アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

その他

アニメ「アイドルマスター」が教えてくれたコト

ようやく最終回観終わったー!


思ったよりも大分ヌルい結末だったが、これが許されるのがアイマス時空なのだ、ということはなんとなく分かった。個人的にベストなエンドではなく、前回出した結論から導き出せる線では最も都合主義なベターエンド。しかし、これで互いに離れ離れになったらそれは最早アイマスではないのだと、そういうことなんだと思う。自分が心から楽しめないと、お客さんも楽しませられないよね、というのが春香のアイドル論なのだから。

ぐちぐち書いたけどとにかく面白かった! なんだよあのダンスシーン。あんなカメラワークアニメで見たことねぇよ! もう最初から涙腺が緩みっぱなしで、何気ない一言一言が、特別な言葉でもないのにすごく胸に来る。こういうのを「積み重ね」って言うんだろうなぁ。小鳥さんの号泣シーンで俺も耐えられなくなった。あれは卑怯。

欲を言えばAパートのダンスシーンから律子を参加させて欲しかったが、かなり目立つ形で出番が与えられていたので良しとしよう。ある意味一番美味しかったんじゃないか(笑)

Pの立ち位置もよかったなぁ。目立ちすぎず、かといって空気になりすぎず。アイドルと一緒に成長し、見守るポジション。アイドルを主役としたこのアニメで、影のMVPは彼だろう。

素晴らしいアニメだった。自分が見た2011年アニメの中でTOP3に入るだろう。

そして、この作品は今後のアニメ視聴の姿勢に関しても、一つの大切な事を教えてくれた。

前にも書いたが、私は前半の1、2話を視聴してこのアニメの視聴を一度打ち切った。理由は一見さんお断りな気がしたし、キャラも多い割りに記号的に見え、脚本的にも面白味が感じられなかったからだ。

しかし竜宮小町のダンスシーンを見て再び興味を持ち、運動会回での脚本の酷さに呆れながらもダンスシーン見たさに視聴を続け、美希を中心とした1クール目クライマックスのドラマにようやく面白味を見つけ、そして2クール目からの高クオリティ回の連発(響……ドンマイ)に目を奪われ、そしてついに20話、このアニメを見ててよかったと思える瞬間に出会ったのである。あのまま切らなくて本当に良かった。

テレビで放送している深夜アニメの数は非常に多い。人にもよるが、とても全部は追いきれないくらいだ。私なんかは6~8作しか見れていない。
そんな中で、アニメファンは自分が視聴を続ける作品を選別する。自分に合わない作品の視聴をやめる、これが「アニメを切る」という行為だ。1話目で早々にその判断をするし、3話くらい、あるいは最初の山場と思われる展開が来るまでとりあえず見てみる、という人もいるだろう。
それは全然悪いことではない、むしろ取捨選択するのは当然だ。アニメは所詮娯楽、消費されるものなのだから。

しかし、である。私はアニマスに出会って考えた。今まで自分が視聴を打ち切ったアニメの中に、これと同じく心の底から面白いと思える作品があったのではないか、と。
ここにアニメファンのジレンマがあると感じた。時間的、精神的余裕から週に見られるアニメは限られる。しかし、早いうちに視聴を打ち切ってしまうと後半持ち直して面白くなった作品を見逃してしまう。特に、1クール目に下積みができる2クール物のアニメだとその傾向が強まるだろう。

どうすればいいんだ? と考えてた折に、とあるブログの記事を見つけた。

「ステマだから」という理由、態度を「保留」する勇気

天啓、と言えば大げさになるが、この記事は私の疑問に対する一つの答えになりえた。
「態度を保留する」
そうか、「つまらなかったから自分はこの作品の視聴を打ち切った」という評価を下すのではなく、「序盤では面白さを見つけられなかったからとりあえず一度見るのをやめる」と考えればいいのだ。
そうすれば、またいつか、何かの折に見返す機会があるかもしれない。そもそも完結まで見てない作品の評価を下すこと自体おかしいよね、単純なことだ。

もちろん、実際に態度を保留しておくことの労力と難しさについても、同記事は触れていて、実行するのはそう簡単ではないのだろう。でも、意識の端にとどめておくだけでも、ちょっとは違うんじゃないかな。まずは「自覚」して視聴するアニメを選別することが、一歩なのだと思う。そんなんで自分にとっての傑作となり得る作品との出会いを逃したりでもしたら、もったいないよね、という話。

偉そうなタイトルを付けたが、多分こんな問題は先輩ブロガーやアニメファンの皆様にとっては今更過ぎるものなのだろうな。私も、言葉だけで分かった気にならないで、これからこれを実行に移せるよう精進します。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

『アイドルマスター』、いいですよね。
そりゃ現実とはかけ離れていて、甘々な絵空事でしかないかもしれない、でもその偶像を魅せてこそアイドルじゃん、と。
ニコニコ動画で何週遅れかで観てきて、残す最終回に向けて期待しています。


アニメの「態度の保留」についても、元のブログ記事と一緒に興味深く読ませていただきました。

私も、アニメを「切る」ことについては、仕方ないことではあってももやもやした思いを抱えていたので、この一つの解答にはちょっとすっきりしました。

ブログをやっている身としても、自分の価値観・視野が絶対のものでないということは、決して忘れないでいたいものです。

また、以前に脳科学者の茂木健一郎さんも、「判断の保留」というタイトルで、ネット全体において同じような論を述べておられたことを思い出しました。➝http://togetter.com/li/135796

アニメに限らず、「すぐに答えを出さない」という選択は、誰も彼もが絶対的な評価、答えを求めがちな昨今の世の中では、かなり大切なものなのかもしれませんね。

長文失礼しました。

>江楠さん
コメントありがとうございます。

>そりゃ現実とはかけ離れていて、甘々な絵空事でしかないかもしれない、でもその偶像を魅せてこそアイドルじゃん、と。

だよね。アイドルは夢を見せる存在。ただ、苦悩と挫折を描かないと、そこに説得力は生まれないのだと思いました。でも、シリアス展開が不要だって人もいるから本当に好き好きですねー。


私も、アニメを「切る」ことについては、仕方ないことではあってももやもやした思いを抱えていたので、この一つの解答にはちょっとすっきりしました。

ありがとうございます。ただ、切ったアニメの中には多分一生スルーしたままなのだろうなって作品があるのもまた事実なのですが…。やはり後から高評価を得ている、等の事実がないと一度切った作品に再挑戦する気にはなかなかなれないと思います。難しいところです。

>アニメに限らず、「すぐに答えを出さない」という選択は、誰も彼もが絶対的な評価、答えを求めがちな昨今の世の中では、かなり大切なものなのかもしれませんね。

ただでさえ情報が溢れている現代。その中で、ある物事について意見を求められることもあるし、自分の立場を表明しなければならないこともあります。ただ、それが「絶対」だと思わないことの重要性を知りました。「懐疑主義」とまでは行きませんが、自分の判断能力を常に疑ってかかればいいのかなと思います。自信がない、とは別の意味で。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ