アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

偽物語

偽物語 6話 「かれんビー 其ノ陸」 感想

「前へ進む為」に髪を切ったのは分かった。だが眼鏡を外した理由にはなってねーぞ!


決戦前にやたら面倒くさいやり取りが行われている。しかし、その面倒な部分にこそこの作品のテーマがあるのだろう。多分、きっと、おそらく、だよね。

真宵が言うには、たとえ火憐と月火の正義が幼稚で未熟な「偽物」だったとしても、それで救われた人は確かにいるはずだ、ということらしい。
もちろんそれは学校という彼女たちの力で十分なステージの上で発揮されるレベルの正義であるからで、貝木という大人の詐欺師に対峙してしまって化けの皮がはがされた、というのが今回の話だ。
ほんの些細な悪意や問題に対しては、偽物の正義でも通用する。しかし、偽物を偽物と見抜き、相対的な善悪二元論を軽く飛び越えてくる貝木の悪意には太刀打ちできない。

この物語では、正義が本物か否かは「強いか弱いか」という点に還元されている。執行されなければ正義ではない、なるほど確かにそれは一つの見方ではあるだろう。
しかし、貝木が「偽物」であることを自覚することによって強い悪意を持つのなら、「偽物」の正義もまた、自覚した上で突き詰めればそれに対抗し得る力を持ち得るのではないか。ファイヤーシスターズの正義が偽物以上のものになれないのは、まだそれが信念として昇華されてないから。そんなことを考えた。うん、いまいち何言ってるのかわかんないな。

正義マンである阿良々木兄妹に比べると、ひたぎの戦う動機はシンプルだ。自分に向けられた悪意への憎しみ。たとえいつか壊れていた家族でも、そこに付け込み己の欲望を満たした貝木を許すことは、自分自身を否定することに等しいのだと彼女は言う。
さて、彼女の動機には自分で言う様に「阿良々木のため」という部分は含まれてはいないのか。

前回でひたぎは阿良々木を守る為に拉致監禁という手段を取り、今回も一緒に貝木の下へ行こうと申し出る阿良々木を一度は拒絶した。彼女の復讐心は単純なものではないにしても「偽物」ではないと思うが、それだけとは思えない。もし自分が貝木に対峙した時に止められたくないから、阿良々木をその場にいさせたくないのなら、阿良々木の言葉にも絶対に説得されなかっただろう。貝木の恐ろしさを知っていて、そして阿良々木の「正義」では貝木の「不吉」に勝てないと考えてるから、彼女は二人を合わせたくなかった。

阿良々木も彼女が自分を守ろうとしているから、自分にもひたぎを守らせてくれと言う。うん、これかっこよすぎだな。あくまで対等なパートナーであろうとする阿良々木の意志を、ひたぎが無下にできるわけがない。

忍とのパートナーシップも見所だったな。前回和解したばかりらしいから、まだこの二人の関係は始まったばかりだ。阿良々木と他の女の子たちとのコミュニケーションの取り方に一定のパターンが作られているように、忍もまた自分の扱い方をレクチャーするのが、彼女の歩み寄りを如実に示していて微笑ましい。どんな形であれ、対等であるために独自の関係性を互いに築き上げているのが、阿良々木とヒロイン達なのではないかな。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback

偽物語 第6話 「かれんビー 其ノ陸」

第6話 「かれんビー 其ノ陸」 結果から言うとアララギさんは火憐の怪異は半分ほどしか引き受けられなかったと・・・ 事後でしたかぁ。原作にもキスシーンは無いようですね。

偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」 感想

理由なんか必要ないくらいお前が好きだ 妹や恋人という自分にとって大切な人のために貝木と再度会おうと考える暦。 全てに決着を付け過去と決別し前へ進み始めることは出来るでし

偽物語 『かれんビー 其ノ陸』

偽物語 『かれんビー 其ノ陸』 ≪あらすじ≫ 中学生たちの間で悪意ある“呪い”を流行らせていた貝木泥舟(かいき・でいしゅう)に“囲い火蜂”という怪異を宿された“大きい妹

偽物語〜6話感想〜

「かれんビー其ノ陸」 火憐の熱はある程度は引いたが、怪異全部を暦にうつすことはできなかった。 暦はひたぎの家に向かう途中、八九寺真宵に出会う。 暦に対し、逆に...

偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」感想!

偽物語 第陸話「かれんビー 其ノ陸」 キスシーンはなかったが火憐の熱はある程度引いたようだ(笑) ** 八九寺真宵を発見! 途端にスキップし始める暦w でも今回は飛び

偽物語 第6話 「かれんビー 其ノ陸 - I am in a pretty fix. -」

戦場ヶ原ひたぎが貝木泥舟の悪意について語ってるシーンで、いろんな種類の標識が出てきましたね。 その中で矢印がたくさんある(指定方向外進行禁止の)標識。似たような標識が実

偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」

ガハラさん可愛すぎる。なんでそんなにルンルンなの?w

偽物語 第6話

「かれんビー 其の陸」 あれはツンデレったの! 些細な事をツンデレという… どうしても忘れられない過去、貝木との事をどうにかしないとひたぎ自身も前には進めない

偽物語:6話感想

偽物語の感想です。 このアニメの対話って、基本的に暦対女の子の1対1構図だよね。

偽物語 6話

研ぎ澄ませ。 というわけで、 「偽物語」6話 純情プレパレーションの巻。 人混みの中にあって、その身に落雷を受けそうなほど、とんがってるガハラさん。 さきっちょいややー

偽物語 第六話「かれんビー 其ノ陸」

阿良々木火憐から迷い火蜂の怪異を移した阿良々木暦でしたが、完全に熱を下がらせることは出来なかったものの、ある程度は熱を下げることに成功。近親的なキスシーンはカットです。...

偽物語 第六話「かれんビー 其ノ陸」

阿良々木火憐から迷い火蜂の怪異を移した阿良々木暦でしたが、完全に熱を下がらせることは出来なかったものの、ある程度は熱を下げることに成功。 暦は妹たちを残して外出した先で

偽物語 第06話 「かれんビー 其ノ陸」 感想

  あれは「もっとしろ」というフリでしょう!

偽物語 TokyoMX(2/11)#06

第8話 かれんビー 其の陸 火憐の怪異、囲い火蜂を引き受けようとしたが全てを完全には引き受けられなかった。しかし熱は下がったらしい。暦はキスしたのですね・・・ 八九寺を見つ...

◎偽物語第六話かれんビー其ノ陸

カコイヒバチの毒をすべて移すことはできなかったが毒はひいた。ハチクジさんを見つける。マヨイ:アララギさんですか。 :普通に声をかけるなんて。 :私の仲良しだったアララギ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ