アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティクラウン

ギルティクラウン 12話 「再誕:the lost christmas」 感想

前回で第一部が終りかと思ったら今回だった。


とりあえずマナがいた空間はどこでなんなのか、綾瀬と涯はどうやって侵入したのか、の2点については考えない方針にしました。ただ、説明のない造語を多用するのはやめれ。

ようやく明かされた集と涯、そしてマナの過去。1話からちょくちょく出てきたフラッシュバックシーンとの比較考察、誰かやってくれませんかねー(チラッ

ロストクリスマスの原因が、一人の少女の発狂からという事実。この辺の設定が実はイマイチ理解できてないのだけど、とりあえずマナが集に発情してたのはウイルスに感染して狂気に蝕まれていたから、ということだけ理解してればいいんだろう、多分。

ここでようやく涯の原点が明かされた。かつて自分を引っ張りってくれた、憧れの親友。強くなりたいと誓った彼が目指したのは少年時の集そのものだった。

現代で立場が逆転してるのが面白い所かな。記憶を失くしてヘタレ野郎と化した集が、カリスマチックな涯に憧れを抱く。しかしその涯の姿はかつての自分のものだった。その事実を知った今こそ、集がヘタレキャラを脱却する時なのだろう。そして役目を果たした涯は退場、と。

とは言ったものの、これから葬儀社を集が率いてGHQに立ち向かう様が想像できない(笑) 特に涯に頼りっきりだった葬儀社メンバーが、集の言い分をどれだけ聞いてくれるのか。この辺の展開は、じっくりやってほしい所だけど割りとあっさり済まされそうな気がするなー。

マナがいなくなった今、おそらくこれから自我を確立していくだろういのり。彼女にもこれまでの涯に従う主体性のないキャラから脱却して、ちゃんと自立して欲しいと思う。集のいいなりになるいのりさんなんて見たくないよ。

やりたい事は分かるし、伏線回収も意外としっかりしてた(あやとりとか、化物発言とか)んだけど、どうもノリきれない感じがするのは何故だろう。この作品は過程と行間をすっ飛ばす独特のテンポがあるから、まだ自分がそれに慣れていない、ということかな。ただ、集の成長物語には今のところ付いていけているので、そこから脱線しない限りは今後も視聴を続けていくと思う。とりあえず予想の付かない第二部の展開を楽しみにしていよう。



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

ギルティクラウン 第12話「再誕:the lost christmas」 感想

これはヤバい・・・見続けてきて良かった・・・。 いやもう今回は反則でしょ。 これまですっかり悪役っていうか自分勝手にも思えた涯が 実はこんなにピュアで 最高の男だったなん...

ギルティクラウン phase12「再誕:the lost christmas」

ギルティクラウンの第12話を見ました。 phase12 再誕:the lost christmas 「ここでお別れです。さようなら、桜満集!」 「いのりのヴォイドを使って集は襲われるが、涯が庇ってくれ

【ギルティクラウン】12話 これを1クールの締めにすれば良かったと思う

ギルティクラウン #12 再誕 the lost christmas 546 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2012/01/13(金) 01:56:16.99 ID:PVq2Dxk5P 実は知り合いでしたとかなんつー安っぽさだ ...

『ギルティクラウン』 第12話 感想

最終回? 最終回かと思えるほど、話にも区切りが着いていましたし、盛り上がっていました。 映画のクライマックスを見たような感じですね。

ギルティクラウン phase12「再誕 -temptation-」 感想!

前半戦終了、というところですか。年をまたいでしまったのは不運としか言いようがない。

ギルティクラウン 第12話「再誕:the lost christmas」 感想

良い最終回だったなぁ。 あらすじ ガイをヴォイドの刃にかけ、いのりを連れ去った“ダアト”の墓守・ユウ。 その姿を追ったシュウは、六本木フォートに出現した巨大オブジョに導

ギルティクラウン 第12話「再誕:temptation」

ガイが意外とピンピンしてたのはご愛嬌^^

ギルティクラウン 12 再誕:the lost christmas

 子どものときの集が最強ですね。

ギルティクラウン 第12話「再誕:the lost christmas」

「集 思い出せ、あの日の出来事を  お前は覚えているはずだ」 集・涯・真名、3人の過去が明らかに! いのりを助けに向かう集、そして涯が……    【第12話 あらすじ】 ガイ

ギルティクラウン 第12話 「再誕 -the lost christmas-」 感想

「ギルティクラウン」  第12話 「再誕 -the lost christmas-」 の感想記事です。   ついに過去の記憶を取り戻す“集”   ようやく開かされる、涯、集、真名の関係。   そして、

ギルティクラウン 12 「再誕:the lost christmas」

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [DVD](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  集の実の姉だった桜満真名。恙神涯を助けたのは、真名。 そして楪いのりは、肉体

ギルティクラウン 第12話「再誕 the lost christmas」

お前はいつだって 俺になれる、俺がお前になれたように――。 ようやく甦った集の記憶。 涯との過去を思い出したのに 切ない結末ですね…。 ギルクラ前半クライマックス! ▼ 

ギルティクラウン 第12話 「再誕:temptation」 感想

舞台は六本木フォートの最深部、コキュートスへ! 語られた10年前の出来事。涯と集の関係にすごく驚き、そして感動しました。 今回で第1章の終わり、ということのようです。

ギルティクラウン GUILTY CROWN 第12話 感想「再誕:the lost christmas」

ギルティクラウンですが、桜満集は封印していた記憶を思い出します。集は子供の頃に既に涯と会っていますが、海から流れ着いたので真名はトリトンと名づけます。(以下に続きます)

ギルティクラウン 12 最誕:the lost christmas  レビュー

集をかばい負傷した涯を抱きかかえ、広がっていく血だまりと クロスのペンダントを見た集は昔を思い出す… 集「君は…まさか」 涯「やっと思い出したか、鈍いのは相変わらずだな、

ギルティクラウン 12話

何この迷惑なブラコン女! こいつのイヤボーンで、日本は大変なことになっちゃったのかよ。 いやまあ、弟に拒絶されんのは、そりゃショックでしょうけど。 好きな男の子に化け物扱...

ギルティクラウン 第12話 「再誕 the lost christmas」

今期は一週遅れで罰ゲームなので頑張ります! なヨペチコです。 2クール系は追いついてからでOKなようですが、追いつくのが遅れても罰ゲームっぽいので やっぱり頑張ります!

◎ギルティクラウン第12話「再誕:thelostchristm...

新宿一帯は、オウママナのボイドだった。シュウは、ガイのことを思い出す。ガイ:ようやくおでましか、ダートの墓守。追えシュウ。  :やつは、イノリをいけにえに、マナを特殊召...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。