アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

その他

アイマス雑感 24話を今更見た

なぜ俺はこれをリアルタイムで見てなかったのだろう。


この春香の一連のドラマ、彼女の「優しさ」という名のエゴを徹底的に描いてきたのがすごく好きだな。
アイドルとして大成すること、それは少なからず私生活を犠牲にすることを意味する。
春香は自分の望みと、アイドルとしての自分との折り合いがつけられずにすり潰されてしまった。
しかしこのドラマは、ただ春香の再生と成長だけではなく、765プロアイドル全体が自らの立ち位置を再確認するという着地点にシフトする。
この構成は強引とも思えるが、出した答えにはわりと納得してて、素直に感動できた。

プロフェッショナルである以上、「個」よりも仕事を優先させる。その意識は「当たり前」とは言いたくないけれど、決して間違ったことではない。特に美希は春香と対極の、仕事を目一杯楽しんでいるという位置にいたキャラで、物語中でも彼女が春香に「何をしたいのか」を問うことになる。

個人的には美希が劇中で出した答えこそが核だと思った。「このままだと迷子になっちゃいそう」という彼女のセリフ。美希はずっと仕事が楽しくて、夢見てたステージで自分が輝けることに充実感を感じていた。しかし、だからこそ同じ夢を共有していたはずの春香の挫折が理解できない。ここで美希は、違和感を感じる。なぜ春香は主役を喜べないのか、なぜ泣いてしまったのか。彼女の感情が理解できないからこそ、ずっと駆け抜けていくうちに、失っていくものがあることを美希は彼女を見て気付いたのだろう。

「どこへでも行けるけど、それは帰る場所があってこそ」。仕事よりも仲間を優先する、ということではなくて、このまま後ろを振り返らずに進んでいくと大切なものを失うかもしれない。そんな危機感を、美希は本能的に感じ取ったのだと思う。だからこそ、自分が帰るべき場所をはっきりさせておく、というのは仕事に生きる人間にとって実はかなり重要なことなんじゃないかな。なんかプラネテスを思い出した。

それは美希だけではなく、765プロ全体の問題であって、ただ一人、その危機感に自覚的だったキャラとして春香が描かれていたのだと思う。春香の出した答えは、一見して自分のエゴを通したようにも見えるのだけど、実際に皆でやるライブを優先するというのは副次的なもので、重要なのは皆の心が再び一つになったということなのだろう。

年末ライブが765プロ全員が揃う最後の機会かもしれない。でもそれは何も解決していないわけじゃなくて、再び絆を再確認することが、彼女達の自意識においては重要なこと。離れ離れになっても、もう一人じゃないと、そう信頼し合える関係を再構築する最後の儀式として、年末のライブを一丸となって成功させようとしている、という文脈を読み取ったのだけどどうかな?

とにかく、最後のライブへのお膳立ては完璧に整ったから、後は全力で楽しむだけだ。これ、素晴らしいアニメだなー。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ