アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティクラウン

ギルティクラウン 15話 「告白:sacrifice」 感想

サブタイトルがキテる……。いいねいいね面白いよこの展開。


ヴォイドランク制で役立たずの烙印を押された人たち。ソウタがそのグループの代表格というのはなんというかハマリすぎて笑ってしまった。このためのキャラクターだったと言われても納得できる。

集のコウモリっぷりが確執を余計に広げることに。本人が言うとおり彼はリーダーには向いてないんだなあ。良識が邪魔をしてヴォイドランク制にゴーサインを出せない(本当にそれが有効かどうかはまた別の話)一方で、谷尋の言うように刻一刻と迫る状況を打破する策も見出せないでいる。
そんな彼を理解し、全肯定してくれるのが祭で、態度をはっきりしろと言うのがいのりというわけか。これに関してはどっちも一理あると思うが、それについては後で触れる。

集の能力は少年少女に武器を与えられるが、ただそれだけで敵と思う存分戦えるようになるわけではないのは集が一番良く知っているはず。序盤の彼がまさにそうだったのだから。

友達を武器に戦うということは、友達を戦場に立たせるということ。ひょっとしたら、罪の王冠とはそういうことなのかもしれない。能力が有用だという理由だけで、ただの学生にすぎない彼らを起用することの危険性が今回浮き彫りにされた。

祭の言う優しい王様の話は面白いなあ。
銀の匙でも言ってたけど、お人良しはとことん損をする。ただ、損でもなんでも良い人の所には人が集まるのだ。
集は皆の為を考え続けて、一度は自分の考えを押し通すことに決めたのだけど、それでも翌日にはやっぱり自分の意見が出せない。良くも悪くも優しすぎる。
まともじゃ王様は務まらない。リーダーには目的のために小を切り捨てる冷酷さと、即断即決の判断力が必要である。作中でこれを実践してたのが涯だろう。

しかし、今の集と涯が違うことはこれまでずっと描写されていて、集の元に人が集まったのはリーダーシップのためではなく祭の言う優しさからなのだ。そうである以上、彼が王として開花するためには、その方向性を突き詰めるしかない。具体的には、彼自身がヴォイドランク制を導入したくないのならしっかりとその意志を通し、自らが率先して戦線に立つしかない。祭の言う優しさと、いのりの言う自分のしたいことを貫く意志、その二つが揃ってこそ集は王として大成するのだと思う。

が、皮肉にも祭の思いが集に優しさを否定させる結果となる。いのりから強引にヴォイドを引き出す、その行為に最早信頼はない。自分が一人で戦うという意志表示とも取れるけど。

祭が集にヴォイドを託す描写があったのでどう立ち直るかは想像が付くけど、それまでに辿るであろう紆余曲折が今から楽しみだ。

あ、あとスタッフはいい加減ダリルさんをどうしたいのかはっきりさせるべきだと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

祭、死す。

・過去に集が自暴自棄になっていた時、祭の存在が集を再起させた唯一の人物であり、これからの集にとってはいのりの次に心の支えとなっていた2人目のメインヒロインといったところか。今集は涯と同じ運命を辿ろうとしているようでちょっと怖いかも。
・集をチェスの駒でいうと“キング(王)”であれば、いのりは“クィーン(女王)”、祭は“ビショップ(僧侶)”、綾瀬は“ルーク(戦車)”、谷尋は“ナイト(騎士)”、颯太は“ポーン(兵士)”といったところか。
・こういった展開は、ルルーシュがシャーリーを失う時、スザクがユーフェミアを失う時、キラがフレイを失う時、シンがステラを失う時、フリットがユリンを失う時と似すぎている。

>オラクルさん
はじめまして、コメントありがとうございます。

>今集は涯と同じ運命を辿ろうとしているようでちょっと怖いかも。
そういえば涯もかつてマナを救えなかったがために変化を迫られた人物でしたね。涯は集を目標にしましたが、今の集は何になることを望むのでしょう。

展開については色々他作品と被る点があると思いますが、物語における意味合い、文脈面での違いはあるのであまり気になりませんでした。あ、あとガンダムはまだ見てないのでできたら他作品のネタバレは控えていただけると幸いです(笑)
Trackback

ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」 感想

砕けて散った、想い。 今週ははっきり言って重すぎるな・・・(笑)。いやまあ面白かったんですけどね。 これ正直集に対する落ち度が全くないのが辛い。 八尋は八尋で頑なにラン

ギルティクラウン phase15「告白:sacrifice」

ギルティクラウンの第15話を見ました。 The Everlasting Guilty Crown 【【初回生産限定盤】 【CD Maxi】価格:1,575円(税込、送料別) phase15 告白:sacrifice そして、リーダーに相応しいのは...

ギルティクラウン 15話「告白:sacrifice」

祭ちゃん・・・ ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る

ギルティクラウン第15話あらすじ感想「告...

ヴォイドランク制-----------!!今回は不意打ちの回でしたわ(^^;)でも、物語的には大きな分岐点になったね。祭のヴォイドは、物質の再生も出来るようで。これはかなり便利な代物...

ギルティクラウン 第15話 あらすじ感想「告白 sacrifice」

ヴォイドランク制-----------!! 今回は不意打ちの回でしたわ(^^;) でも、物語的には大きな分岐点になったね。 祭のヴォイドは、物質の再生も出来るようで。 これはかなり...

「ギルティクラウン」第15話

王に、なる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202030002/ ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-02-22 売り上げ...

ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」 感想

シュウを新生徒会長としてリーダーに頂くことで、平静を取り戻した生徒達。 しかし、刻一刻と迫る“レッドライン”を前に、問題は山積みであった。 難局を乗り越えるため、ヤヒロか

ギルティクラウン 第15話 告白:sacrifice

大事なのはヴォイドの強弱ではなく、みんなのために働く事というスタンスの集。 一通りのヴォイドの調査こそ行いはしても、ヴォイドランク制は受け入れられず。 みんなを嫌な気分 ...

ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」

「僕が間違っていた、優しさになんか 何の意味も無い クズは区別しなくちゃならない、僕は王になる――!」 ヴォイドランク制を巡り決断を迫られる集! そんな中、悲劇が起こる…!

ギルティクラウン phase15「告白 sacrifice」 感想!

Good listenerか、Good commanderか。

ギルティクラウン 15 「告白:sacrifice」

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る   ワクチンが足りないので、高いボイドを持つ者を優先的にワクチンを配ると言う...

ギルティクラウン 15 告白:sacrifice

 まさかこういう展開になるとは。

ギルティクラウン 第15話「告白 sacrifice」

集は きっといい王様になると思うな――。 思いもよらず生徒会長にされてしまった集。 谷尋の提唱するヴォイドランク制での差別には反対するが…。 ワクチン不足が集に決断を迫ら...

ギルティクラウン 15 告白:sacrifice  レビュー 

谷尋が提案してきた、全生徒をゲノムレゾナンス指数で A~Fランク分けし、その頂点に集が君臨する事… いわば、ヴォイドランク制だな ヴォイドの価値がその人間の価値になるとい

ギルティクラウン GUILTY CROWN 第15話 感想「告白:sacrifice」

ギルティクラウンですが、閉鎖学園の王に祭りあげられた桜満集はボイド階級制は混乱しそうなので却下します。優しい集は非情になりきれませんが、祭が優しい王様の寓話をします。優...

ギルティクラウン 第15話 「告白 sacrifice」

レジスタンスから始まり二期を迎え 学園モノへと切り替わり明らかにパワーダウンしているギルティクラウン。 世界の命運をかけて争っているかと思いきや 生徒会長になるならない

ギルティクラウン 第15話 告白:sacrifice 感想

nefiru: クズは区別しなくちゃならない、僕は王になる g_harute: 集・・・ついに覚醒したよ nefiru: 覚醒と言うかダークサイドへご招待? g_harute: ダークヒーローに突入w nefiru: で

ギルティクラウン 第15話「告白」感想!

ギルティクラウン 第15話「告白」 全生徒をヴォイドでランク分け。 ヴォイドというもの自体は、結構簡単に受け入れられているみたいですね^^ 問題はランク制が受け入れられる

ギルティクラウン 15話

誰が彼女を殺したか。 やっぱり、Fランクの無謀な作戦のせい? それとも、決断を迷っていたシュウ君の責任? あるいは、ランク制を提案したシュガーさんが原因? いやいや、直接の...

◎ギルティクラウン第15話「告白:sacrifice」

ヤヒロが、ゲノムレゾナンス指数で生徒を別けるボイドランク製を提案。面白くなってきた。レッドラインはどんどん迫ってきてた。シュウ:だめだ、作業がすすんでない。ヤヒロ:だか...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。