アニメを中心に、漫画や映画、小説など創作物の感想を載せるブログです。

その他

2012年冬アニメ 雑感

感想かいてないけど他のアニメも見てますよー、という記事。


戦姫絶唱シンフォギア

これ、1話だけ感想書いてるんですよ。別に切ったわけじゃなくて、ずっと見てました。
なんというか、自分にとってものすごい見るのにエネルギーを使う作品。主に付いて行くために(笑)
1話の感想でも書いたように、変身美少女バトルも、水樹奈々の歌も、百合キャラも別に好きじゃなくて、個人的に取っ掛かりになる要素がなかったので面白味を見つけるのに時間がかかった。

それが、もう6話だっけ? ようやく面白いと思えるようになってきたわけですよ。多分、このアニメの脚本を書いてる金子彰史のワイルドアームズシリーズをプレイしたことがある人ならもっと早く付いて行けてたんだろうなあ。そう考えると少し悔しい。

ノリは全体的にバカバカしくて暑苦しいんだけど、重厚な設定や、根底にある戦士としての在り方・心構え、人と人との関わり合いといったテーマ性が作品の骨子を形成しているから決して軽い作品にはなってない。その事にようやく気付けたので、もうここからは何の心配もなく楽しめると思う。


未来日記

原作既読なので、最後にどうなるかも分かってる。
だから、もっぱらの興味はあのツッコミ所だらけのシナリオをアニメ化する段階でどう料理するか、という点にあった。

この点、スタッフは素晴らしいね! 原作で明らかにおかしいところは、ちょちょっと修正を入れて、自然な流れに変更したり、テンポが悪い所はばっさりと削って面白く見せたり、オリジナルシーンを入れて人間ドラマに深みを持たせたり。原作のアニメ化は本来こうあるべきだと思わせる。時間の使い方や演出が上手いちはやふるとはまた違った良さがある。

由乃の存在感も十二分だ。あのキャラクターはこの作品の大黒柱と言ってもいい存在なので、彼女がどれだけデタラメで狂った存在なのかを表現するのは最重要事項と言ってもいい。声優さんの不安定な声もいい味を出してて、終盤の展開に期待が持てるな。


あの夏で待ってる

久々の黒田脚本ということで期待してたけど、思ったより普通だったという印象。
いや、ラブコメ物のセオリーを破り続けるテンポの早いストーリー展開は魅力的で、確かに面白いんだけどね。

ただ、夏の思い出が主題のアニメとしてはまだあんまりパッとしない様子。夏休みはまだ始まったばかりなので、これからだと思うから青春の楽しさや切なさをどう演出するか、期待してる。

「おねティー」シリーズはさっぱりだから典型的なラブコメ展開にしか見えないけど、知ってる人はそれだけで盛り上がれるらしい。とりあえず、主人公がさっぱり魅力的に思えないのでどうにかしてほしいところ。


妖狐×僕SS

凛々蝶様がひたすら可愛すぎるアニメ。可愛いは正義。
悪態持ちなのにひたすら律儀なので嫌われない絶妙なキャラ設定。後ふとももが性的過ぎる。あの体型であのエロス、凛々蝶…恐ろしい子!

声優の日高さんも良く知らなかったけどなかなかいい演技をしてるなあ。ウィキってみるとスタドラのミズノか、なるほどね。

他のキャラクターも中々個性的で、彼らがドタバタやってるだけでなんか楽しい。うん、スタンダードなコメディ作品で安心して見られるな。しかしあの変態ED群は酷過ぎるぞ(笑)

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽんず

Author:ぽんず
私は好きにした、君らも好きにしろ

アニバタ Vol.6アニバタ Vol.9に寄稿しました。よろしくです。


このブログについて

※感想記事はネタバレがデフォです。

当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ!
現在相互リンク募集中


twitter
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アクセス解析
外為どっとコムの特徴
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ