アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物語

偽物語 2話 「かれんビー 其の武」 感想

このアニメの方向性がさっぱり分からん。俺にどうしろって言うんだ(笑)


一応撫子によって今作の主役であるファイヤーシスターズこと阿良々木姉妹が何をやっているのかの説明は為された。が、それが今回のメインだったとは到底思えない。だって、いちいち入る撫子のカットが扇情的で、説明しながら明らかに暦お兄ちゃんを誘ってるんだもの(笑)

あらゆるアングル、構図、演出、セリフを駆使してエロティズムを前面に押し出して来てるので、今回注目すべきはきっとそこに違いない。というか、それしか印象に残ってない。第一印象ってレベルじゃねぇぞ!

というわけで、今回でてきた三人の女性キャラ。彼女らが見せてくれたそれぞれ種類の違うエロさ。その中でも特にエロスを感じたシーンをベスト3にして発表したいと思う。

まず第3位は、発情しすぎな千石撫子が人生ゲームをやっている時に大量のお札が待ってクッションに倒れこんでしまうシーン。撫子はキャラ的にも見た目的にも、本来はロリキャラであるはずなんだけど、言ってることややってることは明らかに阿良々木を誘っていて、いちいちあざとい。無邪気さを装い、阿良々木が彼女を妹のようなものとして見ていることすら利用してどうにかしようとしている姿はなかなか怖いものがある。彼女のモチーフは蛇だったか。

わざと露出が多い服を着て、あらゆるチラリズムでふともも、脇、鎖骨から胸元のラインを見せまくっていたけど、あれは阿良々木の視点なのか(笑) 多分、撫子には見られている自覚があるのだろうな。でも、一番気になった前述のシーンは、会話の流れとは関係ない形で放り込まれたものだから、「え? あれ? イッた!?」と本気で驚いてしまった。脈絡がないにもほどがあるシーンはインパクト大でした。しかし悲しいかな、俺は前髪を下した彼女の方がかわいいと思うのです。

第2位はやたら変態をアピールしたがる神原から。全裸のシーンも、裸Yシャツを彷彿とさせるユニフォーム姿もなかなかそそる物があったのだけど、一番はチューブトップに短パンのルックかな。このアニメはやたら女体にこだわっていて、今回それを如実に感じたのがその格好の時に下から上まで嘗め回すようなカメラワークで神原のボディラインを見せてきたシーンだ。あれ絶対裸よりエロいでしょ。風呂やシャワーで全裸を描けばイイってもんじゃねぇんだよ! と云わんばかりの、スタッフのこだわりを感じた。

神原は髪が長くなって女らしくなっているが、変態と思われることに情熱を燃やしているようで、ノーマルさを指摘されるとダメージを食らってしまうというよく分からないことになっていた。露出狂一歩手前的な? 阿良々木に結婚を申し込まれた時に割りと本気で焦ってるあたり、彼女は言動ほどには変態ではないのだろう、やはり。

栄えある第1位は、今回ようやく登場を果たしたファイヤーシスターズの片割れ・火憐がブリッジをしているシーンだ。なぜ彼女がいいのかと言うと、彼女のエロスはおそらく撫子、神原と違って本人が意識したものではないからだ。撫子と神原は半ば確信犯的(誤用)に肢体を見せ付けているのだが、火憐には自覚がない。女としての意識がまだ薄いからこそ、屋外で逆立ちして歩いたりしている、その無防備さが背徳的なエロスに還元される。ブリッジした彼女の股間をアップで見せるシーンは、画面の露骨さとは裏腹な火憐の自覚のなさが見事にブレンドされた、至高のシーンだったと言えるだろう。単純に彼女の見た目とキャラが割りと好みだったことも大きい。

空手をやっているということで、やたらと超人的な動きを見せる彼女。作画もシャフト大丈夫かと言いたくなるくらいキレてるし、なんというか動きの緩急のつけ方がいい感じ。今回彼女があからさまなフラグを立てていたが、事件が起きるには後2話くらいかかる気がするな。羽川さんのターンも来てないしね。

なんだろう、この記事を書いたことによって、何か大切な物を失った気がする。恐ろしいアニメだべさ。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

偽物語 第02話 『かれんビー 其ノ貳』

撫子猛攻。八九寺と遊んでいて忘れたのかと思いましたが、ちゃんと撫子の家に行った阿良々木。そこには家だというのによそ行きより気合の入った撫子が待っていた。 話している最中

『偽物語』#2「かれんビー 其ノ貳」

「僕の自慢の妹たち。 お前たちはどうしようもなく偽物なのだと───」 『偽物語』もようやくファイヤーシスターズがメイン!という感じになってきましたね。 2話目からようや

偽物語 #2「かれんビー 其ノ貳」

正義 か 偽物 か おまいらもちつけブレスレット    偽物語第二話のぶっきら感想。

偽物語 第2話「かれんビー 其ノ貳」 感想

大丈夫これで本当にもう終わりそう まだまだ物語は日常会話が続いて大きな進展はしていない。 しかし気づかないところで怪異は確実に忍び寄ってきてるんでしょうね。 まぁ今回は怪...

偽物語 2話

まったく、みゆきちは最高だぜ。 というわけで、 「偽物語」2話 普通って言うなぁ!の巻。 いやもう、さらけ出すそもそものレベルがちげーっつーか。 そこの本どけよ、オゥ早

偽物語感想/第02話「かれんビー其ノ貳」

 僕の自慢の妹たち。お前達はどうしようもなく偽物なのだと。  アニメ『偽物語』第二話「かれんビー其ノ貳」のネタバレ感想です。いよいよ「偽物語」、すなわち「偽物」につい ...

偽物語:2話感想

偽物語の感想です。 1期キャラ紹介と妹の紹介を混ぜてるのがここまでということなのかな。

偽物語 第2話 『かれんビー 其ノ貳』 感想

原作既読ですが、やはり映像になって分かることもあるなと。 偽物語 第2話 『かれんビー 其ノ貳』 のレビューです。

偽物語 第02話 「かれんビー 其ノ貳」 感想

神原駿河、主な武器は加速装置だ。 続きは追記からー

偽物語 第貳話「かれんビー 其ノ貳」

「人生のいう事は絶対!」阿良々木暦の上の妹、阿良々木火憐。幼い頃から運動が得意で、その才能は戦闘行為に最適化されており、空手も瞬く間に黒帯を取るに至り、けんかっ早く外見...

偽物語 第2話「かれんビー 其ノ貮」感想!

偽物語 第2話「かれんビー 其ノ貮」 上の妹・阿良々木火憐。中学3年生。 下の妹・阿良々木月火。中学2年生。 栂の木二中のファイヤーシスターズ。 二人は、お助け隊という

◎偽物語第二話かれんビー其ノ貳

上の妹、カレン、空手で黒帯阿良々木火憐(あららぎかれん)声-喜多村英梨:ヤチヨ下の妹、ツキヒ、カレン以上に怒りっぽい。阿良々木月火(あららぎつきひ)声-井口裕香:インデフ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。