描かれたような存在だったように思う。
 そこに至るまでの構成がやはり巧みで、ちゃんみおを除いた全員が無我の覚醒者、という白王の特異性がダブルス2試合で存分に描かれており、例外的な強さを持った連中という印象を強めています。ニコニコ静画にチート能力を揶揄するアホなコメントが見られますが、それもハリアーPの術中でしょう。
 さらにダブルス2からマキノ先輩の解説キャラっぷりがネタにされており、近所の子供仁奈ちゃんとの漫才が描かれてきました。これがわりと重要で、「特殊能力者だから解説が必要」「説明されても難しいことは分からない子供」の構図を描くことで、説明の余地がない純粋なまでの強さを持ったちゃんみおの存在が際立つわけです。仁奈ちゃんでも分かる圧倒的な輝き。

 ちゃんみおは、テニスをとことん楽しむことが強さに直結しているような存在で、監督の志乃さんもそれが分かっているから彼女の要望に応えてオーダーを変えた。観客まで巻き込んだ彼女の熱狂、それによる今までとは明らかに違う手書きの応援台詞をエフェクトとして活用することでちゃんみおという存在そのものを表現するようなアプローチ。正直絵でそれを描ききるにはまだちょっと足りない部分があるかもとは思いましたが(実際かなりハードルが高いこと)、ハリアーPはまだまだ進化するので問題ないはず。
 闘争が肯定されるスポーツの世界では、最も雄々しく猛る者こそが輝ける。ハリアーP曰くそれはある意味で本家シンデレラ・ガールズの思想とは対極にあるらしいですが、この辺はもうちょっと考えないと、というかそもそもデレマスのそれがまだ分かってないのでそこからですね。
 ただ一つ言えるのは、ちゃんみおにストレート負けを喫した有香の反応に微塵も暗いところがない、それどころか輝く星を目にしたような表情をしているのがまた絶妙で、どこまでも他人を惹き付けて止まない圧倒的な陽のキャラクターとして彼女が描かれているのだろうということ。
 誰もが畏れ、憧れる一番星。本田未央が自ら最大限にテニスを楽しむことで他者もその存在に引っ張られていく、ある種のアイドルのような存在であるのなら、やはりこれは全力でテニスを楽しんでいる主人公島村卯月との対比軸として設定されていると考えていいでしょうね。

 ともあれ、一番衝撃的だったのは全国大会からは勝敗に関係なく全試合5試合全部やるという事実。明らかに全国で出てくる新キャラのいる高校の数と青学が行うであろう対戦数が合わないし、多分今回みたいに青学以外の試合も書くのだろうと思うのですが、まさか群雄割拠のテニス戦国時代を本当に描ききるつもりなのか!?
 ぶっちゃけ加蓮よりもハリアーPの方が心配です。めっちゃ面白そうだから全力で期待するけども!

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ