アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

RWBY 感想

 海外発3DCG中二学園バトルダークファンタジー。
 Volume1~3まで視聴済み。


 先日ニコ生で放送されていたVOL.1、2をTS視聴しまして、現在劇場で公開中のVOL.3を見に行ったわけですがこれが驚くほど面白くかつツボでしてね、何か書いておこうと筆を取った次第です。
 日本のアニメ・ゲーム・マンガに影響を受けて制作されたという本作。なるほど確かにキャラ造形や物語進行、果てはバトルアクションにまで強烈な既視感を覚えます。ルビーというキャッチーなバトルヒロインがいる一方で、裏主人公とでも言うべきジョーンは所謂ポップや横島といった等身大かつ成長幅の広いタイプの性質を持っている。主人公たちの行く先々で表れる小悪党との小競り合い、案の定まっとうには終わらないトーナメントといったお約束に乗っ取った展開。そして何よりもまず目を引くのがアクション。本作の3DCGが最新技術の水準からすれば大分低クオリティですが、だからこそ可能な表現があって、手描きアニメでいう中抜きのような荒唐無稽な動きの再現が可能になっており、そしてCGだからこそ可能な大胆なカメラワークと組み合わせることによって、地形や武器の特性を存分に使った多人数によるチーム戦と高速で動く殺陣を表現することに成功しています。アニメNARUTOが一番近いのでは。
 一方でメカメカしい武器の造形はどちらかというとアクションゲームとかでありそうなやつだし、格闘ゲームの超必殺技みたいな演出もあったりで、何が言いたいかというとあらゆる面で日本のオタクカルチャーへのオマージュとリスペクトが半端なく、それを完全にエンタメに昇華しきっているのでこれみよがしな自己満足感もない。
 かといって完全に日本のソレをトレースしているだけなのかと言えばそうではなく、キャラクターのテンションやユーモアたっぷりの会話劇、ダンスパーティに代表される文化の違い、戦争や差別を絡めた物語進行の手管と、物語全体から受ける印象は確かにアメリカエンターテインメントのセンスで、日本とアメリカのサブカル文化の蓄積が非常に高いレベルでハイブリットされている感じです。

 さて、本作の物語は悪役の暗躍を描きつつも、基本的には少年少女たちの交流を描き、すれ違いや歩み寄り、各々の成長を軸に進行していきます。ところがVOL.3では一転、悪役の計画がついに実行に映されると、それまでどこまでも明るさを失わなかった作劇のカラーにまで影が落とされ、主人公たちは失意と敗北を徹底的に刻み込まれます。
 この急転直下の展開が悪役の語りの通りの運びになっていて、それが私の好みど真ん中を突き刺したのです。長い時間をかけて作り上げた仮初の平和、学校や軍隊への信頼、日々の安心。しかし積み上げたものを崩すのは残酷なほど簡単だ。悪役は人の結束が大きな力になることを知っていて、だからこそそこを突く。人を恐怖と不安に突き落とし、それが疑心暗鬼を産み致命的な溝になる。
 その全体のプロットが主人公たちを巡る運命にまでシンクロしていく作劇が最高に気持ちいい。ゆっくりと積み上げてきた絆は悪意によって引き裂かれ、ついぞチームRWBYはバラバラになってしまう。無力感に打ちのめされる面々の沈痛な表情に心が疼く程度にはどのキャラにも愛着が湧いてしまうほどの楽しい時間があっけなく壊される。
 だからこそ、失ってなおやるべき事のために前へ歩こうとするその意志の強さに一筋の希望を見る。主人公たちが繋いできた絆は、補い合うように足並みをそろえ、新たな戦いへと赴いていく。
 葉が枯れ落ちていく喪失の『秋』、次に来るのは身も心も凍えさせる『冬』の風ですので、きっとまだ辛い展開は続くのでしょう、耐え忍ぶ季節なのです。
 重厚かつ王道なストーリー、久しぶりにこの手のダークファンタジーにハマりました。
 RWBY、オススメです。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。